新・恋のはじまり日記
お気に入りの女性タレントランキング(09/05/20付)1位:大江麻理子(→)、2位:安めぐみ(→)、3位:長尾麻由(初)、4位:安田美沙子(↑)、5位:大橋美歩(↓)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

相撲感想ブログ

気が向いたので、相撲感想を書きます。今更にも程がある。


14日目、千秋楽の大ドラマ。
朝青龍、琴欧州、稀勢の里、それぞれのドラマが巡りまくった。素晴らしいかった。
本割りで、栃東を一撃KO。その後の満面の笑み。
優勝決定戦で、琴欧州を圧倒。その後、花道の涙。
横綱の心にのみぞ巡る、今場所の大波乱っぷりが、見て取れた。
琴欧州はメンタル面を鍛えてゆきましょう。そうすりゃ、バケモンになる。
一方で、稀勢の里の落ち着きっぷりがハンパ無かった。18歳恐るべし。


初日。横綱黒星。普天王大金星。
3日目。カド番・千代大海、大復活。好調・普天王、よもやの連敗。明暗分かれる。
中盤。琴欧州、無敗街道突き走る。
11日目。朝青龍2敗目。星の差2つ。琴欧州に全勝優勝の期待。
13日目。朝青龍-琴欧州、直接対決。横綱の気迫炸裂。
14日目。琴欧州、稀勢の里に敗れ、連敗。横綱ついに並ぶ。1敗差稀勢の里。
千秋楽。朝青龍-琴欧州、優勝決定戦。横綱6連覇。


どうだろうか、このドラマチックさ。今場所は大変素晴らしかったですよ。
琴欧州大関取りなるか? 朝青龍年間制覇なるか? 稀勢の里さらに躍進か?
来場所も、大変楽しみです。にしても、何を今更。イマサーラー。
スポンサーサイト
【2005/09/26 00:00】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

おかゆん

いろいろと追い込まれたり、だけども楽しかったりする事が多いのです。
楽しい方が勝ってるから、まだ大丈夫。ファーッ!とはならない。
だけども、息抜きは大切ですね。
好きな人とご飯食べたりとか、好きなもの見たり聴いたりとか。
バランスが大切ね。


つー訳で、上野のアトレのお粥屋さんで晩御飯食べましたよ。
小豆ベースで海老ワンタン入りお粥と、肉まんと杏仁豆腐のセット。
ワンタンが美味しかった。肉まんが思った以上に肉の味がして美味しかった。
杏仁豆腐は、どの中華系レストランで食べても、まず外れなく美味しいです。偉い。
軽いお食事だなあと思ったけど、後々ずっしりきた。お粥凄い。




大相撲秋場所。12日目。
「安馬-霜鳥」。
安馬が飛んだ!! 霜鳥の投げで体が浮いた安馬が、そのまま空中を一回転。
普通だったら手が着いちゃう所を、堪えた上での一回転。
身の軽さと、身体能力があってこその動き。ビックリしたよ。スタントマンだ。
国技館で見てみたかったー。
「千代大海-栃東」。
千代大海が気迫で圧勝。強いよ。来場所が楽しみだよ。
「琴欧州-北勝力」。
強過ぎ!琴欧州!
もう、普通の関取が普通の相撲取っても勝てない。スケールが違うもの。
いよいよ、とんでもないことになってきました。
「朝青龍-琴奨菊」。
昨日の負けを引き擦らない横綱。慎重に攻めて、最後は鬱憤晴らしに投げはなった。
強い。だけども、2敗差は埋まらない。
明日、いよいよ「朝青龍-琴欧州」の直接対決。
2敗の稀勢の里が負けて、琴欧州が結びで勝てば、優勝決定。
はてさて、ど~なるのか!? 中継見れないのが残念だー!!




トラバルト。
把瑠都も強いですよー。新十両でまだ3敗。
豊ノ島の全勝十両優勝なるか!にも、注目ー。(by.少納言)
http://d.hatena.ne.jp/hisyaniti/20050918

http://d.hatena.ne.jp/mirakki/20050921

『自分の持ってる知識量が全てだと思い込んで、
何の思慮も無しに身の丈に合わない的外れな批判ばっかりしている様なブログ』
素ん晴らしいですよっっっ。コレ最高ですよーーー!
「的外れな批判」ほど、知ったこっちゃない自己主張も無いと思います。トンチキ。
ただ、『自分の持ってる知識量が全てだと思い込んで、
何の思慮も無しに身の丈に合わない的外れな批判ばっかりしている様なブログ』の中で
何かを人に推奨しようとしている文章は、的外れな批判よりも、さらにトンチキ。
何がトンチキって、普通に「コレ、いいですよー」っていえばいいものを、
『○○には批判的なこのオレですが、××はちょっと違うと思いました』
的な文章で押しつけてくるから!!
何、ソレ!? 批判的なアナタ!? 知ったこっちゃねーーー!!!!!
ビックリしますよね。この世で最も意味のない自己主張。トンチキチン。
「普通と違って、○○に対して肯定的では無い、このオレ」
「さらに普通と違って、○○に対して否定的なのに、××はちょっと違うと思う、このオレ」知ったこっちゃない。本気で、そう思います。トンチキチンチキ。
『「あ、これ、自分のコトだ!」って気づけない』
何より、コレが一番めんどくさいですね。「気づけない」んじゃ仕方ないもん。
もう、「気づけない」人には、直接言うっきゃないのかな。実社会なら尚のこと。
もう、撒くっきゃないのかな。カラオケ館行く時に、みんなで撒いちゃえばいいのかな。
もう、マジな話。




明日以降、暇がないので次回の更新は月曜かと思われます。
でも、相撲はなるべく更新したい所存です。
あ、K-1も明日だった!!
見れないのが悔しいよー!!




<どーにもならない文章のコーナー>


 得てして、色白で、アゴのラインがシュッとしている女性には、
 銀フレームのメガネをかけてもらいたい訳です。


100コ書けるや。こんなもん。得てして?
【2005/09/22 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ひとまず相撲

とんでもなく疲れた日々を過ごしちゃってます。眠くて眠い。
ひとまず、相撲の感想だけはメモってあるので、綴っておきます。
いずれ、ちゃんと更新。




7日目。
「琴欧州-出島」。
琴欧州の相撲は、もはや相撲じゃない。
いや、相撲でもレスリングでもなく、「琴欧州相撲」だ。
出島相手に、投げを放った上に、足まで取る。とんでもねえよ。
あんなもん、琴欧州じゃなきゃ取れない相撲です。
「白鵬-千代大海」。
白鵬の強さが段々と出てきました。憎たらしい強さ。白鵬の強さ。
「普天王-琴光喜」。
惜しかった普天王。果敢に攻めていたもの。
初日の横綱戦を含め、散々、左四つの強さを説かれたもんだから、
みーんな左を差させてくれない。ズルい。
強さ、勢いが魅力の力士だけど。今後は上手さ、ズルさを身に付けなきゃいけないのか。




8日目。
「朝青龍-岩木山」(トラ-サイ)。
サイ・岩木山が猛突進。
攻め込まれた、トラ・朝青龍が苦し紛れの首投げ! まるで柔道!
苦し紛れとは言え、ここが横綱の対応力の凄さ。
一瞬の判断力と、体の反応の良さ。真似できない。
トラとサイの闘いは、やっぱり白熱するなあ。
「高見盛-栃東」。
ザ・高見盛。土俵際のクソ力炸裂! やりましたねえ。
久々のインタビュールームで、可愛さも炸裂! マイク吹き過ぎー!
彼も横綱同様、エンターテイメントを分かってやってるね。
安馬、石出。小兵力士の力強さ、上手さ。気持ちよかった!




9日目。
千代大海が強い! 顔が全然違うよ!
そういや昨日、平成教育予備校を見てたら、元カノが出てましたよ。
いつの間にやら天然キャラになっていた。さとう珠緒的キャラ探り。
それはそれとし、大関の吹っ切れた感は爽快。ガンバレー。




10日目。
「高見盛-琴奨菊」。
高見盛、またも土俵際で大逆転!
何だか、クワガタみたいな強さだ。
「琴欧州-玉乃島」。
琴欧州はどんどん相撲が良くなってる。序盤が地味だっただけに、昇り調子。
体格含めて、ド迫力だもの。こりゃー全勝優勝有り得るって!
「稀勢の里-安馬」。
若手対決。注目の一番。稀勢の里のパワー勝ち。
稀勢の里、こりゃーいよいよ化けてくるなあ。
期待が大きかっただけに、ようやくです。
優勝争いは、全勝:琴欧州。1敗:朝青龍、稀勢の里。2敗:栃東。
こいつあー面白いですよ。栃東、食い下がれ!
普天王、負け越し・・・。いいや、5番勝てばいい!




11日目。
「琴欧州-栃東」。
琴欧州が未だ無敗! 栃東相手に一方的な相撲だなんて、とんでもない。
バケモンだよ。角界のヒョードルだ!
「朝青龍-安美錦」。
でもって、朝青龍が2敗目。安美錦の上手さ炸裂。
横綱の油断もあったのか。普天王に続き、安美錦、最大の伏兵と成る。
朝青龍の負けた時の表情って、最高にボーゼンとしてる。あっけらかーん。
さーらーに、稀勢の里まで2敗。
栃東は直接、琴欧州に敗れて3敗。優勝争い、一気に2つ差! こりゃヤバい!
新関脇で、全勝優勝しちゃうってか。有り得るよ。
恐らく明後日には、朝青龍と琴欧州の直接対決。楽しみ!!
カド番脱出、千代大海。
カドバンジャーから大関に変身完了。
顔付きのみならず、体まで引き締まって見えてきた。気合いの差だね。
「普天王-黒海」。
普天王が、ようやく連敗脱出。良かった!
但し、黒海は9敗。元から波があるとは言え、ちょっと残念。
琴欧州、黒海、普天王と、先場所3賞で期待だった3力士。
明暗別れてきちゃったなあ。いやいや、まだ巻き返せる!
【2005/09/22 04:56】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

惣流・玉飛鳥・ラングレー

大相撲秋場所。6日目。
「琴欧州-普天王」
琴欧州6連勝。強いかったわ。腕長いわ。そして賢いわ。
立ち合いから計算通り。これまでの引きではなく、琴欧州らしいスケールデカい相撲。
普天王の4連敗はヘコむけど、気にしません。巻き返せー!
「若の里-白鵬」
四つのまま、二人揃ってペタンと尻餅着いちゃうような、珍しい決まり方。
お相撲さんの股関節の柔らかさたるや。このための股割りだ。
物言いの末に「同体」。(相撲甚句「マワシーズ・カスタム」より)
取り直しで白鵬が勝ったけど、若の里はヒザを壊しちゃった。
関脇で調子良かった存在だけに、とっても残念。ケガは怖い。
千代大海は今日も気迫たっぷり。4連勝。カッコいいです。
安馬が昨日、今日といい動きしてました! デカい相手に力強い攻め。爽快。
黒海、6連敗が残念です。乗ればバッシバシ勝ってくのに。厳しい。
栃東、激しい相撲でほつれ髪。色っぽし。
横綱は今日も強かったです。出島が出れなかった。
立ち合い鋭さたるやだよ。音速の立ち合いだよ。マッハ朝青龍!


夜、市ヶ谷へ。
0時過ぎに戻ってきて、御徒町の24時間定食屋で晩御飯。
すき焼きときんぴらとご飯。570円。
まあまあでした。


ドカベンは後に聴きまーす。
少納言たんは出てたのかなぁー?


いろいろ忙しかったので、とっとと寝ます。
ごろーん。




<どーにもならない文章のコーナー>


 それはそれとし、休憩時間中のOLさんの、微かな疲れの表情たるや。


あー楽しい。
【2005/09/16 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

マワチラ

大相撲秋場所。5日目。
高見盛、昨日が初めての太刀持ちだったんですね。
なかなか似合っていましたよ。あの固さがいいですよ。鎧着てるみたーい。
「隆乃若-石出」。本日の素晴らしき一番。
突っ張る隆乃若、フットワーク軽くよけまくる石出。
物言いの末に「同体」。(相撲甚句「マワシーズ・カスタム」より)
その取り直しの一番が、またも名勝負!!
今度はがっぷり四つで、互いに攻めまくる大一番。
1分を超えたところで、石出がようやく寄り切る!
取り直しで盛り上がって、その後の相撲でも盛り上がるなんて、滅多に無い。
VIVA大相撲!! これですよ。これが相撲ですよ。
今場所ベストバウトにノミネート。


カド番から奮起する千代大海が、今日も気迫の相撲。鬼気迫る表情。
相手は突進の岩木山。サイの岩木山。
今場所、初めて千代大海の回転早い突っ張りを見れました。
細かく的確に突っ張って、引いてバランス崩して、送り出し。完璧。
ただ、当たり所が悪かったのか、首から肩にかけて、相当痛そうでした。
少々不安は残るけど、気持ちがあれば大丈夫でしょう。
今後の千代大海に注目ー!(by.少納言)
栃東、朝青龍、若の里、琴光喜と、三役勢は盤石の相撲。全員4勝1敗。強い。
そして琴欧州のみが全勝。だけども、内容はイマイチなのかも。本人の顔も晴れない。
しかし、今日も昨日も、土俵いっぱいの残し方が上手い。上手いから引いて勝ててる。
自分の体が大きいだけに、土俵の狭さというものを把握できているんだろうな。
普天王は、若の里に敗れて3連敗。黒星先行。
でも、思い切りは良いです。あと一歩踏ん張れれば、先に攻められれば勝てるはず。
1つ勝って、再び波に乗ってもらいたいです! いけいけー!


「女系家族」を姉が割りと見ていたので、僕もちょいちょい見ていました。
今日最終回で、ちょいちょい見ていたら、「子供を認知」って話をずっとしてたのです。
ほんだら、「認知」が「うんち」に聞こえちゃって、もうどうにもならなかったのです。
みーんな、「うんち」の話してるんだぜ。すっげ雰囲気悪い中で。
バカバカしいったら無かったよ。「うんち」するだ、しないだ、何を言ってるんだよー。


来週の「電車男」最終回は、ちゃんと見ます。
最高にベタなハッピーエンドを期待します。




<どーにもならない文章のコーナー>
どーにもならない文章を書いてゆきまーす。
これは面白いぞ。


 ともあれ、スタイルのいい女子高生は、眺めてゆきたい訳です。
 微かに色気があれば、尚良し。


どうだーい。どーにもならないだろー。
ブログの醍醐味って、きっとこういう事だよね。楽しいね。
【2005/09/15 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

相撲甚句 其の拾

「土俵のプレゼント」


作詞・作曲:やく信道(審判部長)
歌唱:小暮健太郎
コーラス:なとり電機・みっつーズ、やく正道(理事長)、やく信道(審判部長)




(スミダ)
(スミダ)


ライトに輝く両国に 塩を撒いて関取が舞う
土の香り立つ九月場所 俵の彼方には何がある


一人じゃないよ 君のそばに 土俵のプレゼント
白と黒、二つの星 それが ぼくらの宝物


(G・O・T・T・U・A・N・D・E・S・U)
(スミダ)
(G・O・T・T・U・A・N・D・E・S・U)
(スミダ)


横綱敗れた大波乱 座布団飛び交う国技館
夕日ににじんだ隅田川 拍子木の奏でるシンフォニー


一人じゃないよ 君のそばに 土俵のプレゼント
白と黒、二つの星 それが ぼくらの宝物


一人じゃないよ 君のそばに 土俵のプレゼント
果てしない金色の星 それが ぼくらの宝物







「明和電機/地球のプレゼント」より。
解説は一切無しよ。ただ単に書きたかったのです。
すぐ書けた。だからすぐアップ。
【2005/09/15 04:37】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

デジマーニャ!

大相撲秋場所。4日目。
国技館へ行きましたよ! 生観戦してきましたよー!
生観戦、これが2回目。自由席がいっぱいで、今回はC席でした。
一番後ろから2列目だったのだけど、真正面に座れました。
それでも充分、迫力ある観戦ができました。国技館の設計はやはり素晴らしいっ!


3時過ぎから入って、丁度十両が始まるところでした。いいタイミング。
相変わらず把留斗がデカかったです。金髪髷、目立ってた。
相撲も、立ち合いから一気に右上手掴んで、豪快に放り投げた。
このダイナミックさ。リーチの長さ。楽しみです。
今場所の十両は、新十両の若さに期待です。どんどん駆け上って欲しい。


幕内の名勝負。
「安馬-琴ノ若」
体重差、約80kgの対決! 関取、最重量vs最軽量!
生でみたら、体一人分違ったもの。凄い画だった。
そんな体格差でも、安馬は変化せずに真っ正面から当たっていった。
しかし、琴ノ若の重さと上手さには勝てず。安馬の心意気や良し!でした。
琴ノ若関、国技館に着いた時に、丁度車で到着した所だったのです。
間近で見れたのです。デカかったよー。顔小っさかった。男前だった。
「琴奨菊-玉飛鳥」
新鋭対決。若さ溢れる相撲でした。
琴奨菊ががぶり寄って、そのまま寄り切り。いい動きしてた。跳ねてた。
「岩木山-高見盛」
ブルトーザーvsロボコップの一戦です。精彦が登場すると、相変わらずの大声援。
今回は、ブルトーザーの威力が勝ちました。ロボコップ、押し留められなかった。
だけど、高見盛はどんな相手でもガッチリ組んでいくからいいね。逃げない。
キャラだけじゃなく、相撲の取り口もステキです。今日はガックシの花道。哀愁。
「出島-普天王」
観戦したメンバー内で、一番の注目だった一戦。両方とも勝って欲しいもの。
普天王の声援がとても多かったですよ。着実に人気集めてきてる。
一方で、出島も長年のファンが多く、声援の量は五分。いい雰囲気でした。
勝負は、出島が出て出て勝ち。普天王に組ませなかった。馬力勝ち。
普天王2連勝の後に2連敗。まだまだこれからですよ。
ブログチェックしたら、きっちり分析してた。勝てますよ。
「琴欧州-垣添」
安馬-琴ノ若が体重差なら、こっちは身長差。約30cmの対決。
垣添動いたけど、琴欧州が長い腕を使いこなして勝ち。上手いんだよなあ。


魁皇が今日から休場。
しかし、残った2大関が意地を見せてくれました。
栃東は、重い雅山を突っ張り合いで制し。
千代大海は、黒海の突っ張りをかわして制した。
強い時は強いんだよなあ、大関陣は。
でも、毎場所誰か一人がカド番。我ら、大関戦隊・カドバンジャー!
僕はそんな大関達が好きです。ギリギリの状態の中、底力で立ち上がる姿が好きです。
千代大海に関しては、完全に昨日の相撲で生まれ変わった。
必死の気迫を感じたもの。カッコいい。
http://plaza.rakuten.co.jp/jonidan/diary/200508260000/
今一度、かわださんの甚句、「墨田バリバリ伝説」をご覧下さいよ。
千代大海の意地が見えてくるですよ!
そして、横綱も白鵬相手に完勝。
白鵬も何度と攻めたけど、横綱が盤石の相撲だった。強かった。
まだ前半なのに、早くもドラマが巡りまくってますよ。盛り上がれー。


20050915043218.jpg

お土産。国技館限定、大相撲キティ。
たくさん買っちゃいました。他にも、大銀杏キティと呼び出しキティがいた。
横綱キティ、行司キティ、懸賞持ちキティ。カワイイー。
今回は、ちゃんこが食べられなかったのが残念です。
もうちょっと早くに行ってれば良かったのか。僕が遅れたせいで、申し訳ないです。
また、行きたいです! いっそ、来週とかなあ。
あと、少納言ちゃんの影響で、ずっと相撲あるあると言いまくってましたよ。
ちょー下らなかった。楽しかったです!




国技館を出て、両国の飲屋街のラーメン屋へ。
餃子の大食いチャレンジをやってるお店で、TVチャンピオンのパネルがあった。
しかも、「第1回・大食い選手権」だった。10年近く前だ。
風谷さんが出てたもの。懐かしい。風谷さん、イギリスさんに似てた。
餃子食べて、油そば食べて、話に華を咲かす。
もっとたくさん、くっちゃべってたかったけど、予定があって早々に帰る。
また、土曜に話したいです。


諸々あって、帰宅。
何だかとっても眠いのです。あんま寝てないから。
いやー、しかし今日は暑かった。異常だった。
力士の皆さん、体調に気を付けて!
【2005/09/14 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

少納言たん

大相撲秋場所。3日目。
本日も見所満載でしたですっ。


普天王、3連勝はならず。
相手は連敗中のカド番大関、千代大海。
ケチョンケチョンに言われまくった後で、今日は大関の意地が見えました。
これで普天王が勝っていれば、さらに普天王の評価がグイグイ昇ったのだろうけど、
ここで千代大海が勝った事で、一気に千代大海目線になった訳です。
一番勢いに乗ってる若手を潰した、大関の意地。
絶対負けられない所で勝つ。しかも、前の取り組みでは、魁皇が惨敗していただけに。
これですよ、これ。相撲のドラマ、ここに極まりですよ。
カメラワークも、完全に大関メインだったの。魅せるねえ、NHK。
千代大海、ガンバレー。もち、普天王もガンバレー。


一方で、もう一人の大不調大関、魁皇は連敗。
明日から休場だそうです。仕方ないよなあ。もう、大関陣のケガは仕方ないよ。
魁皇は、休場してその後快勝して、の繰り返しでいいから、続けてってもらいたいよ。
黒海は今場所、引かずにガンガン押してる姿勢はいいけど、勝ちに結びついてない。
押しの威力は脅威的なんだろうけど、いなされちゃうと、どもならない。
黒海の押しの動き、すっごい豪快で大好きなんだけど。いかにも外国人関取の動きで。
あれで、一発でKO出来ちゃうくらいの命中率さえ出てくればな。
琴欧州、若の里の両関脇が3連勝。強いです。盛り上げてって下さい。
横綱は、昨日に引き続いて、横綱らしい一方的な勝ちっぷり。
八つ当たりとも見えるほど。実際、初日の鬱憤は溜まりまくってると思う。
どうあれ、初日の黒星はやっぱり重要だよ。あの1敗がどうなるのかあっ!!




先週の「ドカベンアイランド」を、アーカイブで聴きましたー。
ドカベンをちゃんと聴くのが、本当に久々でした。申し訳なく。
前半が、前半があっ!! バカ過ぎるよ!!
こんな台本を書くのもバカだけど、それを聴いて文字起こしするのは輪を掛けてバカだ!
http://plaza.rakuten.co.jp/jonidan/diary/200509130000/
発信者と受信者の、素晴らしい関係性ですよ。これぞ。
個人的には、「ピロー草子」の行が大好きです。ネーミングから全て。
相撲あるあるの、「小学校低学年の、相撲は、女の子が決勝まで残る」が、最高です。
たまんねーって、こんなの。マジで言ってて欲しいよ。女の子同士で!
台本のみならず、少納言たんの言葉のつたなさとか含めて、最高なのです。
ネットアイドルって、こういう事なんでしょうね。マジで。
面白いねぇ。カワイイよぉ。ぜし、また聴きたいですっ!
少納言たん。略して、「しょごたん」。「ご」だよ。注意!


TSUTAYAでCDを借りまくったので、聴きまくってましたよ。
「風味堂」がとっても良かったです。ノれて泣けるバンドです。今後も楽しみ。
「東京事変/教育」が思った以上に良かったです。椎名林檎単体では絶対聴かないよ。
バンドメンバーの皆さんが、もっと好き勝手にやってくれたら、もっと楽しくなりそう。
「奥田民生/comp」。下らなくて、カッコ良かった。クダッコ良かった。
DVDも見ましたよっ。
「シティボーイズ/パパ・センプリチータ」。
最高にバカでした。シティボーイズは、あの年でバカやってるのが素晴らしい。
あの年でみんな集まって、毎年バカやってるんだもの。だから面白いの。ステキです。
石野卓球のBGMが最高でした。こりゃ、サントラ買いたくなるわ。
あと、犬山犬子が凄いです。素晴らしい女優さんです。
他のここ数年のライブも見てゆこう。チョップリン出てるのが楽しみ。


明日は相撲見に行きますよー。楽しみー。
【2005/09/13 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ブログ関

大相撲秋場所。2日目。
昨日の大波乱の後で、普天王が中入りで大特集。
元から、新三役インタビューのコーナーだったのだけど、何ていい間なのか。
舞の海さんがインタビュアーで、何度もブログの話をしてたよ。
その後も、解説席でも「ブログ」って言いまくり。その図が面白いよ。NHKで「ブログ」!
でも、実際にブログ効果はあると思う。
ブログによってファンも増えただろうし、自分の相撲も再確認できているはず。
でいて、恐らく他の力士に研究されちゃうような事までは書いてないんだと思う。
その辺、冷静にズル賢くやってると思うのだよなあ。現代っ子関取だから。
で、今日の相撲は、垣添相手にまた完勝。
解説席でも、元・貴ノ浪がベタぼめ。ほんと、ずーっと誉めていたよ。
昨日だって、取り組みの後、北の富士さんが溜め息漏らしていたのですから。
あの北の富士さんが。辛辣コメンテーターの北の富士さんが、だよ。
完璧に、今場所の主役に躍り出ましたね。
期待されてる、琴欧州や白鵬が霞んじゃってるもの。化けたよー。もっと化けろー。


その他の取り組み。
3大関が全員黒星。こいつはいけません。
栃東は、ずっと攻め続けてあとちょっとの所だったのに、逆転負け。
魁皇、千代大海に至っては、ボロ負けと言っていいほど。
厳しいなあ。
ただ、結びで横綱が魅せてくれました。
負けた後で凄い相撲取ってくるのが、朝青龍の凄さ。プロ魂。
しかも相手は先場所負けた黒海。
立ち合いでの勢いで圧し返されるも、突き合い、張り合いを制して勝ち。
すんごいド突き合いだったよ。張られたら張りかえすのが、朝青龍。
ほんの数秒の相撲だったのに、凄い迫力だった。痺れた。
面白くなるねえ、この後。
あと、「高見盛-旭鷲山」戦での、両者の睨み合い。
最近、この二人はガンガン睨み合ってて、面白いのです。相撲も毎回面白い。
今回は旭鷲山が完勝。変わってからの小手投げ、全て計算通り。ズルいね。
「琴欧州-白鵬」は、琴欧州の勝ち。白鵬が調子悪そう。
まだ2日目かあ。何だか濃密ですよ。




その他、特に無し。
マックで月見バーガー食べました。
月見バーガーは、マックの中で一番美味しい。常備メニューにすりゃいいのに。
そしたら、ファーストキッチンの目玉であるベーコンエッグが、意味無くなるけど。
目玉焼きだけになっ!
コレが書きたかったみたいになっちゃっちゃ。憤慨。


あと何分、並びに、前座がほぼ聴けていない。
ドカベンも聴かなきゃ。なるべく聴いていかなきゃ。
【2005/09/12 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

相撲甚句 其の九

「雲竜の人」


作詞、作曲:草野ヤクムネ
歌唱:デピッツ




四股の踏み方で人生の意味が 解った初日(日曜日)
でもさ 君は雲竜の人だから 左手を添えるよ
ここにいるのは 優しいだけじゃなく 偉大な獣


綱はコンビニでも買えるけれど もう少し探そうよ
変なまわしに夢がはじけて たたき合って笑うよ
余計な稽古は しすぎるほどいいよ 場所が開けたら


走る 遥か この土俵(ほし)の果てまで
悪あがきでも 呼吸しながら 君を投げて行く
ごっつぁんです あえて 不戦勝(タダ)の勝ち名乗りも
汚れた足で 蹲踞するのさ
自力で見つけよう 横綱


晴れて望み通り撒いた塩が 砂かぶりに届いた
いつも ぶつかり稽古した後で 涙目 茜空
悲しい黒星は 消えないけれど もっと輝く明日!!


走る 遥か この土俵(ほし)の果てまで
恥ずかしくても まるでダメでも 「はっけよい」で行く
相四つ いつか 土ついた時には
横にいるから ふらつきながら 二人で見つけよう


横綱 横綱 横綱 君となら・・・
このまま このまま このまま 君となら・・・


走る 遥か この土俵(ほし)の果てまで
悪あがきでも 呼吸しながら 君を投げて行く
ごっつぁんです あえて 不戦勝(タダ)の勝ち名乗りも
汚れた腕で 手刀切るのさ
自力で見つけよう 横綱







「スピッツ/運命の人」より。
大相撲秋場所記念。久々の甚句更新。
今回は、韻に気を付けて作詞してみました。耳触りが変わらないように。
所々、下らない歌詞だけど、前向きでいいんじゃないでしょうか。
自力で、横綱と対戦できるように、との志し。同期の二人の物語ですね。
ライバルの構図って、いいよね。
【2005/09/12 02:34】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) |

普天王っ!!

大相撲秋場所。初日。
普天王がやってくれました!!
初日から大波乱!! 感動したよ。本当に。
録画しておいて、夜にビデオで見ました。生中継でみたかったわー。
初日でまだ感覚を掴めていなかったとしても、横綱相手に完勝。凄いこと。
まず、仕切り中の顔付きが違ったもの。集中してたし、気迫で負けていなかった。
だから、攻め込まれても徳俵で残せていたし、反撃の手も休まらなかったんだと思う。
あれだけ座布団が舞ったのも、ここ暫く見たこと無い。
初日だよ!? もうクライマックスだよ。
http://ameblo.jp/futenou/entry-10004205325.html
で、ブログもしっかり更新されています。それが素晴らしいの。
インタビューでも冷静に語っていたし、この分析力が凄いよ。だから強くなったんだよ。
「出足で足が滑ったのが、体勢が低くなれて良かった」と語っていたけど、
その辺の運の強さもあるのだと思う。先場所の2回の不戦勝も運だったし。
運と実力。この波に乗って、一気に化けちゃって欲しい。
早い話になっちゃうけど、これでもう今場所勝ち越せば関脇だし、殊勲賞も取れる。
行っちゃえ行っちゃえー。


その他の取り組みでは、魁皇、千代大海がかなり心配。
カドバンジャー、厳しいなあ。
とにもかくにも、初日からの大波乱で、今場所は大いに盛り上がりますよっ!!
相撲は凄いよ。物凄く短い時間の勝負の中に、全てが凝縮されてるもの。
だから、一瞬で興奮して、感動を受けるのです。
絶対相撲見ましょう! 深夜のダイジェストで充分ですから。




さらに、驚く情報が。
「Berryz工房、石村舞波卒業。」
ミラッキさんからメールが来て、公式サイトを見て、知りました。
Berryzたとえで、興味を持ってきた矢先のメンバー卒業。
しかも、「ムードメイカー」の石村舞波ちゃんが。
今後、どうなるんだろうなあ。今までの8人バランスが、どうなってっちゃうんだろう。
僕に出来ることは、8人の内に聴ける限りラジオを聴いて、たとえを考えることです。


投票へは、時間が無くて行けませんでした。
ごーめんちゃい。
【2005/09/11 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ディスク買いまくり

お休みなので出掛けました。
特に目的もなく、ボヤーっとしたかったので、新宿御苑に行きました。
初めていきましたよ。入園料取られるだなんてっ。200円なら払うけど。
おにぎり買って食べて、ボヤーっとしてました。うとうとん。
芝生って気持ちいい。雪駄で歩いたもんだから、ふっかふか。
帰りに新宿のスタバで抹茶フラペチーノ。
抹茶は天才。


秋葉原へ。
ヤマギワWポイントデーにて、お買い物。
CD、DVDたくさん買いました。
CDDVD.jpg

「虫王」DVD、ついに買いましたー! わーいわーい。
パッケージデザインのブサイクさがイイ味出してます。AVみたいだもん。
CDもあれこれ。ここ最近、相当CD買ったり借りたりしてるです。
「フジファブリック」はアルバムと新譜。ニューアルバムが11月発売。期待!
「DOPING PANDA」がツタヤで借りたらとっても良かったので、新譜購入。
「和製ジェロニモ&ラブゲリラエクスペリエンツ」。長い名前のバンド。
ホーン含めて10人編成。かなり楽しくって面白いです。米米クラブみたい。
しっかり、ブラスバンドをやってるのが楽しかったです。楽器吹きたくなるわ。
「Oi-SKALL MATE」はスカのバンド。スカはいいね。
合計金額、2万ちょいでした。買ったわー。たったらー。


その後、ジョナサンにて話し合い。
面白くなっていけばいいな。


帰宅。
「やりすぎコージー」で、井上さんのギャグにひっくり返った。
「パラシュート」最高!! どうなんのか、ドキドキしたよ。
そして、大橋アナが今週もおキレイでした。
大橋さんは凄いよ。カワイイし、色気もあるもの。
フジで言うとこの、アヤパンと内キョンを両方兼ね備えてる訳ですよ。
訳ですよ。


明日から、大相撲秋場所開催!
普天王は初日から横綱戦! ガンバレー! やったれー!
今場所は十両も注目です。新十両が5人も居ます。
特に注目が、エストニア出身の把留斗(バルト)。
初の金髪関取ですよ! ガタイもデカいし、楽しみ。
相撲甚句で相撲に興味を持った皆さん、是非とも実際に相撲中継見ましょう!
難しいこと抜きに、いい相撲を見れば、絶対楽しめますから。
【2005/09/10 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ひさびさ焼きそば

特に出来事無し。


久々に、焼きそばを作りました。
味付けに、ソースと少しカレー粉を入れてみました。カレー風味焼きそばです。
カレーの辛さで、野菜の甘みが引き出されて、とっても美味しかったです!


あとは、ようやく「リリアとトレイズ」を読み始めました。
面白いです。セリフのやりとりがすっごく好き。
口調とか、間とかが聞こえてくる。
文字だけで、いっくらでも楽しめる。


アニメ「ハチクロ」が、いよいよ終盤。
でも、スピッツかからないなあ。来週に期待。
【2005/09/09 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

[Berryz工房たとえ]から生じるイメージの考察・その2

さてこの度は、「HERO'Sミドル級トーナメント」ベスト8の選手を、
「どうぶつGP・ライト級トーナメント」ベスト8メンバーでたとえてみました。
以下の通りです。


須藤元気 ・・・クズリ
宮田和幸 ・・・ニホンザル
レミギウス・・・シャモ
高谷裕之 ・・・紀州犬
山本KID・・・タスマニアデビル
ホイラー ・・・ヤマアラシ
宇野薫  ・・・オオヤマネコ
所英男  ・・・アライグマ


<ひとこと理由>
・須藤元気=クズリ
 ・・・闘い慣れの強さ。自分より遥かに大きい相手を倒す。vsバタービーンの如く。
・宮田和幸=ニホンザル
 ・・・身体能力の高さ。爆発した姿を見てみたいという、怖いもの見たさ。
・レミギウス=シャモ
 ・・・見た目以上の殺傷能力。勢い付いたら止まらない。外見のシャープさも似てる。
・高谷裕之=紀州犬
 ・・・熱さ、凶暴さ。日本の意地を相当持っているはず。
・山本KID=タスマニアデビル
 ・・・「神の子」と「豪州の悪魔」。バッシリとイメージが繋がった。
・ホイラー=ヤマアラシ
 ・・・相手に近寄らせない。攻撃範囲に入ったら、あっと言う間に全身にダメージ。
・宇野薫=オオヤマネコ
 ・・・大物。パイオニア。寝ても立っても。キッチリ勝利を収める。
・所英男=アライグマ
 ・・・アグレッシブ。度胸が座ってる。見た目の愛らしさも、けだし。




当然、試合結果を知った上でのたとえですが、なるべく直感で当てはめてゆきました。
すると、「どうぶつGP・ライト級トーナメント」においても、
決勝は「クズリvsタスマニアデビル」になるのですよ。「元気vsKID」なのですよ。
一人でかなりハシャいじゃった。理に叶っているのですよ。




で、更に。
これを、先の[Berryz工房たとえ]~HERO'Sミドル級~ と兼ね合わせて、
[Berryz工房たとえ]~どうぶつGPライト級~ に変換すると、以下のようになります。


清水佐紀 ・・・シャモ
嗣永桃子 ・・・紀州犬
徳永千奈美・・・アライグマ
須藤茉麻 ・・・ニホンザル
夏焼雅  ・・・オオヤマネコ
石村舞波 ・・・ヤマアラシ
熊井友理奈・・・クズリ
菅谷梨沙子・・・タスマニアデビル


ビタッとくるのですよ。
これぞまさに、「たとえ同士を並列化しても成立する」という、
Berryz工房たとえの面白さが、如実に現れたと思います。
因みに、以前なされた、ミラッキさんによるたとえと比較すると、
「徳永千奈美=アライグマ」、「石村舞波=ヤマアラシ」が一致。
http://mirakki.at.infoseek.co.jp/berryz_kobo_tatoe.html
先日のHERO'Sたとえでは、「夏焼雅=宇野」、「菅谷梨沙子=KID」が一致。
一致したら凄いと思ったけど、意外と食い違った結果が、むしろ面白いと思ったのです。
この食い違いは、格闘観、動物観、Berryz観の相違なのでしょう。
さらに、ミラッキさんのたとえで、HERO'Sと動物を組み合わせてみました。
こうなりました。


須藤元気 ・・・カミツキガメ
宮田和幸 ・・・アライグマ
レミギウス・・・紀州犬
高谷裕之 ・・・コヨーテ
山本KID・・・レア
ホイラー ・・・タスマニアデビル
宇野薫  ・・・ウンピョウ
所英男  ・・・ヤマアラシ


ミラッキ:「高谷=コヨーテ」、「宇野=ウンピョウ」。
お手て:「高谷=紀州犬」、「宇野=オオヤマネコ」。
イヌ科、ネコ科という点で一致!
これは凄いよ。ビックリしたよ。
更に、ミラッキさんのたとえ理由に注目。
http://d.hatena.ne.jp/mirakki/20050907#p1
各選手の特徴を、動物に置き換えると、かなり言い得てるのです。
ミラッキさんの動物たとえは、今現在僕が持ってるデータと違うし、
「ベスト8メンバー」という括りでもなかったので、相違が出るのは仕方ないのです。
でも、現時点で、格闘観と動物観は、かなり同じ目線で捉えてるって事です。
となると、僕のBerryz観の問題なのだろうなあ。
いやー、だってさ。なんやかんや言って、Berryz工房をほぼ知らない訳だかんさ。
それ言っちゃ終いなのですが、にしても、ここまで一致してくるのは凄いと思う。
これ、何らかの形で、物凄い現象に転換できるって。
未だかつて、この世に存在しなかった現象が、起きようとしている訳なのですよ!


あ、因みに、今度の「PRIDE武士道・ライト級トーナメント」の選手は、
「どうぶつGP・ミドル級」と、見事にバッツリくるのです。
それも、追って載せてゆきます。
【2005/09/09 04:03】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) |

ひさびさチャハーン

特に出来事無し。


久々にチャーハンを作った。
とっても美味しかったです!!


以上。
【2005/09/08 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

[Berryz工房たとえ]~HERO'Sミドル級王者決定戦~

本日開催された、「HERO'Sミドル級トーナメント」。
僕は放送中は出先で、帰宅してからビデオで見ました。
しかし、その放送中の時間に、ミラッキさんからBerryz工房たとえのメールが来ました。
そこで、直ぐさま僕もたとえをしてみたのです。勿論、試合結果は知らない状態です。
以下が僕のたとえです。


清水佐紀 ・・・レミギウス・モリカビュチス
嗣永桃子 ・・・高谷裕之
徳永千奈美・・・所英男
須藤茉麻 ・・・宮田和幸
夏焼雅  ・・・宇野薫
石村舞波 ・・・ホイラー・グレイシー
熊井友理奈・・・須藤元気
菅谷梨沙子・・・山本“KID”徳郁


<決めた順番>
①嗣永桃子 ・・・高谷裕之
②徳永千奈美・・・所英男
③菅谷梨沙子・・・山本“KID”徳郁
④夏焼雅  ・・・宇野薫
⑤石村舞波 ・・・ホイラー・グレイシー
⑥熊井友理奈・・・須藤元気
⑦清水佐紀 ・・・レミギウス・モリカビュチス
⑧須藤茉麻 ・・・宮田和幸


<ひとこと理由>
①アグレッシブ、切れ味の鋭さ、ケンカファイト。参加選手一の根性。
②意外性。試合の波を見事に乗りこなす。参加選手一のルックス。
③神の子。まだまだ底の見えない子供。参加選手一のヤンチャっぷり。
④隙無し。今大会では、若干ヒール寄りに見えた。参加選手一の実績。
⑤固い、強い。固いけど強い。強いから固い。参加選手一の奥深さ。
⑥魅せつつも冷静。トリックは全て計画通り。参加選手一のクレバーさ。
⑦昇り調子、将来性。自らこじ開けて勝ちを獲る。参加選手一の
⑧常識外れの肉体と潜在能力。一発弾けたら時の怖さ。参加選手一の威圧感。




ほぼ直感で、ポンポンと当てはめていったのですが、自分では言い当ててると思った。
しかしながら、ミラッキさんのたとえとは、かなり相違が見られました。
http://d.hatena.ne.jp/mirakki/20050907#p1
この差が、非常に興味深いのです。これはこれでズバリ言い得てる。
Berryz工房の対戦戦績と、今回のHERO'Sの結果。
僕も、追々比較検討してみたいと思います。
【2005/09/08 05:07】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ドッキドキ!神木クン生着替え!

台風接近でドキワクしていたけど、意外と大した事なかった。
多少は雨風あったけど、降ったり止んだりだったので、出掛けるタイミングが重要だった。
あんま、いいタイミング掴めませんでした。
夕方に新宿で映画見て、終わったらすっきりした空。
ちょっぴしガッカリ。




「妖怪大戦争」を見ました。終わっちゃう寸前に見ました。
最っっっ高!に、下らない映画でした。素晴らしかった。
これぞ、娯楽映画。真面目に考えて見る映画なんて、プッスクプーだね。
ヒロイズムと、エロスと、悪ノリ。ホラーなんで微塵もなかった。
ジャパニーズホラーだなんて、ウンチ喰らえだね。
意味無く、下らないシーンや演技が多過ぎる。ずっと笑ってしまった。ズルい。
どんだけ、作家陣が悪ノリして口挟んできてたんだろう。荒俣&京極、ズルい。
凄いなあと思ったのは、神木くんの演技。演技というか、キャラクター。
カワイイんだもん!! ズルいほどカワイかったよ。
女妖怪の色っぽさよりも、神木くんのショタコンっぷりの方が勝ってた。
母性本能くすぐられまくり。ショタ好き女性は堪らんかったでしょうね。
彼、凄いわ。天才だわ。ちゃんと自分が可愛いと分かっていてやってるわ。だから凄い。
だって、小6か中1くらいで、あそこまでカワイイ喋りできないもん。ズルい。
で、さんざ下らないことやって、オチで水木サンが全部持ってっちゃうんだもん。
勝てないよー。そんなもん。何度見ても面白いよー。
つまり、全体的に、とってもズルい映画でした。
お金さんざ使って、ズルいことばっかやってる。でも、映画ってそういうもんだよね。
100点です。これに勝てるエンターテイメントなんて、
スペースチャンネル5かプロレスくらいしかないんじゃないかな。
面白かったです!




夜に会議。
星空が綺麗な中、帰る。




「HERO'S」をビデオで観戦。
どの試合も面白かった。やはり、素晴らしいマッチメイクだった。
所さん、負けちゃったけど、一番面白い試合をしてたと思う。何度も見たい。
須藤元気は、確実に勝ちを取りにいってた。
派手なトリックではなく、技術を見せつけるトリックを披露。
イリュージョンではなく、テーブルマジックみたいな。
決勝は、「元気vsKID」こいつぁ面白いよ!
総合格闘技と、K-1と、両方見たい!!




TSUTAYAで、半額クーポン+半額デーで、CD・DVDが1枚85円。
大量に借りてしまいました。22枚とか。
でも、2千円ちょい。CD1枚にも満たない。ツタヤ万歳!
CDはネットウォークマンに落としまくります。
DVDは、おぎやはぎに続いて、お笑いを見ます。1年振りに、お笑い見てゆきます。
イッセー尾形と、シティボーイズ。渋っ。
【2005/09/07 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

メモメモン

昼食。
御徒町にできたラーメン街から、「六角家」。
美味しかったですよ。


アメ横で服見て、ベローチェでコーヒー飲み。
また、和柄Tシャツが欲しいのです。長袖Tが。
長袖Tの季節がやってくるのだもの。


家帰って、夕食にカジキのフライ。
お家で揚げたそうで、かなり旨かった。お家のフライが一番。


「HERO'S」が明日。面白すぎるトーナメントですっ。
 須藤元気vsレミギウス
 山本KIDvs所英男
そんでもって、
 須藤元気vs所英男
で、大晦日に見たい。トコロさんガンバ!
でも、宇野かKIDなのかなあ。ホイラーでも面白いしなあ。
なー。


おぎやはぎのDVD「JACK POT」を借りていたので、見る。
おぎやはぎの空気は素晴らしいです。あの二人だから出せる空気。
ネタは、「地球儀の選び方」が大好きです。
だって、そりゃ回すしかないもの。地球儀は回すのが一番面白いもの。
「地球儀がすっごい勢いで回るから面白い」だなんて、何てシンプルな笑いなのだろう。
あとは、ドランクドラゴンの鈴木さんは、やはり天才だと思います。
改めて、確信しました。


いろいろ記してあるメモが出てきたよ。
多分、2、3週間前に書いたんだと思われます。すっかり忘れてる。
折角だから、発表しまーす。


・全く持って、今更言うこっちゃないんだけど、SMAPの新曲ってアレか。
 あんなもん、アルバムの4曲目だ。


・グッドウィルCMに出てくるバイト女は、体付きがエロ過ぎる訳ですよ。


・H.I.SのCMは、夏木マリだから、絶妙だった訳でね。


・めんどくせえ。あと、「ねんどくせえ」。小学生の手って、粘土臭え。


・タッパウェア・オン・ザ・シルクロード。


最後に関しては、全く意味が分かりません。困ります。
そうか。ブログって、こういう事を、思いついたら即書ける場所なのか。
目からウロコ。
【2005/09/06 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

[Berryz工房たとえ]~「ハチミツとクローバー」登場人物~

清水佐紀 ・・・竹本祐太
嗣永桃子 ・・・真山巧
徳永千奈美・・・花本はぐみ
須藤茉麻 ・・・山田あゆみ
夏焼雅  ・・・野宮匠
石村舞波 ・・・花本修司
熊井友理奈・・・原田理花
菅谷梨沙子・・・森田忍


<決めた順番>
①清水佐紀 ・・・竹本祐太
②菅谷梨沙子・・・森田忍
③熊井友理奈・・・原田理花
④夏焼雅  ・・・野宮匠
⑤嗣永桃子 ・・・真山巧
⑥徳永千奈美・・・花本はぐみ
⑦須藤茉麻 ・・・山田あゆみ
⑧石村舞波 ・・・花本修司


<ひとこと理由+ビシッとくる他のたとえ>
①青春。前へ進むしかないという、強さ。「恋のうた」
②年上なのに、子供。Berryz工房、最年少故に。「ボーさん(POARO周りで最年長)」
③自虐的な生き方と、艶っぽさ。「南海キャンディーズ」
④ズルいほどカッコイイ。というか、ズルい。「魔裟斗」
⑤クールにいきたくても、熱さがついつい顔を出す。「ブチハイエナ」
⑥意外性、まさに。見た目以上のパワーゲージ。「ハリセンボンブ」
⑦綺麗なのに不器用。思い通りにいかない。「魚立琴」
⑧名脇役。哀愁と安心感。「君はエプロン僕はパンタロン」




参考データ。
http://mirakki.at.infoseek.co.jp/berryz_kobo_tatoe.html


自分なりの考察を踏まえた上で、たとえに挑戦してみました。
集団に置ける人格構成の際に当てはめやすかった、学園ドラマの中から、
「ハチミツとクローバー」で、たとえてみました。
いかがでしょ?
【2005/09/06 03:06】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

カレーナンマン

昼食にカレーを食べた。
アメ横の「クラウン」で、チーズカレー。美味しかった。
夜、家帰ったら、夕食がカレーとナン。
ぬぬぬー。美味しかったけどね。


「あと何分」
大変下らなかったですね。どーにもならねー。
BBSの「特攻野郎Aチーム」が、腹抱えて笑いました。ここ最近で一番面白かった。
ブログは、先週からずーっと沸点を超えちゃってる。
本出しましょうよ。出せるよ。


また暫く、Berryz工房たとえを考える。
こいつは、一度は入り込んだら、とんでもなく奥深い遊びですよ。
いっくらでもズブズブと入り込めちゃうもの。ゴールが無い。
自分の中で「置き換えてイメージする」遊びって、凄く楽しい。
意外と、そういう思考を持ってない人って、多いのかも知れませんね。
だから、思った以上の反応がないのかも。


深夜番組をあれこれ見るも、イマイチ。
まあいいか。
「PRIDE」をまた見て、寝る。
【2005/09/05 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

[Berryz工房たとえ]から生じるイメージの考察

http://mirakki.at.infoseek.co.jp/berryz_kobo_tatoe.html
http://plaza.rakuten.co.jp/jonidan/diary/200509040001/
ミラッキさんによる、「Berryz工房たとえ」の総括。
そして、かわださんによる独自の分析。
それら踏まえた上で、さらに僕の視点で、人物像を簡潔な言葉で表現してみました。
すると、その言葉から、それぞれのポジションが導き出されてきました。
で、折角なので、学園ドラマ的な役柄を割り振ってみました。
どうぞ。




清水佐紀
【スター性、芯のある強さ、明るく前向き】
役柄としては、主人公。


嗣永桃子
【攻撃的、己のルールを曲げない、野性味】
役柄は、主人公の親友(男前)。


徳永千奈美
【意外性、いかなる状況でも沸かせる、愛らしさ】
役柄は、ヒロイン。


須藤茉麻
【常識外、無意識の計算力、騒がしいけど憎めない】
役柄は、ヒロインの友達。


夏焼雅
【隙が無い、輝きの裏の努力、ヒールでありヒーロー】
役柄は、主人公のライバル(不良)。


石村舞波
【実力者、普段は地味だけど時に大爆発、ムードメイカー】
役柄は、主人公の親友(ちょっと太っちょ)。


熊井友理奈
【天才、冷静さと上手さ、影の主役】
役柄は、主人公の先輩。


菅谷梨沙子
【予測不能、ノリが全て、子供っぽさ】
役柄は、主人公の妹か弟。





いや。で、どうって事は、勿論何も無いんだけど。
これをPOARO周りたとえに当てはめると、相当面白いのですよ。
見たいもの。そのドラマ。
イメージ元となったのは、主にダウンタウン関係、格闘関係、明和関係、動物関係です。
でも、結果が出た上で一番ビシっとくるのが、「学園祭のバンドたとえ」。
まさに!なのです。で、学園ドラマたとえに結びつけてみたの。
いやしかし、ロクすっぽ見も知りもしない人物を、
例え話だけでここまでイメージできて、結構言い当てられるのって、凄い事だと思うの。
どんなに言葉で説明されても、ここまでイメージは湧かないもの。
どこか、何かに行き着けるんじゃないかな、この遊び。
本出せるよ。
【2005/09/05 02:14】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

雨の切れ間

ちょっと待て、博士!
「冷や汁マン」って、考えようによっちゃ、エロスでねえか!
伝わるかなあ? 今、相当ゲラゲラ笑いながら書いてるんだけど。
補足ナッシン!


昼間、とんでもない土砂降りでビックリした。
あれは、東京の雨じゃなかったよ。熱帯の雨だ。
どバシャー!と降って、一気にやんで、またどバシャー!を繰り返してた。
そこら中の屋上で、でっかいバケツ持った人達が頑張ってるのかと思うほど。
冗談じゃなく、雨の切れ間を見たよ。カーテンみたいに横切った。
雲の流れが、相当速かったんだろうな。凄いものを見た。


「NUMBER増刊号」で、先のPRIDE特集。買いました。
ヘビー級タイトルマッチの記事を、あちらこちらで読んだ後で、
改めて試合を見ると、成る程と思った。ヒョードル、すごいや、と。
1R開始早々の、ミルコのミドルをヒザでガードするヒョードル。
確かに、あの直後、ミルコが左足の調子を窺うような動きをしていた。
攻撃も防御も試合プランも、全て作戦通りにやってる様にしか見えない。
ヒョードル様には敵わねえのか。


夜中、チャットでBerryz工房談議。
大白熱!! いっぱい色んなモノが見えましたよ。凄かったや。
僕が独自に導き出した考察をアップしてみました。
如何でしょう。ファンの人の反応を、是非とも聞いてみたいけどなあ。
【2005/09/04 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

天才!冷や汁マン

上野。
国立博物館にて、「遣唐使と唐の美術」展。
期待しては割りには、ちょっとイマイチ。
―遠き唐の地で無くなった青年遣唐使の墓誌が、時を経て日本に戻ってきた。―
という物語は、すっごく心惹かれるのだけど、展示内容はちょっと分かりにくかった。
夏場の美術展巡りは、これにて終了。
「縄文vs弥生」を見れなかったのが、ちょっと後悔。


新宿へ。
宮崎アンテナショップで、冷や汁定食。
冷や汁。やっぱ、天才的に旨いですよ。


タワレコなり、HMVなり、見て回る。
気になるCDがたくさんあった。スカ系がとっても気になる。
ヤマギワWポイントデーに、大量に買い集めようかしら。
その前に、TSUTAYAで借りれるもんは借りちゃおう。


キハチでおやつ。牛乳&黒ゴマソフト。
黒ゴマは旨い。黒ゴマスイーツブームを、もっともっと起こして下さいよ。


夕飯に、またも宮崎アンテナで地鶏カレー。
だって、せいぜい550円だぜ。毎日通いたいわ。
カレーも旨かったよ。


サイゼリヤにて、捻り出し。
4時間、あーでもこーでもと、いろいろ生み出そうとしてました。
結果、かなり下らない事が出てきた。形も見えた。
まとめていこう。頑張ろう。


帰宅。
「やりすぎコージー」見たり。その他諸々。
すっごく眠いのに、ずっと起きちゃった。
ぐったりバタン。
【2005/09/03 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

エピビラフ

暑くて目が覚めた。いつもより、1時間も早くに覚めた。
そのまま二度寝しちゃっても良かったけど、勿体ないので起きた。
出掛ける前にファミマへ行って、キム弁当を買おうとするも、エビピラフしかなかった。
もう、キャンペーン終わっちゃうのかな。
エビピラフをまた食べました。美味しかったです。


出来事は特に無し。
「格闘技通信」を読んだ。PRIDEGP特集。
もっかいビデオ見返したら、火曜日分の日記で感想書きます。
そうそう、「紙プロ」での、須藤元気のインタビューが面白かった。
須藤元気は、美濃輪育久にジェラシー感じてるんだって! ステキっ!
そういや、僕も前に武士道を見た時に、
「美濃輪育久は須藤元気を超えているかもしれない」って、書いていたのです。
まさにだよ。本人も思っていたのですよ。是非、両者で対談をしてもらいたい。
さらにさらに、「大相撲中継」も読んでおりますよ。勿論ね。
普天王のページ最高だよぉ!
趣味を聞かれて、「ブログが有名になったので、やはりインターネット」だと。
しかも、「2ちゃんねるの普天王スレも読んでます」だって!! 最っっっ高!!
小結が2ちゃん見てんじゃねーって!
NHKの雑誌に、「2ちゃん」って書かせるなって!
面白いわ、普天王。大好きだよ!


夕食。
父と二人だけだったので、近所に外食。
今まで行ったことのない店に入りました。定食屋みたいな、居酒屋みたいなとこ。
結構美味しかったのです。アジフライと、鯖味噌定食と。ビールも飲んだ。


「PRIDEリバイバル」。「24.」の試合を幾つか。
アリスター・オーフレイムが初登場。
グラウンドの捌き方が、すっごく上手い。ヒザも強烈。強いよ。
ハンマーも、カッコイイと思う。GPの煽りでは、さんざチャカされてたけど。


チャットで、Berryzたとえ談議。
http://plaza.rakuten.co.jp/jonidan/diary/200509020001/
キャリバーたとえ。
これはいいですよ。楽しめる人が、どんだけいるのか知らんけど。
過去の格闘家たとえと比較して見てみると、大変面白い。
グッドリッジでハントで、ソフィーティアとか。見事。
案外、パワフルな攻撃してくるからね、あのお嬢さん。こえーこえー。
あー、キャリバー3って、いつ出るのだろか。


で、ゲームサイトを久々に見ていたら。
「ICO」製作チームの新作が、いよいよ発売になるってーじゃないですか!
http://www.playstation.jp/scej/title/wander/
ちょー楽しみ! ゲーム内容も、ICOと同じシステムみたいだし。
近頃、全くゲームやってないので、他にも何か見つけようと思います。
アキバに全然行かなくなったからなあ。


体動かして、寝る。
暑いよ、今宵は。
【2005/09/02 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

つまみだだ茶豆

昼食に、ファミマのキム弁当食べました。
エビピラフ。結構美味しかった。デミグラ&粉チーズ効果で、高級な味がした。
ピラフはお家でも作れるので、是非試してみたい。


夕食。
だだ茶豆があったので、ビール飲んじゃった。
豚とちんげん菜炒め、納豆、韓国海苔などで、ご飯パクパク。
ビール飲んだので、案の定グデン。


「電車男」見ましたよ。初回以来に見ました。
すっごい面白いじゃないの!! なんだよー。ずっと見続けてりゃよかった。
「オタク青年と天然お嬢様の恋模様」っていうお題としては、完璧に描いてるじゃない。
僕が大好きな、正しきベタなラブコメが為されていて、大変楽しめたのです。
ベタなのが一番面白い。「いちご100%」くらい笑えた。
オタク役の役者さんたちも、完全に悪ノリで演じてる。楽しいんだろうなー。
あ、なすびさんが出てた。
で、エンディングでサンボマスター。完璧じゃん。見事ですよ。(談志)
「あんなの、本当のオタクじゃない!」とか、言うなよ。そんなん求めようとしてない。
何事も、デフォルメが一番。キャラクター化してナンボ。フィクション万歳。
面白くないオタクは、現実に山ほど居るから、わざわざ演じる必要がねえから。
ふと、オタク女を受け入れづらいのは、女芸人を受け入れづらいのと、
同じ感覚だと気付いた。ふとふと。
けれん味感じちゃうと、もうダメな訳か。


寝て、起きて、体動かして、寝る。
あ、「ハチクロ」見た。
森田さんと山田さんの関係って、すごくいい。
あれぞ、男女間の友情だ。
【2005/09/01 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

PROFILE

お手てつないで
  • Author:お手てつないで
  • 日記です。
    どーでもいい日々のどーでもいい物事をどーでもよく綴ります。
    しかし、パンダは可愛いですよね。
  • RSS
  • 08 | 2005/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。