新・恋のはじまり日記
お気に入りの女性タレントランキング(09/05/20付)1位:大江麻理子(→)、2位:安めぐみ(→)、3位:長尾麻由(初)、4位:安田美沙子(↑)、5位:大橋美歩(↓)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

食器洗った後は自然乾燥に任せる派です。

いろーんな事があって、ワタワタしてましたが、
とりあえずティファールのフライパンセットが凄く便利でゴキゲンです。
ここ数日間の思考内容、及び近況報告です。




・その1
「とんでもないこと」が遂に発表されました。
7月19日(月・祝)「大喜利実力判定考査2010」日本青年館で開催決定です。
本当にとんでもないことです。
“素人大喜利史上・最大規模のイベント”になる事は間違いないはずです。
盛り上げていけるように、自分に出来る事は全てやっていこうと思っています。
今回はポアロ周りだけで出演者を集めるのではなく、「招待枠」を設けました。
他の大喜利イベントの方にも参加して頂けるように、お話をさせて頂いています。
さらには一般参加も可能なシステムになっていますので、
興味をお持ちの方は是非とも参加して下さい。
詳しくは、「POARO大喜利Blog」で随時発表していきます。
盛り上げていきたいです。よろしくお願い致します。
多分、僕は当日のリハーサル辺りで号泣してると思います。




・その2
「大喜利実力判定考査2010」の発表の直後、「大喜利夜会」がありました。
「大喜利実力判定考査2010」のシステムにもあった通り、
「決勝戦シード枠」のメンバーは、確実に決勝の舞台には立てる事になっています。
僕もその中の一人です。
でも、心のどこかで、「自分がそんな扱いを受けていいのだろうか?」、
「今現在、シードを得られる程の力を持っているのだろうか?」、
という気持ちがある事は否定できません。
そこで、「大喜利夜会」では、「大喜利実力判定考査2010・公開練習試合」と題し、
「1問10分」「出場者自らが出題しあう」という公式ルールの元、
ガチでやり合いました。結果はコチラをどうぞ。


結果的には、全員がちゃんと力を見せられていたのではないかと思います。
5人全員の底力というか、「やっぱ凄いだろ」という感じがありました。
そして、改めて「実力判定考査」のルールの難しさ、厳しさを感じました。
全ての問題でポイントを取りつつ、
さらに何箇所で大量ポイントを狙わないと、優勝はできない。
これは本当に厳しいです。気が抜けないし、勝負もしなきゃいけない。
だからこそ、負けても納得がいくんですけどね。
このルールは必勝パターンが無いので、だからこそ面白いのだと思います。
個人的には、自分で満足する解答で終わるのではなく、
お客さんの反応も感じつつ、いい解答を模索できていた気がします。
凄く冷静に大喜利ができて、新鮮な感覚を味わえました。
多分、自分に足りないのはそういう部分だと思うので、
いい反応をして頂いたお客さんに感謝したいです。


終わった後、10分のお題をやり続けるのは、体力勝負だな、と実感しました。
やってる最中は楽しかったですけど、終わった後に物凄く疲れました。
決勝本番前は、ブドウ糖を大量に摂取してやろうと思います。
お客さんもかなり入って頂きました。ありがとうございます。
今後の予選会でさらに熱を高めて、決勝戦に繋げていきたいと思います。




・その3
そして、明日にはいよいよ予選会がスタートします。
言わば「大喜利実力判定考査2010」開幕戦です。
初っ端からいきなりの潰し合い。「特別予選」です。


【大喜利実力判定考査2010・特別予選】
日付:4月18日(日)
場所:新宿fu-
開場:11:30
開演:12:00
チケット:1500円

出場者:ジェロ、小浜、妹尾、薬局の三男坊、ジャンK
    たらんりゅー、mk2、水上摂堤、割石祐生(計9名)


出場者9名中、「準決勝」に進出できるのは3名のみです。
これはエグいです。
正直、誰が勝ち進むか分かりません。
“誰でも落ちる可能性がある”というのが、エグいんです。
今後の予選が盛り上がるかどうかは、
この「特別予選」に懸かっていると思います。
その辺含めて、出場者の皆さんはド緊張してると思うんですけど、
全員頑張って欲しいです。
今回のシステムやルールは全て僕が管理してるんですけど、
自分は残酷な性格なんだなって、気付かされました。




・その4
「ダイナマイト関西 ~バッファロー吾郎芸暦20周年記念大会~」のDVDを見ました。
正直、ちょっと今回は渋い戦いでした。
エンディングで木村さんが語っていた事が全てで、
変化を求めていかないと先が見えなくなってしまう状況なんだな、という事ですね。
そこを踏まえた上で、今年の「D関無双」や、「ダイナマイト関西2010」に
進んでいるんだな、という感じがワクワクします。
特典映像の「ヤングマスター」が相当面白かったです。
スリムクラブの真栄田さんがすさまじかったです。
「D関無双」でも凄かったですけど、
若手の中では飛びぬけた存在なんじゃないかと思います。


そして、5月2日には「ダイナマイト関西2010」がスタート!
見に行きます。
トーナメントの組み合わせが絶妙です。
「伊藤修子vs和田ラヂヲ」「スリムクラブ真栄田vsオードリー若林」
1回戦から超楽しみです。
オアシズの大久保さんも多分凄いことになると思います。
いろんな人の発想を体に浴びてきたいと思います。




・その5
最近買ったCDです。
「bloodthirsty butchers/kokorono 完全盤」
「bloodthirsty butchers/NO ALBUM 無題」
「髭(HiGE)/テキーラ!テキーラ! the BEST」

ブッチャーズはやっぱりガッシガシきますね。
髭もよかったです。


あと、借りて聴いたCDです。
「フラワーカンパニーズ/フラカン入門」
「スチャダラパー/THE BEST OF スチャダラパー 1990~2010」
「TOKYO No.1 SOUL SET/BEST SET」
「THEE MICHELLE GUN ELEPHANT/THEE GREATEST HITS」
「ストレイテナー/CREATURES」
「サカナクション/kikUUiki」
「東京事変/スポーツ」
「武藤昭平/トゥーペア」
「UNCHAIN/rapture」
「在日ファンク/在日ファンク」

フラカンの「深夜高速」が凄かったです。
感情が突き抜けてゆく感覚。これは凄いですね。
スチャダラとソウルセットのベストを何度も聴いています。
「今夜はブギーバック」は、やっぱりキますねぇ。
在日ファンクがよかったです。オススメです。




・その6
「UFN」
五味負けましたねぇ。
情報は聞いてましたけど、完敗でしたね。
予想はしてたけど、あまりにも残念な展開でした。
宇野の試合も岡見の試合もそうだったけど、
今やMMAは、スタンドの打撃で制した者の勝ちで、
要は、ジャブの精度が増してる方が勝ち、みたいな事なんだな、と思いました。
競技としてはそれで当然なんだけど、もっと爆発が見たいです。
五味に対する感情は、大体kamiproと同じです。
でも、まだ終わりだと思いたくないです。
あともう1回くらいは期待したいです。そうじゃなきゃダメでしょう。


そういった意味で、いよいよ今日(日本では明日)の、
「ストライクフォース」青木vsメレンデスは、物凄い期待と不安が入り混じります。
「勝たなきゃ終わり」なのは青木自身が一番分かっている事で、
常に「vs世界」を見据えてきた青木だからこそ、信頼できるし説得力がある。
“青木が世界を刺す”ところも見たいし、
“世界が青木に刺される”ところも見てみたい。
だから、絶対勝ってほしい。
その辺については、かわださんがmixiで素晴らしい事を書いているんで、
格闘技ファンの方は是非読むべきだと思います。
ネット中継も決まったみたいです。
見たい!でも、時間的に「特別予選」の準備があるから見れない!クソー!
ダンヘンもムサシもキング・モーもメイヘムも見たいのになぁ。
後で何とかして見ます。




・その7
「アリケン」
SPの「熱海ツアー」が超面白かったです。
名作企画の詰め合わせで、改めてみるといいコンテンツがいっぱいだなと思いました。
アリケリング!!!!!の、亀甲縛りの栗山さんが好きになりました。
さわやかワードが素晴らしくて、ああいうのが浮かぶ人って天才だと思います。
ブルーの水着に水色のロープで亀甲縛りっていうのも、
意外とスタイリッシュでアリだと思いました。
栗山さん、人気出て欲しいです。


「女優オーディション」の回も大好きでした。
ラストの相撲がまた名勝負連発で、アリケンの相撲は鉄板だなと思いました。
トーナメント戦とかやってほしいなぁ。




・その8
サイクリングとお花見をしましたね。
サイクリングは超楽しかったです。もっと遠くに行ってみたいです。
お花見もしっかり桜が見れてよかったです。
ポアロ周りでサークル活動を活性化してみたいです。
マンスリーで、サークルプレゼンとかやってみたいです。




あと、もう1つ、衝撃的な話を聞きました。
凄い事って起きるもんですね。
信じた事はやり続けてみるもんですね。
僕も信じてやり続けます。
以上です。
スポンサーサイト
【2010/04/17 20:53】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) |

毎回決まって右側だけが鼻づまりになる派です。

暖かくなったと思ったら激烈に寒くなったりもして、イヤになりますね。
ザ・三寒四温ですね。
3月4月の十八番芸ですね。
ここ数日間の思考内容、及び近況報告です。




・その1
ポアロマンスリーライブがありました。
「K(クセの強い)-1グランプリ」を行いました。
優勝候補「パクチ」強かったですね。
でも、全試合判定でしたから、誰が優勝してもおかしくない大会でした。
「名曲の歌詞を思い出そう!」コーナーも楽しかったです。
電波歌ほど面白い言葉を狙ってない感じが良かったです。
トーク・歌・企画、とバランスのいいライブだったと思います。


・その2
翌日、「コみケッとスペシャル」に参加してきました。
ポアロライブ終了後、きゅうりさんと水戸に前乗りしました。
水戸は意外と拓けてました。でも、北関東特有の寂しさがありました。
大喜利修学旅行DVDの新作「大喜利参・前編」を売ってきました。
何と!新作だけで50本売れました! 大健闘!!
わざわざお越し頂いてお買い求め下さった皆様、ありがとうございました。
僕が一番頑張ったのは、撤収作業です。机6個運びました。
イベント自体も、水戸市内全体的に街興しみたいになっていて、面白かったです。
屋台広場でアンコウを吊し切りをしてたらしいです。
僕は吊してある所だけ見ました。グロかったです。


「大喜利参・前編」は、コメンタリーが面白いと思います。
特にDISC-2はフリートークっぽい感じで、“聞くDVD”として楽しめると思います。
本編の映像はあんまりちゃんと見てないです。
さすがに3年前の映像となると、何だかこそばゆい感じがします。
そこそこ面白いとは思います。




・その3
「DREAM.12」
菊野が超強かったです。
前田のまた勿体ない負け方して残念でした。ハイキックがエグかったです。
長南は相変わらずの気持ちが伝わる熱い戦いで、とても良かったです。
ビビアーノvsハンセンはもうちょっと長く見たかったです。
地上波の解説は須藤元気のみで、TKがいないと寂しかったです。
YouTubeで煽りVチェックしました。
OPが凄く良かったです。青木、ストライクフォースでかまして欲しいです。
ミノワマンのが、煽りVというカテゴリーを超越した感じになってきてました。




・その4
「K-1MAX日本トーナメント」
いい試合が多くて面白かったです。どの選手も気持ちが強かったです。
みんないい選手なので潰し合いするのは勿体ない気もするし、
だけどここで一番になれなきゃ世界で通用しない訳だし、
そうは言っても、いざ世界トーナメントに出たら誰も通用しない気もしちゃって、
複雑な感じでした。みんないい試合だったけどなぁ。


自演乙は世界で通用するかが問われてくるので、
次の世界トーナメントでは気持ち以外の強さを見せて欲しいです。
TV的にも、そろそろ見た目だけじゃなくて、
日本拳法というバックボーンの面白さとかを伝えていって欲しいです。
カウンターとか当て勘の良さとか、技術面をクローズアップしていった方が、
面白い選手になると思います。
日菜太のミドルキックは説得力があっていいですね。
中島の若さとガムシャラさは楽しみです。MMAパンツってのが素敵。
今回のトーナメントに小比類巻がいたらもっと面白かったんですけどね。
にしても、蹴りの練習しすぎてケガして引退って、最後まで“小比類巻らしい”なぁ。


渡辺のローキックボコボコっぷりに、最後の方はもう笑っちゃいました。
倒れないっていう気持ちは伝わるけど、ちゃんとカットしなよーって思いました。
レフリーが止めるのに勢い余って背中蹴っちゃったのも笑いました。
DJ.taikiの自演乙に対するコメントが面白いです。ホンモノです。
63kgトーナメントはすごく楽しみです。各団体から一番を決める感じ、ワクワクします。




・その5
大相撲夏場所。
把瑠都がバケましたねえ。見事な内容で大関昇進。
技能賞まで取っちゃうほどの相撲の上手さ。凄いです。
多分、頭がいい人なんで、いっぱい考えて取ってるんだと思います。
自分の体の使い方も分かってきてるんだろうし、だからケガもしなくなったんでしょう。
1コだけ残念なのは、大関になっちゃうと、
ニコニコして冗談連発の楽しいインタビューが見れなくなっちゃう事です。
でも、その分バンバンメディアにも出てくるだろうし、人気者になってって欲しいです。


白鵬は完璧でしたね。
千秋楽で、日馬富士のいい動きにも全く崩れなかった。
横綱でしたね。
結果的に内容の濃い夏場所でしたけど、やっぱり朝青龍不在の違和感はありました。
それと、千代大海不在の寂しさ。




・その6
パラリンピックが面白かったです。
NHKの深夜に少しだけ放送してましたが、もっといっぱい放送してほしかったです。
車イスカーリングの技術が凄すぎです。
アイススレッジホッケーが見てるだけで運動量と気迫が伝わってきて、感動しました。
こんな言い方よくないのかもしれませんけど、
障害者だからこその競技の面白さを味わえました。
障害を負ってる人の方が、普通の人よりも凄い事をしているんじゃないかと思うし、
競技に対して楽しんでいるんじゃないかなと思いました。




・その7
「SASUKE」のリニューアルが面白かったです。
3rdステージがエグかったです。
身軽な人じゃないと無理なんじゃないですかね。重たい人は体重削らないと。
挑戦者が失敗した時の、“新しい遊びを見つけた”みたいな、
嬉しそうな顔が良かったです。みんな楽しいんだろうなぁ。




・その8
「IPPON」
解説席に松本さんのみになった事が、何よりも嬉しかったです。
リズム系のお題が増えたりして、よりバラエティ向けな内容になった印象でした。
全体的な雰囲気が、設楽さんに有利が感じでした。
ホリケンさんが良かったです。日村さんも出してほしいです。
ただ、こういう感じで回数を重ねていって、
最終的にグランドチャンピオン大会とかやっても、あまりワクワクしないと思います。
もうちょっと仕掛けがほしいです。




・その9
「ケロケロエース」5月号発売中です。
「大喜利の達人」のコーナーに投稿よろしくお願いします。
今回から多少リニューアルされてます。
「世界の美人紹介コーナー」が超面白いと思います。


【第16回大喜利夜会】は、4月10日(土)です。
あさがやドラムです。
開場:18:00  開演:18:30 です。
よろしくお願いします。




・その10
来週の「あと何分あるの?」は重大発表があります。
絶対聞いた方がいいと思います。
あと、今週の「鼻毛4200本」のくだりが大好きでした。




以上です。
【2010/03/31 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) |

鼻の中にできたカサブタはなかなか治らない。

ライニング継続してます。
少しずつ距離伸ばして、今は5km走るようになりました。
ラスト500mくらいがしんどいけど、確実にスタミナがついてきてます。
走り終わった直後、ふくらはぎ周りの筋肉がモリモリで面白いです。
ここ数日間の思考内容、及び近況報告です。




・その1
ハガキ職人ナイト!9」がありました。
今回はゲストに天久聖一さんが来られた影響もあったからか、ほぼ満員でした。
何となくいつもよりも緊張感がありました。
出演者一同、3割増しの緊張の中でしたが、始まったらとても楽しかったです。
回数を重ねてきて、出演者も慣れてきて、お客さんの見方も定まってきた感じで、
いろいろ新しいものも見せられたような気がします。
つくづく、いいイベントだなぁと思いました。
お越し頂いた皆様、ありがとうございました。
出演者・スタッフの方々、お疲れ様でした。またよろしくお願いします。


後半の「鬼喜利」「の・ようなもの」は、
過去の投稿コーナーの復活とは別として、
ハガキ職人ナイト・オリジナル企画としての方向性が見出せた気がします。
やりごたえがありました。骨のある企画でした。
特に、「の・ようなもの」は、
当初の企画内容とは大幅にズレていってしまいましたが、
過去最高に盛り上がった企画だったと思います。
ルールが吹っ飛んでからの全員でのボケ合いが凄まじかったです。
他人のボケに乗っからざるを得ない。
だったら、さらに上のボケをかまし合うという壮絶な状況。
素手での殴り合いみたいな感覚でした。
それでいて、それぞれが己の個性を出していて、
必要なポジションを受け持つという、見事なチームプレー。
みんな凄かったです。ハガキ職人の底力を見せられた気がします。
あんな感覚、過去に味わった事のないです。
終わった後、超疲れて、お腹ペコペコになったんでいっぱい食べました。


僕は前々から、小屋の形態や客層の幅広さも含め、
「ハガキ職人ナイトは一体感が生まれづらい」と思っていたのですが、
今回の「の・ようなもの」は、出演者・お客さん全員が、
「みんなで作り上げよう! 最後まで成し遂げよう!」
という気持ちで一つになれた気がします。ライブ感が凄かったです。
最終的に出来上がったボケ100%の文章を見て、軽く感動しました。
今回と同じ事は二度と出来ないとは思いますが、
またあんな感じの状態に持っていけるといいですね。




・その2
同日、「オフ喜利8」も見てきました。
一番強く感じたのは、MCの素晴らしさです。
前回からMCをされている岩倉さんは、元々解答する側の方なので、
メンバーの趣向をしっかりと理解されている為、補足やツッコミが見事でした。
特に、「波動拳」のお題での拾いっぷり、広げっぷりは完璧でした。
あそこでしっかり拾えたから盛り上がったわけで、
やっぱり、イベントはMCと出演者の信頼関係があってこそだなぁと感じました。


決勝に残った館長さん、チョリ蔵さん、原宿さん、たけしさん、ヤスノリさんは、
レギュラーメンバーの底力みたいなものを感じました。
オフ喜利の皆さんは一発の破壊力が強くて、しかもそれが初っ端から出てくるので、
純粋に凄いなぁと思います。
決勝の前半はかなりの打ち合いで、見応えありました。
チョリ蔵さんの押しが強かったです。
後半で少ししぼんだ印象になってしまったのは、
多分お題が厳しかったんだと思います。
終盤は、疲れている中でも「答えたい!」と思えるお題が必要だと思います。
お題の管理って物凄く大変だし悩む部分だと思いますけど、
お客さんも出演者も楽しめるようなお題を見たいです。
あと、オフ喜利の皆さんが、
じっくりやり合う大喜利をしたらどうなるのか、という事にもとても興味があります。


トライアウト通過者の都さんが面白かったです。
稲川淳二のお題での、キツネのイラストのやつが一番好きでした。
いろんな方が出場できるシステムは、イベントを活性化できると思うので、
今後も続けていって欲しいです。
哲ひとくんはトライアウトで惜しくも敗れた感じでした。
オフ喜利の早いテンポの中で、
全体的にどこお題でもいい解答を出し続けるというのは、なかなか難しいものですね。
妹尾さんは本人にも言いましたけど、皮(がわ)の部分だけの解答で、
中身の具まで到達できないまま終わっちゃった感じでした。
残念ですね。まあ妹尾さんはそんなもんですよ。




・その3
「大喜利やらナイト」は参加しませんでしたけど、
ブログで見たらいいお題がいろいろあって、羨ましかったです。
【日本人男性の七割が○○○】
【借り物競走でビリだった小学生が満面の笑み。なぜ?】
【『白馬に乗った王子様』を求めていた乙女が、
 40歳を越えるとなにを求めるようになる?】
のお題がやりたかったです。いいなぁー。




・その4
CDを買いました。
「東京スカパラダイスオーケストラ/WORLD SKA SYMPHONY」
「YOUR SONG IS GOOD/B.A.N.D.」
「the telephones/A.B.C.D.e.p.」


「WORLD SKA SYMPHONY」凄くいいです。スカパラは毎回いいですけど。
クリスタル・ケイの「ずっと」もいいですし、
ラストの「愛の讃歌 with strings」「君と僕 2010」が泣きそうになります。
「君と僕2010」は『スカパラ完結』と言ってもいいくらいの雰囲気があります。
でも、あくまで20周年を締めくくっているだけだという。まだまだ続くのだという。
泣けます。超イイです。


YOUR SONG IS GOODも凄くいいです。
どの曲もとにかくノリが良くて、飽きないです。
「ONIRAKU」が特に好きです。




・その5
BBStation「大喜利四賢者のオレたちしんけんじゃ!」
月曜24時に放送中です!!
毎回放送チェックしてますけど、面白いですね。
30分の内、半分がガッチリと大喜利をしていて、大喜利ラジオの名に恥じてないです。
アシスタントの青木さん・香西さんの楽しんで頂けてる雰囲気が凄くいいです。
やっぱり、女性アシスタントって必要ですね。華があります。
今後も楽しくやっていきたいと思いまーす。是非聴いて下さーい。




・その6
告知です。
【コみケッとスペシャル5 in 水戸】にて、大喜利DVD新作販売!
日時:2010年3月22日(月曜日・祝日)11:00~16:00
場所:茨城県水戸市 旧京成百貨店(水戸駅北口側)
   3階 D22-a『ヒムラマン@東食分室


新作『大喜利参・前編 ~大喜利どうでしょう3・ポアロと行く大喜利修学旅行2007~』
さらに過去の大喜利DVDも販売予定となっております。
僕も売り子として参加してきます。
よく分からないけど凄い規模のイベントらしいので、
楽しめたら楽しんでこうようと思います。
どれくらいの方がお買い求めくるのか見当もつかないので、
お客さんが来る度に小躍りいていこうと思います。
よろしくお願いいたします!!!



以上です。
【2010/03/18 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

松屋の牛めしが美味しいけど、七味は吉野家が好き。

暖かくなかったかと思ったら、またド寒くなったので肩が痛みます。
湿布とお風呂と自力のマッサージで何とか和らげてます。
ここ数日間の思考内容、及び近況報告です。




・その1
「大喜利茶会」がありました。
今回も「茶会王争奪戦」を行いました。詳しい結果はPOARO大喜利Blogをご覧下さい。
結果だけだと伊福部さんが圧勝したように思えてましたけど、
ポイントで振り返ると、実は最後で逆転という展開が多かったのですね。
凄くいい戦いが繰り広げられてた訳ですね。こういう展開が生まれるのが嬉しいです。
今後はポイント争いが分かるように、
解答者にも客席にも見やすい得点ボードを作った方が良さそうですね。


今回は薬局さんと割石くんがハマってた気がします。この2人、今後怖いですね。
ジェロさんも相変わらず怖いです。
その内、レギュラーメンバーと新規メンバーとのガチの対抗戦をやってみたいです。


個人的にはイマイチ見せ場が作れませんでした。
「技あり」まで持っていけなくて、自分でも満足できずじまいの解答が多かったです。
特に「タイムパトロール」のお題が、全く答えに導けなくてしんどかったです。
自分に得意のパターンにはめようとするばっかりに、
柔軟な発想が発想が枯渇している気がします。
もっといろいろ手を伸ばしていけるようにしていきたいです。




・その2
「D関無双」を見てきました。とてもいいイベントでした。
あまり期待値が高くなかっただけに、今後も楽しみになりました。
若手や他事務所、異業種からの参戦など、D関本戦とは違う面白さを味わえました。
木村さんもおっしゃてた通り、
「PRIDE」における「PRIDE武士道」ようなイベントになっていって欲しいです。
品川プリンスシアターは、程良い密閉感あって舞台も近くて、いい小屋でした。


企画内容はサバイバルとシングルマッチがメインで、マッチメイクの良さが光ってました。
「清人vs大林」は渋くていいマッチメイクでした。
「竹若&伊藤 vs 西森&しず」のタッグマッチが歴史的名勝負でした。
劇団女優の伊藤修子さんがとんでもなかったです。また出てほしいです。
「木村 vs 山田ルイ53世」もよかったです。
山田ルイさん、渋くていい解答出してました。
木村さんは、10番勝負とかやってって欲しいです。
サバイバルではシューレス・ジョーさんが強かったです。本戦も出てほしいです。
サバイバルのルールは狙われちゃうと防御できないのが厳しいと思います。
相手の攻撃を跳ね返すルールとかできないかなぁと、いろいろ考えています。
お題がどれもよかったので、やっぱり大喜利はお題だなぁと思いました。
いいお題たくさん考えていきたいです。




・その3
BBStation「大喜利四賢者のオレたちしんけんじゃ!」がスタートしました。
本当に大喜利についてトークしたり、大喜利したりするだけのラジオです。
まだ始まったばかりなのでどうなるか分かりませんが、多分面白いと思います。
今後も面白くなっていくと思います。
ゲストに他の大喜利イベントの方とかお呼びしてみたいです。
大喜利は毎回リラックスしつつも程良い緊張感があって、凄く楽しいです。
アシスタントの青木さんも香西さんも可愛らしくて素敵な方々です。
ただ大喜利やってただけで、雑誌の連載やラジオができるようになっちゃうんだから、
やり続けてみるもんですね。何らかの形になるもんですね。
毎週月曜深夜24時から30分番組でーす。
メールいっぱい送ってくださーい。




・その4
告知です。
3月13日(土)【ハガキ職人ナイト!9】があります。
気付けば今週末です。何の準備もしてないです。やーべーです。
でも頑張りまーす。ウケたいでーす。


先日、出演者&スタッフの方々と懇親会的な飲み会があったんです。
なんだかんだで周りはみんな若くてワイワイした雰囲気で、
ポアロマンスリーの打ち上げに染まってる僕はすっかりオッサンだなと思いました。
2次会まで行ったらみんなベロベロで、20代前半の酒ってスゲェなって思いました。
哲ひとくんがドロドロに酔い潰れている姿を初めて見ました。
「みのもんた選手権」で戦った相手が、
10年後にこんな姿を見せるとは夢にも思いませんでした。
そんなこんなでみんなで頑張りまーす。よかったらお越し下さーい。




・その5
川本真琴のCD買いました。
「川本真琴/音楽の世界へようこそ」
「川本真琴/The Complete Singles Collection 1996~2001」


「音楽の世界へようこそ」は、まさに川本真琴の音楽の世界でした。
聴いてて、なるほどなぁって感じでした。
懐かしい感じや新しい感じや、
いろいろまぜこぜになって川本真琴の音楽が奏でられている感覚です。
全ては「音楽の世界へようこそ」というタイトルのまんまです。
スゲー良かったです。
タワレコで買ったので、特典CDにデモ音源が入ってました。こいつも良かったです。


ベストの方は、初回版を買いそびれてどこも売り切れだったので、
もう諦めようかと思ってたら、東京駅のタワレコminiで見つけちゃったので買いました。
買って大正解でした。
どの曲も改めて聴くとスゴイ。やっぱり川本真琴すげえよ!!
「ギミーシェルター」をたくさん聴いてます。スゴイです。




・その6
最近借りて聴いたCDです。
「FACT/FACT」
「POLYSICS/BESTOISU!!!!」
「avengers in sci-fi/jupiter jupiter」
「相対性理論+渋谷慶一郎/アワーミュージック」
avengers in sci-fiが凄くいいです。
ダンスミュージックなんだけど、メロディラインがグッときます。
FACTも良かったです。




・その7
「アリケン」戦力外アイドルオーディション。
超面白かったです。アリケンのアイドルオーディションにハズレなし。
最後の相撲が面白かったし、純粋にスポーツとして白熱しました。
水着アイドルの相撲って、深夜番組における伝統芸能みたいなもんですね。
「アリケリング!!!!」のメンバーが、バランスが取れてて楽しみです。
亀甲縛りの人、売れるといいですね。頑張ってますもん。




・その8
青木真也、遂にストライクフォース参戦!
楽しみです。絶対勝って欲しいです。
常に世界規模で己について語っていた青木真也が、遂にそれを実証させる時が来た。
楽しみです。ワクワクします。
そして、五味隆典出場のUFCがテレ東で地上波放送決定!
楽しみです。絶対勝って欲しいです。
PRIDE消滅からUFC挑戦までのこの期間が、「タメ」として効いてくるといいですね。
楽しみです。ドキドキします。




以上です。
【2010/03/11 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

本音を言えば、駐輪場にはビタ一文払いたくない。

暖かくなってきたら肩の痛みが和らいできました。よかったー。
しかしながら、いよいよ花粉がやってきました。
甜茶を飲んで予防していこうと思います。
ここ数日間の思考内容、及び近況報告です。




・その1
「R-1ぐらんぷり2010」
まず、サバイバルステージの友近さんが最高に面白かったです。
決勝含めて、一番面白かったのは友近さんでした。
アナログタロウさんも凄く好きなネタだったし、
ナオユキさんもスタンスがカッコよかったし、
田上さんが昔からやってるネタでしっかりウケてるのも良かったです。
サバイバルステージは見応えがありました。
ただ、客の反応に少しイラっときました。
すぐに「えーーー!」とか言うな。


決勝は正直、イマイチでした。
バカリズムは期待が大きすぎて、物凄くハードルが高かったですね。
最後に持ってきたフリップの量をもっと増やしていればよかったのかなと思います。
みんなが期待していたのって、あそこからの流れだったんじゃないかなと。
中盤まで見ていて、どうもしっくりこない感じがして、
ラスト3名のメンツを考えると、ここがそのまま残るんじゃないかな、
と予想したらその通りでした。
これはもう物質的な問題で、ピン芸は一人で演じるので、
盛り上げる為にはかなりの熱量が必要です。温まるまでには時間が掛かります。
だから、圧倒的に後半の出順の方が有利だと思います。
いろいろ見て、ラストで正統な漫談であるあべさんは強かったですね。
最初は漫談だけで2本やるのは厳しいんじゃないかと思ったんですけど、
逆に貫いた事で印象が強まったような感じです。
おめでとうございます。


ただ、三枝師匠が言っていたけど、
R-1の審査基準が「誰が見ても面白い」なのだとしたら、
(審査員が全体的に年配の方が多いという傾向も含め)
正直、あまり興味がなくなってしまいます。
わざわざR-1でやらなくていいと思う。他のネタ番組でやればいい気がする。
それと、ハッキリ言って、R-1の審査員の得点にはあまり興味が無いです。
M-1は漫才の技術という点で得点にしやすいけど、
ピン芸は基準にするものがないので、点数で出す意味がない気がします。
100点満点の採点システムを変えて、
各審査員が全員のネタ終了後に順位を付け、それぞれの順位にポイントを与え、
(1位:10P、2位:9P、~~~、10位:1P)
全審査員の合計ポイントで決定。とかの方がしっくりくる気がします。
とりあえず、もうちょっと若い人を入れて欲しいなぁと思います。


今年あべさんが優勝した事により、「悲願達成」というテーマも済まされてしまったし、
バカリズムが今年で終わりだと宣言していたし、
2年連続準優勝のエハラさんが優勝候補かと言われても、そういう感じではないし、
正直、来年以降の流れが見えないです。ワクワク感がない。
興味があるとしたら、友近さんの復活劇くらいですかね。
田上さんとか、ナオユキさんとかが上がってくれば楽しいですけど。


そういや、去年のM-1の感想を書こうとしてまだ書いていませんでした。
気付けばR-1過ぎちゃいました。
今年の秋くらいに「日本一遅いM-12009の感想」として書こうと思います。




・その2
ドラマ・もやしもん」キャスト発表!
美里役・西田幸治!!
とっても楽しみです。ケンコバさんも多分出ると思うので楽しみです。
長谷川さんは加藤夏希でしたか。なるほどなー。
加藤夏希って、ずっと18歳くらいの印象なので、盲点でした。
HPのプロモ映像を見ました。
西田さんがかなり美里っぽかったです。不思議な表現ですけど。




・その3
「モヤモヤさまぁ~ず2」
正式にゴールデン進出を発表しましたね。
過去の特番の様子を見ても、ゴールデン用にテイストを変える事はなさそうなので、
ただ単に時間帯が変わっただけになるんじゃないかな、と思ってます。
そうであって欲しいです。
ゴールデン進出してもリアルタイムじゃ見られないので、
結局深夜に録画で見ると思います。大抵そういうもんです。
DVDはまだ買ってないです。土日がタワレコポイント3倍なんで、土曜に買います。
今週面白かったのは、ヘビ花火を見つめる3人の表情です。絶妙な顔でした。
「世界一軽いかもしれない」という言葉も名言でした。




・その4
告知です。
3月1日より、インターネットラジオで大喜利番組がスタート!
【大喜利四賢者のオレたちしんけんじゃ!】
放送局   :BBStation
日時    :毎週月曜 24:00~24:30
出演者   :大喜利四賢者
       伊福部崇、お手てつないで、哲ひと、イギリス超特急
アシスタント:青木瑠璃子/香西久美


番組メールアドレスは、oogiri@bbst.tv
大喜利のお題、大喜利に関する質問など、どしどしメールをお送り下さい!!


既に第1回の収録を行いました。
面白かったです。30分番組ですのであっと言う間ですが、是非お聴き下さい。
アトミックモンキーのブログ「サルの足跡」でも様子が紹介されてます。
アシスタントの青山さん、香西さん、おキレイな方々でした。
こんな番組に女性アシスタントなんてフシギーと思いました。
楽しい番組になっていけばいいなぁと思ってます。
よろしくお願いしまーす!




・その5
さらに諸々告知です。


2月26日(金)、雑誌「ケロケロA」が発売です。
『大喜利の達人』コーナーに投稿お待ちしております!!


2月27日(土)、第9回大喜利茶会です。
 場所:あさがやドラム
 開場:12:00
 開演:12:30
 チケット:2000円+ワンドリンク
客席からも大喜利参加者を募る予定です。
参加を希望される方は、
ホワイトボード一式(ホワイトボード、マーカー、クリーナー)をご持参下さい。
今回も大喜利茶会王争奪戦を行います。
是非お越し下さーい!!


3月13日(土)は、【ハガキ職人ナイト!9】です。
ゲストが発表されました。天久聖一さんです。
すごいですねー。興味のある方は是非お越し下さい。
前から言ってますが、ハガキ職人ナイトは出演していて凄く楽しいイベントなので、
今回も楽しみたいと思います。ウケたいです。




以上です。
【2010/02/25 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

布団の中で足の指が温まらなくてなかなか寝れない。

ここ数日の物凄い寒さの影響で、骨折した右鎖骨の調子が悪いです。
骨が軋んで肩が上手く回りません。関節がゴキゴキ鳴って筋肉が引きつります。
多分、冷やさない事が一番大切だと思うので、肩掛けしたまま寝てます。
痛いのイヤです。痛いのが一番イヤです。
ここ数日間の思考内容、及び近況報告です。




・その1
「FACTORY」の志村さん追悼・フジファブリック特集を見ました。
その流れで、未だ見ていなかったDVD、
「フジファブリック Live at 両国国技館」を見ました。
凄く良かったです。
特に「蒼い鳥」からのダークゾーンが痺れました。
「若者のすべて」が沁みました。
合間のMCでの志村さんのお茶目さや、ラストでの暴れっぷりが素敵でした。
改めて、こうしたライブがもう見られないというのは、残念です。
これまでのライブ映像DVDとか出して欲しいです。
「Suger!」の特典DVDに入ってた富士五湖文化センターの完全版とか出して欲しい。


残されたメンバーの今後の活躍に期待したいです。
キーボードの金澤さんには特に期待してます。
富士急ハイランドで予定されていたイベントは、
残されたメンバーでやるらしいので、何らかの映像で見たいです。
ゲストとか呼ぶだろうし、楽しみです。




・その2
「やつがれと甘夏」「くるねこ5」と、くるねこさんのマンガが続々と発売。
「やつがれと甘夏」は、前作「やつがれとチビ」の続編的なお話です。
かわいくて笑えてちょっとジンとくる、ステキなお噺です。
絵本チックなので一気に読めます。
「くるねこ5」は、楽ちゃんカブちゃんのシリーズが好きです。
今までにない、大人猫とのお話にグッときます。
くるねこさんすげーなー。
猫たちもどんどん魅力的に描かれてるし、どんどん描いてって欲しいです。




・その3
バンクーバー五輪。
アメリカ選手のスノボのウェアがカッコいいです。
デニムプリントのパンツがかっちょいいです。流行るだろうなぁ。
男子モーグルが見たいのに全然見れませんでした。ギャフン!
エアリアルも見たいですけど、多分見れないと思います。ギャフンギャフン!
僕は競技だけが見たいので、余計な情報は全く見てないし知りません。
だから、選手へのバッシングとか出てるけど、よくみんな知ってるなぁって思います。
みんな知りたがりだなぁ。




・その4
「アリケン」トーク番組。有田イズム、ホリケンイズム。
死ぬほど笑いました。アリケン史上1位かもしれません。
トークバックを使った指示で遊ぶのって、既に何百回と使われた手法でしょうけど、
AD和田さんの浸透率の高さは凄いと思います。
言葉が何も染まらずに、そのまま出ている。あれは才能だと思います。
ゲストに上原さくらっていうキャスティングが、また絶妙。また見たいです。




・その5
「ボーイズ・オン・ザ・ラン」の劇場版をやってますけど、
僕はやっぱり見に行かないと思います。
相当いい作りで、見た方の感想ではかなり激情する内容らしいですけど、
マンガ読んでる時以上の感覚にはならないだろうと思ったので、やめておきます。
暴力的な作品って、紙媒体で能動的に読むからこそ面白いんだと思うんです。
映像は受動的で、言ってしまえば暴力的なものなんで、
暴力的なものを暴力的な媒体で取り込むのって、しんどいと思います。
というか、ズルいと思っちゃいます。映像ってズルい。




・その6
今週末、2月21日(日)文化放送「ラジオビッグバン」に、
「大喜利軍団」としてポアロ大喜利の面々が出演しまーす。
かれこれ5回目くらいの出演でしょうか。今回もひたすら大喜利をやってます。
多分面白いので、是非お聞き下さい!




・その7
3月1日(月)からBBStationにて、
『大喜利四賢者のオレたちしんけんじゃ!』というラジオ番組がスタートします!
「ケロケロA」の投稿コーナー「大喜利の達人」で活躍中の、
伊福部崇、お手てつないで、哲ひと、イギリス超特急 が出演します!
大喜利だけをメインにしたラジオ番組は、多分史上初だと思います。
特に、大喜利をテーマにしたトーク、言わば「大喜利の技術論」に関しては、
誰も踏み入れてない分野だと思うので、僕も相当楽しみにしています。
是非是非お聞き下さい!




・その8
3月13日(土)、イベントがかち合ってます。
ハガキ職人ナイト!9】と、【オフ喜利8】が同日開催です。
時間はギリギリかぶっていませんので、両方見に行く事も可能です。
僕はハガキ職人ナイトに出ます。よろしくお願いします。
妹尾さんはオフ喜利に出ます。
哲ひとくんはオフ喜利のweb予選を通ったので、両方に出ます。すごいー。
僕もオフ喜利のweb予選送ったんですけど、通りませんでした。残念です。
哲ひとくんが出ちゃうと優勝しちゃうと思うんで、今後まぜこぜになるでしょうね。
その辺含めて、楽しみです。
いろいろ思うところあるんですけど、
まだ言える段階じゃないんで、とりあえず楽しみです。




・その9
オフ喜利web予選に送った解答を紹介します。


【お題1】「金返せ!」と言い出す客が続出したバスツアー。なぜ?
・「バス持参」と言われた。
・バスガイドがブスなくせに夜這いを断った。
・サービスエリアでの休憩中、完全にガイドと運転手に財布をスられた。


【お題2】私立ガリ勉学園で行われているイジメってどんなの?
・机に「中の上」とか「偏差値56」とか落書きされる。
・授業中、後ろから東大の赤本をちぎって投げつける。
・「これ食うと頭良くなるぜ~」と言いながら、わざと床に落としたマグロの目玉を食わせる。


【お題3】テレビを見ていて「この速報、必要か?」と思った。どんなニュースだった?
・「今、6チャンと8チャンが同じCMです。」
・「関東地方一帯に『空気が乾いているので唇が切れちゃうかも警報』発令」
・「ダンジョン最上階にて、伝説の勇者、死去」


お題1の3つ目の解答が一番好きです。
お題2はかなり好きなお題だったので、これが評価されないとキツいなぁと思いました。
お題3の解答で、「この文字フォントは平成ゴシック体です」というのを今思い付いて、
これ送れば良かったなと思ってます。アチャー。
個人的には、1つのお題で3つ面白い解答考えるのって大変だと思います。
2つで充分な気もします。
〆切もなるべく短くて瞬間的な方が、実戦の大喜利っぽくていい気もします。
難しいですね。




以上です。
【2010/02/19 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) |

お昼に食べたいものは、あくまでお昼に食べたいものあって、数日後でもいいからお昼に食べたい。

朝青龍が引退しちゃいました。
ニュースを知った時は、意外なほどショックではありませんでした。
まだまだこれからの活躍が楽しみで、残念ではあるけども、
むしろ相撲界は離れてからの今後の活躍に期待したいです。
あまり現実味のない話だとは思いますけど、総合格闘技デビューとかワクワクします。
大変なのは相撲界の方だと思います。朝青龍が居なくなっても盛り上げていけるのか。
遂に朝青龍を捨てる決断をしたのだから、これからが正念場だと思います。
とにかく土俵上での相撲が面白ければいいので、面白くしていって欲しいです。
ツイッターでのK-1の谷川さんの意見が凄く共感できる内容でした。
結局は、時代が違ったという事だと思うんですよね。
今の時代だからこそ、朝青龍という横綱は異質であり、魅力的だったんだと思います。
その性格なり言動なりが相撲界にそぐわないのであれば、
最終的にこうなってしまう前に、もっと早くに何とかして欲しかった。勿体ないです。
朝青龍。お疲れ様でした。ありがとう。
ここ数日間の思考内容、及び近況報告です。




・その1
映画「オーシャンズ」を見ました。
海を舞台にした動物ドキュメンタリー映画です。
「WATARIDORI」と同じ監督なので、音楽や構成が似た雰囲気でした。
「DEEP BLUE」「earth」と比べると、
1つ1つの生き物に密着して撮影してる感じがありました。
サメと触れるくらいの近さでダイバーが泳いでるシーンが印象的でした。
動物ドキュメンタリー映像の中で、
イワシの大群をイルカやカツオドリが食って最後にクジラが来るまでの一連の流れと、
シャチが砂浜に突っ込んでオットセイを襲う行は、鉄板中の鉄板ですね。


海の生き物達の姿を捕らえた映像だけでなく、
生き物を捕獲する人間へのメッセージもある内容でした。
乱獲されるのは確かにかわいそうだと思う気持ちもありますけど、
個人的には、命を奪った上でその魚たちを食べるという意味について
考えていけばいいんじゃないかと思います。
要は「ありがとう」という感謝の気持ちです。
かわいそうだから、もう魚とか肉とか食べるのやめようって訳にはいかないですから。




・その2
「モヤモヤさまぁ~ず2」南千住。地元でした。
南千住の駅前商店街とか、テレビで映すには渋過ぎだと思いました。
北千住~南千住という括りでしたが、もうちょっと広範囲に巡ってたように思われます。
三ノ輪とか町屋とかも通ってたように思われました。
大江さんのコートとマフラーが可愛かったです。




・その3
「ホリさまぁ~ず」新体操1点取ったら帰れるワン!
大好きな企画です。天才的に面白い企画だと思います。
新体操の点数の仕組みが、この企画の為にあるんじゃないかと思えるくらい絶妙で、
見事な化学反応を起こしてます。
最後の大技が決まった瞬間はちょっと泣きそうになりました。
感動的でした。何らかの賞とか取ってもいいくらいの企画だと思います。
体操選手による練習風景のシーンで、試合用の派手な衣装ではなく、
練習中の黒いタンクトップ姿がやけに艶めかしいと思いました。
健康的なエロスって最高です。100点です。




・その4
CDを買いました。
「PE'Z/1・2・MAX」
「andymori/ファンファーレと熱狂」
andymori、とてもいいです。刹那的な感情が駆け巡ります。
前のアルバムも聴いていきたいです。




・その5
服をいろいろ買いました。
ノースフェイスの水色のウィンドブレーカーと、
参丸一のピンク色のロンTと、
グラニフの水色と黄色のTシャツと、
adidasの銀色のスニーカーを買いました。
ずっと白とか黒とか紺色の服ばっかり買ってきたので、
今後は派手めな色の服を着ていく事にしました。




・その6
「ナナとカオル・3巻」を買いました。読みました。
相変わらず超面白いです。エロいです。
SMを理解させる相手として、アスリートを持ってきたのが見事です。
まさにアスリートは一人SMだと思うので、本当に上手いなぁと思います。
ラストの2話は緊張感があってドキドキしました。
一方で、「自分の為の道具を、自分以外の人に使われる」という、
嫉妬と屈辱が混じり合ったような感覚が絶妙に描かれていて、
本当にこの作者さん天才だなぁと思いました。
親指をギュッと握りしめる描写とか、よかったです。
「気持ちいいことは正しい」っていう終わり方が、また素晴らしかったです。
面白くてエロくて切なくて、悶々とした恋心まで描かれてるって、凄いと思います。
もっと売れて欲しいマンガです。もっと読んでもらいたいマンガです。
今はヤングアニマルで連載中らしいので、もっともっと売れて欲しいです。
でも売れないんだろうなー。




・その7
「R-1ぐらんぷり2010」
決勝とサバイバルステージの進出者が出ました。
今年から決勝は上位3名がもう1本ネタをやるという、
M-1と同じ形式になったので、そこも注目だと思います。
ピン芸で2本やるのって、相当厳しいと思います。
同じ形式のものを2本やるのはキツいと思うので、
全く違うものを見せなきゃならないと思います。
となると、ネタのクオリティから考えても、今年こそバカリズムが優勝だと思います。
ぶっちぎりで優勝して欲しいです。
サバイバルステージも結構渋いメンツで楽しみです。
ユリオカさんが来て欲しいです。藤波見たいです。




・その8
先週、今週と、「あと何分あるの?」が熱かったです。
先週の江東区の人の「夢よ届け!君の心へ!」のメールは、
史上最高とも言える面白さだったと思います。やっぱ天才です。
いいバランスで笑える箇所が散らばっていて完璧でした。
「あと何分」でメール読まれたいという方は、
あのメールからいろいろ勉強するべきだと思います。
「雅よ叩け!健の頭を!」「ポロよ流行れ!日本の土壌で!」
ステッカーにして貼りたいくらいです。
そして、いくら面白いからといって、
同じメールを3回読むというのは、ラジオ史に残る出来事だったと思います。


今週の「ワンクリッカーたかし」のメールもヤバかったです。
江東区の人、間違いなく天才です。
「僕の面白い名前の友達を紹介します」から、
「僕の友達を紹介します」への流れも凄かったですね。
こんなラジオ真面目に聴いてたら、精神状態がおかしくなるだろうなって思いました。
あと何分、やっぱすげえなぁ。異形のラジオだなぁ。




以上です。
【2010/02/11 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

PROFILE

お手てつないで
  • Author:お手てつないで
  • 日記です。
    どーでもいい日々のどーでもいい物事をどーでもよく綴ります。
    しかし、パンダは可愛いですよね。
  • RSS
  • 07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。