新・恋のはじまり日記
お気に入りの女性タレントランキング(09/05/20付)1位:大江麻理子(→)、2位:安めぐみ(→)、3位:長尾麻由(初)、4位:安田美沙子(↑)、5位:大橋美歩(↓)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

相撲甚句 其の四十六

「横綱のすべて」


歌:チヨノフジファブリック
詞、曲:小暮正彦




騒動のピークが去った コメンテーターがテレビで言ってた
それでもいまだに両国(街)は 落ち着かないような 気がしている


国技館の歓声が 今日はなんだか胸に響いて
「優勝」なんて便利な目標でぼんやりさせて


最後の相撲に今場所もなったな
謹慎中のこと思い出してしまうな


勝つかな 勝つよな きっとね 勝てるよな
勝ったら言えるかな まぶた閉じて浮かべているよ


相撲の約束を知って それなりになって また戻って


電光の明かりがまた 一つ点いて 帰りを急ぐよ
途切れた星の続きをとり戻したくなって


最後の相撲に今場所もなったな
謹慎中のこと思い出してしまうな


勝つかな 勝つよな きっとね 勝てるよな
勝ったら言えるかな まぶた閉じて浮かべているよ


土着いたまま 僕はそっと歩き出して


最後の相撲に今場所もなったな
謹慎中のこと思い出してしまうな


勝つかな 勝つよな なんてね 思ってた
まいったな まいったな 話すことに迷うな


最後の最後の相撲が終わったな
僕らは変わるかな 同じ土俵を見上げているよ







「フジファブリック/若者のすべて」より。
大相撲初場所、横綱相星決戦記念甚句です。
朝青龍は、何を思い、初場所15日間の相撲を取り切ったのだろうか。


【勝つかな 勝つよな きっとね 勝てるよな
 勝ったら言えるかな まぶた閉じて浮かべているよ】


【勝つかな 勝つよな なんてね 思ってた
 まいったな まいったな 話すことに迷うな】


もし、朝青龍が優勝していたら、
優勝インタビューで、どんなことを言うつもりだったのか。
結果、優勝できずに、記者からの質問に対し、何を思っていたのか。
勝負って、人間の心の揺れ動きだと思うんです。
それを想像することが、勝負の醍醐味だと思うんです。


この歌、朝青龍の心情だけではないのです。
裏を返せば、白鵬の心情でもあるのです。
【土着いたまま 僕はそっと歩き出して】
「土着いたまま 君はそっと歩き出して」
「僕」を「君」に入れ替えたら、白鵬目線になるのです。
白鵬は何を思い、初場所15日間の相撲を取り切ったのだろうか。


【僕らは変わるかな 同じ土俵を見上げているよ】
二人の横綱。
だからこそ、「横綱のすべて」なのです。
どっちが横綱として相応しいだとか?そんなこと知ったこっちゃないんだよ。
これからは、“二人横綱”の時代なんだよ。
スポンサーサイト
【2008/01/30 02:57】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

日本の冬は厳しい

この寒さで生脚って、
女子高生の脚は、一体どうなってるんだよ!
ここ数日の思考内容、及び近況報告です。


・その1
大相撲初場所、千秋楽。
「白鵬・朝青龍」。横綱決戦。優勝決戦。
もう、余計な言葉は必要ありませんでした。
仕切りの際の緊張感、場内の熱気、画面から伝わるとはまさにこれ。
実況のアナウンサーも言葉が無かった。言葉は必要ないもの。
まわし取り合って、がっぷり四つからの迫力は、ありゃなんだ!
引きつけ合いから両者一歩も動かず、ズザザザ!と動いて行く様。
二人とも、土俵から浮いちゃってるんじゃないかなと思った。
力と力がぶつかり合って、超伝導みたいになってるんじゃないかと。
ビリッビリきました。
朝青龍が吊ろうとして、白鵬が堪えて、投げ飛ばした瞬間、
なるほどなぁ、と。そうなったかぁ、と思いました。
それは、相撲の内容も含め、これまでの経緯も含め、
そういう結果になったかぁと。
白鵬、優勝おめでとうございます。


・その2
その他、千秋楽までの相撲。

13日目、「朝青龍・琴光喜」。
もう、琴光喜に善戦はいらない。
でも、善戦で終わってしまう朝青龍の強さ。
体ごと土俵下に投げ落ちて姿は、一種のカタルシスすら感じました。
同じく、「白鵬・魁皇」。
今場所は朝青龍を意識しまくっていたと、明言した白鵬。
直前で朝青龍が凄い相撲をした日は、
間違いなく、白鵬はそれを上回ろうと思っていたはず。
今場所、結びの白鵬は強かったと思う。
大関の不甲斐なさばかり叫ばれた今場所。
でも、この2番を見る限りは、大関に力がないなんて思えなかったです。


14日目、「朝赤龍・安馬」。
朝赤龍の足取りに驚愕。あんな相撲初めて見た。
安馬が変わり気味に左上手でまわしを取りに来たところを、
まるで完全に計算していたかのような足取り。
相撲を超えていました。レスリングか総合の試合みたいだった。
負けず嫌い安馬よ、何を思う。来場所の朝赤龍・安馬に、また期待。


・その3
稀勢の里、安馬、豪風、鶴竜。
三賞力士が面白いメンツでした。来場所も楽しみです。
琴奨菊、休み挟んで立派な成績残しましたね。
豪栄道跳ね返されましたね。把瑠都もアカンかったなあ。
豊真将、11敗とは。あの強い豊真将の足腰は、一体どこへ。
市原もうちょっと活躍するかと思った。堅実過ぎた印象。
普天王、勝ち越しから5連敗。伸びろー!
高見盛、7勝7敗で千秋楽を迎えるの何度目なんだろうか。
天才だとしか思えない。
十両優勝、栃ノ心。
新十両で優勝。今後が楽しみです。
何より太股が凄い。太股だけの体みたい。全身太股人間。
幕下20枚目・大翔勇真亜敏(まあびん)は3勝4敗でした。
来場所も頑張れー。みんな頑張れー。
力士を応援する声こそ、相撲の全てなのです。
批判も評論も関係ありゃしねえのです。
批評記事を読む暇があったら、相撲をビデオで100万回見てりゃいいんです。


・その4
最近買ったCD。
「奥田民生/Fantastic OT9」
当然のように、今回も良かったです。
円熟とはまさにこれ。円熟というか、熟成というか、「熟」。
どこ食っても旨い。どこ切っても身詰まってる。カニみたいな。
「イナビカリ」、「3人はもりあがる(JとGとA)」、「鈴の雨」、「無限の風」、
いいです。


「サンボマスター/音楽の子供はみな歌う」
もう、4枚目のアルバムなんだなあ。
「サンボマスター」というインパクトから、
どんどん、「サンボマスター」というものの完成型へ向かってる感じ。
冗談抜きに、照れ無しに、“美しい”と言えます。
「光のロック」、「少年エレクトリック」、「ひかりとしずく」、「青春のベル鳴りっぱなし」、
いいです。


「フジファブリック/TEENAGER」
タイトルの通り、若々しい、躍動感溢れる楽曲です。
今までの、暗くて発狂気味は印象は成りを潜めて、とても前向きです。
そんな中で、妖怪みたいな曲もやっぱり好きです。
「記念写真」、「若者のすべて」、「Chocolate Panic」、「TEENAGER」、
いいです。


・その5
上野動物園に行きました。
科学博物館にも行きました。
両方、年パス持っているので、お金使ってません。
動物園では、オウサマペンギンのヒナがめっちゃデカなってました。
親と同じくらいの大きさになってました。
そろそろ羽の生え替わりが見れるかもしれません。
ツキノワグマが今年も冬眠を始めてました。
エゾヒグマがシャケ食ってました。かなりの迫力でした。
ホッキョクグマがグッタリと寝てました。
寝ているホッキョクグマを見たのは初めて。写真撮りました。
寝シロクマ

科博では、ロボット博が今日最終日だったんで、長蛇の列ができてました。
アロサウルスの全身骨格を見てきました。
カッチョ良かったです。化石はやっぱり全身じゃなきゃ。
レプリカじゃなく、モノホンの化石なので、色合いが違います。
バックショットが特にカッチョ良かったです。
ジェットコースターのレールみたい。
アロサウルス

360°シアターも見てきました。ココだけで充分金取れると思います。
みんなも年パス買って、上野を満喫しよー。


・その6
「アパマンショップ」のCMでの、ナース服の上戸彩が、いいですね。
ナース服って、やっぱいいいですねえ。
なんやかんや言っても、ナース服はいいのですっ。


・その7
最近のバラエティ番組事情。


「アメトーーク・ホリケンをほっとけない芸人」
来ましたねえ。いやー笑った笑った。
「トーク?トゥーク?」の行が最高でした。テレビ史上に残ると思います。


「アメトーーク・男はつらいよ芸人」
単純に、すごくいい内容でした。
寅さんって、やっぱり面白いのです。ベタが一番なのです。


「くりぃむナントカ・一発屋ツアー」
ナントカといい、アメトーークといい、
「一発屋を改めて検証する」という趣旨は、テレ朝の発明だと思います。
“業界視聴率”みたいな言葉を使われるのは、何か抵抗あるけど、
“テレビ業界を題材に遊ぶ”っていう流れは、やはり興味深いです。
そして、サンドウィッチマンがいよいよ荒波に揉まれ出した。
ブラマヨがナントカの中で自身のポジションを見つけ出したように、
サンドウィッチマンも切り開いてってほしいです。
「N-1グランプリ」見たいなあ。揉まれてほしいなあ。


・その8
「あと何分あるの」
先週の「突然矢野さん」といい、今週の「猥談のコーナー」といい、
またも異様な熱が沸いちゃってますね。
ポアロが見せる、理由無く始めちゃったことを、どんどん形作る作業は、
言わばJAZZだと思う。悪ノリトークと言う名の「JAZZ」。
死ぬほど笑った。そりゃ速攻でメールも送ります。悔しいもの。
「お江戸ポルノ」もいい感じですね。やはり、ポルノいいですねぇ。
たらんりゅーさんの「夜の葛飾FM」しかり、
イギリスさんの「フレンチポルノ」しかり、
全体的に反応が凄いというか、とにかくヤバイ熱がありました。
そういや、言ってた矢先に「やりすぎコージー」に矢野さんが出てました。
めちゃめちゃ面白かったです。
兵動さんのみならず、矢野さんも近い内にキますよ。
あ、大喜利定期考査、5月11日(日)に決まったみたいです。
よろしくお願いします。


・その9
そういや、ポアロマンスリーもあったんだ。
ホヤホヤ旅行映像がメインでした。
吉鶴くん、屋外でパンツ探しの巻!は、クオリティ高かったですね。
奇跡的に見えてないまでが、良かったですね。
打ち上げでは、5月の大喜利定期考査の前に、ポアロ寄席をやるっつって、
本気で、本っっっ気!で、めんどくさくなりました。
準備期間が長いってのが、何よりめんどくさいです。
でも、まあ、結局は何とかしてるんだと思います。
5月11日には、ネタやってるんだと思います。なんだろね。
大喜利の模様は、POARO大喜利Blogをどうぞ。
今回は、わりいし君がいました。
わりいし君面白いです。判定考査出てほしいなあ。


以上です。
【2008/01/28 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ハローキティ相撲コラボ展開中

寒いですね。3連休の間が特に寒くて、死ぬかと思いました。
毎晩お鍋を食べていたので、何とか乗り越えました。
ここ数日の思考内容、及び近況報告です。


・その1
大相撲初場所初日、国技館にて観戦。
今回は枡席にて観戦。枡席は相撲観戦の醍醐味だなと、感じました。
12時前に国技館に着いて、ちゃんこ食べようとしたら長蛇の列。
流行りのドーナツ屋を超える列ができていました。次はちゃんこブーム到来です。
ちゃんこ食べて1時半くらいから枡席へ。
ミラッキさん、かわださんと合流。それ後、結びまで見続けました。
初日に国技館に来るのは初めて。
優勝額が開いてゆく様も、賜杯返還も、協会挨拶も、生で見ました。
枡席では、客席の熱をガンガン感じました。
十両土俵入り辺りで既に席が埋まり出し、幕内土俵入りでは満員に。
両横綱の土俵入り、迫力ありました。
朝青龍の体、ハンパ無いほど、張りツヤがありました。
結びの前に、朝青龍が遂に土俵に復活。
仕切りの際、塩を取りに行く度に、一歩一歩踏み締めるような、
足の裏に土俵の感触を擦り込ませるような動きが印象的でした。
相撲内容も凄かったです。最後、相手の琴奨菊を吹き飛ばした強烈な投げ。
冗談ではなく、琴奨菊の体が消えたかのように見えたんです。
場内の熱量もハンパ無かった。歓声のような、驚嘆のような、どよめき。
「やっぱり強い」の一言です。
そして、それを見届けた東の横綱白鵬が、結びで完璧な相撲を見せました。
横綱は強いんです。横綱が居る限り、相撲は面白いんです。
いいものを見ました。また、機会があれば枡席で見たいです。


・その2
母親が小学校の教師をしておるのですが、
教え子に力士になっている子がいるのだと聞きました。
調べた結果、丁度初日の相撲に出ていました。
追手風部屋の「大翔勇」という力士です。
東の幕下20枚目。20歳。初土俵から2年なので、なかなかのものです。
荒川区出身でハーフなのです。小学校時代から、わんぱく相撲で鳴らしたそうです。
アド街ック天国とかにも出たことあるそうです。
初日の相撲は、アマ相撲世界王者の「阿覧」に負けてしまいましたけど、
頑張ってもらいたいです。
大翔勇応援キャンペーンを実施します。


・その3
映画を見てきました。
「earth」を見てきました。
「DEEP BLUE」、「プラネットアース」などと同じ、BBCのスタッフが制作した、
動物ドキュメンタリー映画の最新作です。
大変良かったです。
水の中でハシャぐゾウ、アシカにかぶりつくホオジロザメ、
セイウチに襲いかかるホッキョクグマ、ガゼルを狩るチーター、
などなど、見所満載です。
でも、やっぱり途中で何度か寝ました。
やっぱり、動物ドキュメンタリー見てると寝ちゃうんです。
BGMがベルリンフィルハーモニーなんです。
そりゃオーケストラ聴かされたら、寝ますよ。
何にせよ、DVD出たら買います。で、DVD見ながらまた寝ます。
ホッキョクグマのぬいぐるみ欲しかったけど、売り切れてた。残念。


・その4
そう言えば、「ラジオビッグバン」にて、また大喜利をしてきました。
先日放送されてました。
今回も楽しかったです。また機会があればと思います。
思えば12月は、やたらと大喜利をしまくってました。
一人でも多くの方に、楽しんで頂けていれば幸いです。


・その5
「2月末くらいに大喜利判定考査があるかも」と、先日書きましたが、
だいぶ遅れて、5月になりそうです。
誤情報を流して申し訳ありませんでした。
ですが、次回2月5日の大喜利夜会、是非お越し下さい。
大喜利を盛り上げていきたいんです。是非お越し下さい。
来る5月に向けて、あちこちで盛り上げていきたいなと、勝手に思っています。
お手てつないで・哲ひと・イギリス超特急の三人大喜利ブログも、
そろそろ再開させたいと思います。再生です。
いろいろやっていきます。よろしくお願いします。


・その6
大相撲初場所。5日目まで。
朝青龍が面白いですね。
やはり、まだ相撲感が戻りきってないのか、バタつき気味の相撲も多く、
それでも、勝つ時は力強い、朝青龍らしい勝ちっぷり。
なにより、取り組み後の表情が面白いです。
危なかった時には、思いっ切り苦笑しちゃってます。
そういう人間臭さが、やっぱり朝青龍って面白いなあって思うんです。
白鵬は盤石って感じですね。危なげが無いです。
朝青龍が居ない間、横綱の責任を全うしてきた意地と貫禄が見えます。
大関陣が、なんともかんとも。
千代大海は、先場所で白鵬に壊された右ヒジが全く使えてない。
魁皇は、強い時と弱い時の差がハッキリしすぎてる。
琴光喜は、悪い所は無さそうなのに星を落としてる。
琴欧洲は、まだまだ強さが戻ってこない。カドバン、ヤバいですよ。
稀勢の里がいいですね。今場所の上位キラーですね。
初日にこれまで負け続けてた千代大海に勝ったのが、弾みになってる。
朝青龍戦は完璧だった。気迫と共に圧倒してた。
期待され続けてるだけに、いよいよ本格的にバケるんじゃないかと思われます。
安馬が大関取りだったのに、早々に負けが込みましたね。
鋭さが足りない気がする。カラ回ってる感じがする。
琴奨菊いいですね。普天王も久々にいいですね。
把瑠都、豊真将、栃煌山辺りに元気がない。ザ・ノビナヤミーズ。
豪栄道もいい相撲してるけど、上位に跳ね返され気味です。
新幕内の市原が、期待に応えてます。
180kgありながら、意外と器用にこなせるから面白い。
若ノ鵬飛びすぎ。黒海、また面白モミアゲしてくれないかなあ。


以上です。
【2008/01/17 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

では、締めます。

お久しぶりです。あけましておめでとうございます。
再開します。再生の時が今、始まります。
ここんとこの思考内容、及び近況報告です。


・その1
とりあえず、年末年始の出来事を記してゆきましょう。
12/23。
M-1グランプリ敗者復活戦を見に、大井競馬場に行ってきました。
今まで何度か敗者復活戦を見に行ってますが、今回は初めてそのまま残って、
オーロラビジョンで流れる決勝戦を見てきました。
サンドウィッチマンが優勝した瞬間、大井競馬場は暴動と化してました。
とにかく感動しました。
敗者復活戦で面白かったのは、
磁石、NON STYLE、タイムマシーン3号、とろサーモン、
ナイツ、はだか電球、オードリー
といったところです。磁石、来年はいけるんじゃないかな。
ザ☆健康ボーイズ、良かったです。
まえだまえだ、面白かったです。
東京ダイナマイト、衣装がバカでした。盛り上げてくれてました。
来年も、行けたら敗者復活見に行きたいです。


・その2
12/24。
クリスマスイブ。
「M-1」での興奮が冷めずに、ずーっとハイになっていた気がする。
クリスマスのライトアップを見つつ、おかしな箇所にいっぱいツッコんでた気がする。


・その3
12/25。
ポアロクリスマスライブ。
TENGA、欲しかったなあ。
打ち上げにて、チンコナメ太さんにいろんな事を聞く。
この行は、後に修学旅行へと繋がるのでした。


・その4
12/28。
伊福部宅で忘年会。
売○の息子に病気をうつされそうになる。
もしくは、吉鶴くんに風邪をうつされそうになる。
来年のポアロマンスリー通しチケットである、「ポアロ寄席」のDVDを見る。
まるっきり、インディーズお笑いのDVDみたいだった。
なんだかんだあって、HDDで「M-1」を見る。
「大喜利どうでしょう2・後編」DVDと、2008年大喜利修学旅行グッズを頂く。
今回のグッズですが、ジャージが凄くいいです。カッコいいです。


・その4
12/29。
コミケにて、「大喜利どうでしょう2・後編」発売。
コミケには行きませんでした。お買い上げ頂いた方々、ありがとうございました。
自分もDVD頂いたので見ました。
コメンタリーの際に1回見てるのに、やっぱり見ちゃう。
豪雪の中での釣り、メモリーカード事件、イギリスさんの「オートレース」、
寝坊、ホワイトボードマジック、江戸村蝋人形大喜利、
辺りがオススメです。
江戸村でどんどん寒さに弱ってゆく自分が、
あまり伝わってない気がして、残念でした。本当に寒かったんです。
前後枠は頑張りました。真夏の日にみんなで頑張りました。
ケチャップスは、・・・・見てません。見れません。
エンディングは、意味無く感動しちゃいますね。素晴らしいですね。
最後に2007の予告がありますが、
一番最初のシーン、ミラッキ襲撃の瞬間の映像。凄く怖いです。
サスペンスです。


・その5
12/31。
ポアロカウントガウンライブ。
5時間に渡り、がっつり参加してきました。
疲れました。本当に、本っっっ当にめんどくさい年越しでした。
ポアロ寄席のネタ準備と、ラジオ中の鍋の準備と、
その他もろもろのごちゃごちゃと、今までの人生で最もめんどくさい大晦日でした。
そんな中でのカウントダウンライブ。
前半は対決コーナーなどもあり、結構楽しかったです。
ポアロ寄席でのネタも、何とかやり遂げました。
ウケてたみたいで、何よりです。ありがとうございました。
前回はキッチリまとめる事に重きを置いていたのですが、
今回はあまり固めずに、遊びを盛り込んでやれたと思います。
やっていて楽しかったです。また、機会があればと思います。メンドクサイですが。
まあ、疲れましたけど、楽しいライブでしたよ。ボーさんの乾杯を除けば。
あれはね、本当に、本っっっ当にイライラしました。
あの乾杯の後に、ネタをやらなきゃいけない身としては、最悪の時間でしたよ。
乾杯終わって舞台袖にハケた瞬間、
思わず、「最悪だーーー!!」って叫んじゃいました。
まあ、でもまあ、お客さんが楽しんで頂けたのなら良かったんじゃないでしょうか。
あと、それでも、ボーさんが大好きです。
このめんどくさい経験を乗り越えたのだから、何でもやってける気がしました。
2008年、頑張っていこうと思いました。
あけましておめでとうございます。


・その6
1/2~1/4。
大喜利修学旅行2008。
めんどくさいカウントダウンライブを終え、
心置きなく、旅行を楽しんできました。
伊豆、景色良かったです。
元旅館のお宿を貸し切り。本当に楽しかったです。
温泉もたっぷり入れました。疲れ取れました。
まあ、いろいろ書いていったらキリがないので、詳しくは皆さんのラジオを。
語られてない部分も、次回のポアロライブにて話されることでしょう。
僕としましては、とにかくチャーハンですよ。
元旅館の本格的な厨房にて、初めてプロ用コンロでチャーハンを作りました。
めちゃ美味しかったです。生涯で最も美味しいチャーハンでした。
中華の旨さって、やっぱり火力の問題なんですね。
火力がデカければ、旨くて当然なんです。
火力こそが味付け。マジで、プロ用のコンロ欲しいです。
あとは、カメラ持つの楽しかったです。
自分の中で、新たな道が拓けた気がしました。


・その7
旅行終わってからは、しばらくぼんやり。
でも、体調を崩すことはなく、元気に過ごせています。
ただ、チャーハン症を患ってます。
家でのチャーハンに満足できない体になってしまいした。
体が、あのバカデカイ火力のチャーハンを渇望してます。
もうダメなんです。もう家のコンロじゃダメなんです。私を満足させられないのです。
あの、燃えるような火力をもう一度味わいたいのです。
私は、そういう人間になってしまったのです・・・。
(この文章は面白いですね。後半、かなり乗ってきました。)


・その8
年末年始の特番をあれこれ録画しておいたけど、全く見てない。
「生つるべ」を細切れで見続けていて、ようやく見終わりました。
「東野・岡村のインド旅行」見ました。面白かったです。
この二人ならではの空気感がよかったです。
多少、「どうでしょう」を意識した作りだったのかなと思いました。
また、別の旅行を見てみたいです。


・その9
「Dynamaite!!」
年明けて、5日くらいにようやく見ました。
「やれんのか!」の2試合が一番面白かった。
谷川Pの大英断、素晴らしかったですね。
三崎vs秋山、熱量が半端無かったです。
秋山の入場でのブーイングから、ビリビリする試合内容、壮絶な結末。
吠えました。M-1でサンドウィッチマンが優勝した時くらい、吠えました。
ヒョードルも相変わらず強かった。動物みたいな動きだった。
You Tubeなり、ニコ動なりで、「やれんのか!」の煽りVを見てます。
どれも、素晴らしいです。


・その10
「サンボマスター/光のロック」
PV収録のDVD付き初回限定盤を見つけて、今更ながら購入。
PV素晴らしいです。美しいです。
ラストの「恋をしていく」での、安めぐみの表情が秀逸だと思います。
歌詞が凄いよ。美し過ぎるよ。


・その11
第8回大喜利夜会。
哲ひとプロデュース企画「過去の自分たちと闘おう!」
過去に行われてきた大喜利大会でのお題に、改めて挑戦。
当時のMVP解答に、今の自分たちが勝てるかどうか、という企画。
非常に面白い、興味深い内容でした。
昔のお題でも、色褪せることなく楽しめるんだなあと思いました。
無理にお題を作ることも無いんだな、と。
まあ、新しいお題があるに越したことはないですけど。
個人的には、「エロ夫婦」の行が楽しかったです。
これまでも何度か起きている、伊福部さんと僕だけがハシャいでいて、
客席との間に物凄い温度差を生じるという、現象。
今回も起きましたねえ。何でなんだろう。あんなに面白いのに。
架空の男女の日常、本当に面白いわ。男女って面白いわ。
2月末辺りに、「大喜利判定考査」が行われるかもしれません。
2月の大喜利夜会では、その予選が行われるかもしれません。
行われることになった際は、是非ともお越し下さい。
行われないとしても、是非ともお越し下さい。


以上です。
【2008/01/11 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

PROFILE

お手てつないで
  • Author:お手てつないで
  • 日記です。
    どーでもいい日々のどーでもいい物事をどーでもよく綴ります。
    しかし、パンダは可愛いですよね。
  • RSS
  • 12 | 2008/01 | 02
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。