新・恋のはじまり日記
お気に入りの女性タレントランキング(09/05/20付)1位:大江麻理子(→)、2位:安めぐみ(→)、3位:長尾麻由(初)、4位:安田美沙子(↑)、5位:大橋美歩(↓)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ばなづばり

いろいろありまして、風邪をひきました。
熱がかなり出ました。カコナールは効きます。
喉の痛みと、鼻のつまりで、声を出すのがしんどいです。
春は苦手です。必ず体調崩すので苦手です。
ここ数日の思考内容、及び近況報告です。


・その1
喉の痛みと、セキを抑えるためにハチミツ食してます。
花粉症対策で飲んでいる甜茶に溶かして飲んでます。
甜茶特有の甘さが苦手だったので、いい感じです。
最も喉が痛かった時、うがいをしたら、
もんのすごい汚いタンが出てきて、ヒキました。
この世の悪意の全てが集まり、具現化した物体だと思いました。


・その2
「DREAM.1」
青木vsカルバンがノーコンテスト。残念としか言いようがない。
ライト級GPは実力が拮抗してるのか、一発目の大会だからなのか、
ちょっと判定が多くて、渋い試合になっちゃった。
結果的にはPRIDE勢の圧勝だったけど、インパクトが薄かった。
2回戦に期待したいです。
アンドレ・ジダvsエディ・アルバレスが良かった。
強い外国人対決はヒリヒリして面白い。
エディ・アルバレス凄い。見事な逆三角形ボディ。
ミルコも、今後K-1とか強い選手とバシバシやってってくれれば。
煽り映像は良かったです。
PRIDE的なバカさもありながら、HERO'S的なスタイリッシュさも加わってた。
ナレーターは結局、立木文彦ではなかったものの、
HERO'Sの時とは変えてきたのが良かった。
「DREAMと言えば、このナレーション」という感じに定着していけばいいと思います。
青木の紹介の時は、ちょっと泣けた。
それだけに、試合があんな終わり方なのが無念。何とか再戦してほしい。
解説席のKIDが、面白タキシードTシャツだった。
面白い。


・その3
「SRS」にて、「戦極」の試合を地上波初放送。
紆余曲折あって、フジテレビで放送、しかもナレーションは立木文彦。
でもってゲストに「にてんのか!」出演芸人って。
何だかもう、何が何やら。
今後、「戦極」がフジで放送することになるとしたら、もうめちゃくちゃだなあ。
放送内容は、藤田戦、三崎戦、五味戦、吉田戦をダイジェストで。
ジョシュの技のかけっぷりは見事だった。
五味の試合は、やっぱり地上波で見たいなあ。爆発するだろうなあ。
世界のTKは解説で大忙し。


・その4
「モヤモヤさまぁ~ず2」四谷。
発明学会で、「発明将軍ダウンタウン」でお馴染みの橋さん登場!!
面白かったです。
正直、「モヤさま」には、出たがり面白素人って必要ないと思うんです。
扱いづらいし、鬱陶しいし。でも、橋さんは面白かったです。


・その5
「モヤモヤさまぁ~ず2」今週の放送。
オープニングで、「モヤさま」放送枠昇格?という前フリがあって、、
『テレ朝では「くりぃむナントカ」が、
 フジテレビでは「レッドカーペット」がゴールデン昇格』
ってフリがあったんだけど。
まず、他局の事情をそこまで大々的に宣伝してるのがおかしいとして、
何で、「レッドカーペット」のバックのイラストが、「髭男爵」なんだよ!!
レッドカーペットの象徴が何で「髭男爵」なんだよ!!
「髭男爵」筆頭っておかしいだろ!!
やっぱり、モヤさまはおかしい。基準がおかしい。


・その6
「やりすぎコージー」板東英二SP。
いやー、面白かった。
ネイチャージモンに匹敵するくらい、板東英二は凄かった。
まさに、「やりすぎ」だからできる企画。
今田・東野が相手にするからこそ、映える素材なんだと思います。
板東さん面白いわ。憎めない感じがいい。


・その7
「すべらない話13」
今回はかなり良かったと思います。
やっぱり、すべらない話は深夜帯だと思います。
小藪さん、有田さんの話が良かった。ドラマチックだった。
大輔さんの銭湯の話も、良かったなあ。深夜帯だからこその話。
大輔さんの話は見えてくる下ネタ。
情景が見えてくる下ネタって、凄いと思う。人情味があるからかな。


・その8
CD買いました。
「DOPING PANDA/Dopamaniacs」
相変わらずのノレるCDでした。
ノレて、カッコよくて、ちょっとしんみりしたりします。
「nothin'」、「call my name」、「coffe hig(one more cup)」がいいです。


・その9
CD買いました。
「東京スカパラダイスオーケストラ/Perfect Future」
常に前へ、前へと進んでいく、スカパラのニューアルバム。
新しさもあり、胡散臭い感じがちょっと昔のスカパラっぽくもあり。
ジャケットデザインもやけに和風だし、クセの強いニューアルバムです。
「Perfect Future」、「964スピードスター」、「Pride Of Lions」がいいです。
「Pride Of Lions」は解散したKEMURIの伊藤ふみおが歌ってます。すごくいいです。
今日放送の「factory」でも披露していました。すごくよかったです。
KEMURIのLIVE盤も買ってるけど、まだ聴いてない。聴かなきゃ。


・その10
大相撲春場所。千秋楽まで。
朝青龍の連敗、白鵬の追走で、千秋楽横綱相星決戦。
先場所は白鵬が、そして今場所は朝青龍が勝ちました。
気迫でした。朝青龍の気迫勝ちでした。
朝青龍優勝。おめでとうございます。
ようやくだ。ようやく優勝だ。多少の過剰アピールは多めに見ましょうよ。
朝青龍にとっては、ようやく以前の自分に追いついた所だと思います。
さらなる強さを磨いてってほしいです。
黒海、把瑠都、若ノ鵬。来場所上位にズラッと並びますよ。壮観でしょう。
栃煌山、普天王、豊真将。この人達はもっと上にいてもらわないと。
安馬、琴奨菊、稀勢の里。三役定着組から、誰が抜け出すか。
大関は琴欧洲が休場で、残りも全て8勝止まり。怒られますねー。
でも、琴光喜はついに朝青龍への連敗を阻止。意地が見れました。
来場所は、栃ノ心も新入幕しそうです。楽しみです。
来場所もいい相撲を期待します。


・その11
来週火曜日、4月1日。
「第11回大喜利夜会-大喜利定期考査・一般予選-」、よろしくお願いします。
19時開場、19時半開演です。よろしくお願いします。
前回は、大いに盛り上がりました。ありがとうございます。
何と、今回の予選参加者は11人。大激戦区となりました。
その中から一番面白い1人を選ぶという、壮大なことになってきました。
参加者の皆さん、頑張って下さい。そして楽しんで下さい。
大喜利で考える、悩む、そしてウケる。これはもう快感です。
是非とも、あの感覚を味わってみて下さい。
お客さんも、スター誕生の瞬間に立ち会って下さい。
どうかよろしくお願いします。
そして、5月11日「大喜利定期考査」も、よろしくお願いします。


以上です
スポンサーサイト
【2008/03/25 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

だいぶ髭が伸びてきました、黒海。

今更ですが、「answer×answer」に大ハマリ中です。
本日の思考内容、及び近況報告です。


・その1
大相撲春場所、6日目まで。
朝青龍強いですね。いいですね。
白鵬、安美錦に変化で負けた時の表情、よかったですね。
稀勢の里、鶴竜、いいですね。大関食いまくってますね。
豊真将、栃煌山全勝。ようやく伸び悩みが終わった感じですね。
北勝力も全勝。今場所の北勝力はいい北勝力。チョロQ状態。
把瑠都もいいです。岩木山をブン投げた相撲は、特によかった。
琴光喜、琴欧洲、佐渡ヶ嶽大関がまた不調。突き抜けないなあ。
新入幕・境沢、体の柔らかさが面白いです。まさに柔らかさで勝ってる感じ。


・その2
ニコ動で、「戦極」の試合を見ました。
ジョシュvs吉田、ジョシュめちゃ強かった。
キャッチレスリングの技だかで、相手の足首を自分のすねで固定して、
ねじ曲げようとするシーンがあって、まさに戦慄。怖かった。
五味がよかった。いい動きしてた。
TKOで終わっちゃったので、もうちょっと見たかった。
煽りVは可もなく、不可もなくって感じ。
やっぱり“PRIDEっぽい”世界観を引きずっちゃってるようで、
折角だから「戦(いくさ)」というイメージをもっと出して、
鋭い、ヒリヒリした感触の演出がされればいいなと思います。


・その3
ニコ動で、「やれんのか!」のドキュメンタリー番組を見ました。
煽りVの佐藤大輔ディレクターによる、完全ドキュメント。
すごくよかったです。長いけど、グイグイ見ちゃいます。
試合前から、当日の舞台裏まで、選手の姿がリアルだった。
客席が盛り上がってる様も、ライブ感が伝わってきました。
レフリー紹介での、島田裕二に対するブーニングとか、最高にくだらない。
PRIDEファンってのは、本当に熱があるなと思いました。
あと、秋山って選手は本当に面白い。
狙ってやってる訳ではないだろうに、全ての言動が「えっ?」と思わせる。
どうも噛み合わない。「異形」っていうイメージがピッタリ。
ラスト、さんざ盛り上げて、グッとさせておいて、
最後の最後のオチがまた、よかったです。見事でした。


・その4
いよいよ明日。「DREAM1.」。
ライト級GPは、実質、PRIDEとHERO'Sの対抗戦になりました。
PRIDE勢のが強いんじゃないかと思うけど、どうなんだろう。
誰がバケるのか、誰が潰されるのか、全く予想がつかない。
でも、折角のGPなのに、全7試合なのは勿体ない。
16人キッチリ並べて欲しかったなあ。
メレンデスはケガらしく、宇野も入ってない。この2人が入らないとなあ。
最終的に、GPの優勝者と五味が闘ってくれればいいと思います。
「格闘王」で、青木真也がガッツリフューチャーされてて、嬉しいです。
でも、残念なのは、「kamipro special」によると、
TBSでの放送では、立木文彦によるナレーションは無しなのだとか。
残念でならない。ようやく、あの煽りが戻ってくると思ったのに。
何でもフジテレビからケチつけられたそうです。ケツ穴小っさいね。
とにも、いい試合が見れればいいなと思います。
正直、今回はミルコなくてもよかったじゃないのかな。


・その5
「DREAMライト級GP選手・MMAA[Mixed Martial Animal Arts]ライト級たとえ」
以前、「動物GP」と言っていた、僕が頭の中で考える動物同士の格闘技の話。
今では、「MMAA[Mixed Martial Animal Arts]」と呼んでいます。
まだ、頭の中では続いているのです。
今回は、ライト級(-50kg級)の動物たちで、
DREAMライト級GPの選手をたとえてみました。


J.Z.カルバン・・・ オオカワウソ
青木真也・・・   チンパンジー
川尻達也・・・   秋田犬
ブラックマンバ・・・オオアリクイ
アンドレ・ジダ・・・ フォッサ
エディ・アルバレス・・・カラカル
石田光洋・・・   ラーテル
チョン・ブギョン・・・テングザル
永田克彦・・・   ウミイグアナ
アルトゥール・ウマハノフ・・・ホッキョクオオカミ
宮田和幸・・・   レア
ルイス・ブスカペ・・・アライグマ
ヨアキム・ハンセン・・・タスマニアデビル
朴光哲・・・    ニホンザル

宇野薫・・・    オオヤマネコ
ギルバート・メレンデス・・・ドーベルマン
五味隆典・・・   クズリ


イメージとしては、グラウンドの選手は猿系なのですよ。
ストライカーは肉食系。
やっぱり、クズリは最強。今回のGPはクズリなきGPなのです。
全く何のこっちゃわからない方も、読んでいただきありがとうございました。


以上です。
【2008/03/14 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

使用済みティッシュの山

ここ数日の思考内容、及び近況報告です。


・その1
先週の土日は、花粉症で大変でした。
このままじゃヤバいと思い、効くと言われる甜茶を飲み始めたら、
とたんにクシャミが止まりました。
甜茶スゴイっす。甜茶のど飴もいいです。
でも、土日でクシャミしすぎて、ノドを悪くしました。
セキとタンが出て困りました。
今はかなり快調です。甜茶飲んでいきましょう。


・その2
買って聴いたCD。
「J.A.M/JUST A MAESTRO」
「PE'Z/黒船のジャズ」(ヴィレッジヴァンガード限定)
「板尾創路/少年B」


「J.A.M.」よかったです。
SOIL&"PIMP" SESSIONSの鍵盤・ベース・ドラムの別ユニット。
ホーンサウンドなしでも、SOILらしさが出てます。
「黒船のジャズ」、勢いが凄いです。
ウルセーので、ボリューム調整が難しいです。
「少年B」、板尾ミュージックワールド全開。
今後もCD出してってほしい。冒冒グラフみたいな演歌出してほしい。


・その3
TSUTAYAにて。
半額クーポン&190円レンタル日の合わせ技によって、1枚95円で借りまくり。
借りて聴いたCD。
「勝手にしやがれ/LET'S GET LOST」
「Scoobie Do/PLUS ONE MORE」
「Scoobie Do/Funk-a-lismo!」
「NUMBER GIRL/SAPPUKEI」
「NUMBER GIRL/SCHOOL GIRL BYE BYE」
「NUMBER GIRL/SCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICT」
「NUMBER GIRL/NUM HEAVYMETALIC」
「TRICERATOPS/THE 7TH VOYAGE OF TRICERATOPS」
「bonobos/Pastrama -best ob bonobos-」
「YO-KING/音楽とユーモアの旅」
「onsa/アルバム」
「ala/SEVEN COLORS SAUCE WITH YOU」
「BACK DROP BOMB/breakdawn」
「JELLYFISH/SPILT MILK」


Scoobie Doが凄く良いです。
NUMBER GIRLの「NUM HEAVYMETALIC」がとても良かったです。
onsa良かったです。


・その4
DVDもいろいろ借りて見ました。
「ライブミランカ・バナナマントークライブ
 ~日村勇紀のおたのしみ会。設楽も出席します~」
まさにお楽しみ会。すごく面白かった。
バナナマンらしさ、二人の仲の良さが出ていて、微笑ましかった。
日村さんは、学生時代、本当に人気者だったんだろうなと思います。
手作りでバカバカしくて、でも意外と構成がしっかりしてるもんだから、
最後はジンときちゃいました。バナナマンのライブは幸せな気分になる。
ライブミランカシリーズ、他の芸人さんのも見ていこうと思います。


「バカリズムライブ特別編・PS7」
バカリズム、きぐるみピエロ、ストロングマイマイズ、
マセキのお笑いコンビ3組により、2005年に行われたライブ。
今では3組とも解散してます。
ラストの「PSヒューマンドラマ」が最高だった。
まさにバカリズムワールド。


「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society 」
攻殻シリーズ最新作、っつってももう2年前の作品。
ずっと見てなくて、ようやく見たのです。すごく面白かったです。
カメラワークが上手いなあとか、キャラクターの演技が上手いなあとか。
アニメでこんなのやられたら、実写負けちゃうよと思いました。
SFアニメにおける、ストーリーや人物背景についての解説無しに、
膨大な映像と言葉で情報を与えて、見ていく内に頭の中で理解させるってのは、
最近のドラマ「SP」なんかにも通じるのかな、とか。
こうして1話完結で、今後も出していってくれればいいなと思います。


・その5
「ぼのぼの・30巻」
記念すべき30巻。懐かしい顔も出てきます。
旅に行っていたアライグマくんが帰ってきました。よかったよかった。
モンちゃんの話は本当にいい。素晴らしいです。
キャラクター紹介での、
『あなた方が世界を作っているんですよ』という言葉が最高です。
本当にそうだと思います。
そういう素敵な人達がいるから、世界は回っていけてるんだと思います。
モンちゃん、また出てきてほしいなあ。


・その6
「めちゃイケ・笑わず嫌い王」
笑わず嫌いって、あまりいい印象がなかったというか、
「業界向け」とか言い出しちゃって、「新しい芸人を発掘!」みたいなノリが強くて、
無理に演出しなくていいのになあって思っていました。
だから、正直あまり期待していなかったけど、今回はよかった。
くすぶってる中堅に光を差したのがよかった。
アメトーークの「M-2芸人」然り、今年は中堅ブームが来るかも。
COWCOWよかったです。
特別なことをせず、いつも劇場でやってるネタで、しっかり笑わせてたのがよかった。
R-1にも出たし、ここでCOWCOW売れなきゃ、もうないよ。
「レッドカーペット」以降、ショートサイズのネタばかりが主流の中、
ゴールデンの番組で、あれだけしっかりとネタが流れたのは、久々じゃないのかな。
まさに、ショートネタに対するアンチテーゼにも思えました。
小藪さんの「めっちゃキレてるオバハンの顔」は、完璧に内舘牧子の顔だった。
横審委員会へ謝罪している朝青龍に対する、内舘牧子の顔だった。


・その7
「やりすぎコージー・結婚2次会パーティー」
笑った笑った。最近のやりすぎで一番面白かった。
モンスターエンジン・大林さんの、「仁鶴師匠でミスチルの『しるし』を歌う」は、
発明級のネタだと思いました。
何であんなに曲とモノマネがマッチするんだろう。
あの曲じゃないと合わない気がする。
水玉改め、バイキングのエロアクロバットが、まさかの放送自粛!
アメトーークではバンバン流したのに!!
おにぎりの歌はめちゃめちゃ笑ったけど、完成度が低すぎる。
もっといい歌詞あるだろう!と。酷かった。笑った。
天津・木村さんの「SEXあるある詩吟」、最高でしたよ。
噂には聞いていたけど、最高でした。いよいよ今年、天津に兆しが。
ただ節に合わせて、SEXに関する事象をなぞるだけ。そりゃ面白いよ。
僕自身、自分が到達すべき道の一つだと思いました。
SEXあるあるは面白いですよ。だってあるもの。
そりゃパンティーは遠くにありますよ。
多分ね、いろんなタイミングで蹴っ飛ばしてるんですよ。


・その8
「アメトーーク・アメトーーク大賞」
この1年間の名シーンを大特集。すごく面白かった。
アメトーークが凄いのは、めちゃくちゃなことやっといて、
しかも自分たちで、そのめちゃくちゃを再確認して提供できるとこです。
「おしゃべりクソ野郎」然り、「ねじまはじま」然り、「純川夏」然り。
流さないのが凄い。だって面白いんだもの。
反省会なんてもっと凄いよ。
ワッキーさんの行を「スベリ芸」としてパッケージして提供するなんて、
他じゃありえないよ。事故映像だもの。
今度もどんどんやってってほしいです。


以上です。
春場所については、また次の機会で。
【2008/03/13 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

超新星

先日の大喜利夜会に関して、ガッツリ書きます。
ここ数日の思考内容、及び近況報告です。


・その1
鼻の粘膜が調子取り戻しました。
でも、花粉がいよいよやってきました。
マスクや鼻うがいで乗り切ります。
鼻に直接塗る薬が凄く効きます。多分CMでやってるやつです。
「アレルシャット」だか、「花粉鼻でブロック」だかいう名前です。
要は、リップクリームとか鼻の中に塗っちゃうのもアリってことだと思います。
創意工夫で、花粉症をやり過ごしましょう。


・その2
指のヤケドも治りました。治癒力って凄い。
オロナインって凄い。


・その3
「バナジウム天然水」のCMが凄くいいです。
安めぐみの、ブラウス姿が凄くいいです。
ボディーラインがエロいです。
ブラウス姿はエロいんです。


・その4
新総合格闘技イベント「戦極」旗揚大会。
非常に盛り上がったみたいで、何よりです。
ジョシュ勝ったかー。バックドロップ見せたってか。流石だなぁ。
五味も強かったみたいで、良かった。
どんどん盛り上がって、何とかして地上波で流して欲しいです。
「DREAM」も楽しみです。ライト級GPがアツそう。


・その5
「第10回大喜利夜会<平成20年度大喜利定期考査・あさがやドラム予選>」
予選に参加して頂いた皆さん、お越し頂いた皆さん、誠にありがとうございました。
詳しい結果は、POARO大喜利Blogをどうぞ。
5月11日、大喜利定期考査に向けての第一弾。
一般参加者を募っての予選会を行いました。
初の試みだったため、期待と不安が入り混じってのスタートでしたが、
予想を上回る盛り上がりを見せ、実にいいイベントだったと思います。
正直、僕は見ていただけなのに、興奮と感動で、何とも言えない高揚感がありました。
予選出場者の6名は、それぞれ出来不出来はあったかもしれませんが、
全員素晴らしい闘いを見せてくれたと思います。
緊張感に震える姿、自信を持って答える姿、真剣に悩む姿、全てが良かった。
何より、最後まで折れずに答え続けられたことが、素晴らしいことです。
人前で、自分の発想だけで、自分の喋ったことだけで笑いを取るって、凄いことですよ。
お客さんも、ある程度リラックスしつつ、答えの時にはちゃんと集中していたし、
面白い解答なら笑う、無理には笑おうとしないという、お手本みたいな反応。
あの、程良く、緊張と緩和が交錯する空気感が、
出場者のポテンシャルを引き出したんだと思うんです。
客観的に見ても、非常にクリーンな大喜利イベントでした。
これは凄いことだよ。いやー、出来るもんなんだなあ。
ちゃんとしたライブイベントって、出来ちゃうもんなんだなあ。


とにかく、優勝した「ジェロ」さんは素晴らしかったです。
大喜利夜会どころか、ポアロライブにも、ラジオにもメールしたことない人間が、
初めてやってきて、初参戦で優勝しちゃったのだから、ドラマチックったらありません。
恐らく、余計な先入観がないので、キャラクターが見えない分、
全ての解答がストレートに伝わってきたんだと思うんです。
でいて、解答の傾向がとてもオーソドックスで、どれも大喜利として綺麗なんです。
正直、ポアロを始めとする「大喜利メンバー」は、もう大喜利やりすぎちゃって、
軸がブレブレになっちゃってるんです。変化球の投げ合いみたいになっちゃってる。
だから、ジェロさんの解答は凄く新鮮で、圧倒されちゃいました。
『ああ、まだ、こんな戦い方が残っていたのか』っていう感じ。
今回は、他の出場者の方々も、割と変化球狙いになってたと思うんです。
いろんな角度から投げ合う中、一人ズバっとド真ん中突かれると、響く訳ですよね。
でいて、キャラクターが真っ新だし、言い方もサラッとしてるし、面白いんですよね。
ここにきて、新たな才能が現れましたよ。超新星の誕生です。
改めて、優勝おめでとうございます。
5月11日、の最終予選、彼に期待していいと思います。
大番狂わせも大いに有り得ますよ。


結果としては、2位の「ヅイテン」さん、3位の「妹尾」さんも、引けを取らなかったです。
このお二人は、手数が凄く多かったです。命中率も悪くなかった。
後々答えを読み返してみて、笑わせられる回数はとても多かったです。
ただ、インパクトで負けたっていう感じでしたね。
ルールが違っていたら、結果は変わっていたと思います。
面白い解答の数を競うのであったら、強いだろうな、と。
でも、「一番面白いことを考えた奴が勝つ」というルールは、凄く健全だと思うんです。
それは、僕らの大喜利のコンセプトだと思うんですよね。「最多勝」とか、「MVP」とか。
もちろん、数が出せるってのは凄いことですし、このお二人もまた見たいです。
そういう点でいくと、ジェロさんは手数がもっと出せれば、さらに強くなるでしょうね。


来月、4月1日もまた予選会を開催します。よろしくお願いします。
参加希望者の皆さんは、himuraman@bbst.tvまで、メールをどうぞ。
来月はどんな才能が現れるのか。ワクワクしています。
イベント終了後、レギュラー陣で話していたのですが、
正直、定期考査本選も、このままだとヤバいんじゃないかって。
オレら、アッサリ負けるんじゃないかって、危機感すら持ってますよ。
大喜利って、経験は関係ないんだな。
新たな発想と思い切り一つで、幾らでも爆笑が取れるんだな。
まだまだ、眠っている才能が存在するんです。発掘していきましょう。
5.11.に向けて、盛り上がっていきましょう。
あと、何より今回のイベント、レギュラーメンバーが一番楽しんでいたと思います。
本当に楽しかったんだ。判定席でぐだぐだ喋るのとか、スゲー楽しかった。
人がやる大喜利見るのも面白いわ。
面白い人見るのって、面白いわ。


以上です。
【2008/03/06 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

PROFILE

お手てつないで
  • Author:お手てつないで
  • 日記です。
    どーでもいい日々のどーでもいい物事をどーでもよく綴ります。
    しかし、パンダは可愛いですよね。
  • RSS
  • 02 | 2008/03 | 04
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。