新・恋のはじまり日記
お気に入りの女性タレントランキング(09/05/20付)1位:大江麻理子(→)、2位:安めぐみ(→)、3位:長尾麻由(初)、4位:安田美沙子(↑)、5位:大橋美歩(↓)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

半袖着てると、夜、上腕三頭筋が寒い。

暑かったり寒かったり、難しい季節です。
食三法仮施行まであと少し。憂鬱になります。
ここ最近の思考内容、及び近況報告です。


・その1
最近買ったCD。
「the pillows/PIED PIPER」
「THE OFFSPRING/RISE AND FALL, RAGE AND GRACE」
「DOPING PANDA/beautiful survivor」
「SPEED KING/SPEED KING」
ピロウズよかったです。
DOPING PANDAは、相変わらずサビ前の「ため」が見事です。
SPEED KINGは、スカパラが2000年頃にやっていた別ユニットです。
最近その情報を知りまして、CDがAmazonでしか見つからず、Amazonで買いました。
初Amazonでした。


最近借りたCD。
「GOING UNDER GROUND/COMPLETE SINGLE COLLECTION 1998-2008」
「TOKYO No.1 SOUL SET/No.1」
「UNCHAIN/rejoice」
「ミドリ/あらためまして、はじめまして、ミドリです。」
「LOSALIOS/The end of beauty」
「LOSALIOS/ゆうれい船長がハナシてくれたこと」
「YO-KING/IT'S MY ROCK'N'ROLL」
「YO-KING/愛とロックンロール」
「真心ブラザーズ/KING OF ROCK」
「椿屋四重奏/RED BEST」
「THE CURE/GREATEST HITS」
LOSALIOSよかったです。
GOING UNDER GROUNDよかったです。
オリジナルアルバムは全て買っているけど、シングルは買ったことなくて、
それぞれのシングルの完成度が高いなと思いました。


・その2
「DREAM.4」
ネットで結果見て、ニコ動で煽りV見て、地上波で試合見て、の流れ。
まずは煽りVに関して。
ジャカレイvsメイヘム、最高でした。
所英男の煽りVが振り切れてた。「マジックミラー号」て!!
ニコ動で見た時に、地上波では絶対カットされるんだろうと思ってたのに、
まさか、しかも土曜の夕方に流してしまうとは!せめてボカせよ。
TBS格闘技放送の歴史が変わった。所英男も、男人気出てほしいなあ。
青木vs永田。青木父が大フューチャー。
青木で感動的な流れを作っておいて、永田兄弟でふざけすぎ。
ギャップが凄かった。ありゃ、会場で見たら盛り上がるだろうなあ。


・その3
「DREAM.4」
試合に関して。
まずは、相変わらずTK&元気の解説が素晴らしいです。心地いいです。
桜庭、負けたかぁ。予想はしてたけど、見事な惨敗。
マヌーフのパウンドラッシュは凄かった。
スピードとパワーがまさに「猛獣」。動物的だった。ヒョードル的だった。
ジャカレイvsメイヘム。
極めまくるジャカレイと、逃れまくるメイヘム。面白かった。
二人ともキャラクターも面白し強いし、人気出てくといいなあ。
解説でも元気語録が満載。
「凄くシュール」「関節もトリッキー」等々。
青木vs永田。
青木強い。カルバン戦もそうだったけど、極め方が衝撃的。
対パワー系で2連勝したので、そろそろ寝業師対決が見たい。
ライト級GP準決勝の組み合わせも決定。
「青木vs宇野」「川尻vsアルバレス」
青木vs宇野は読めない。
青木が宇野を極めたらいよいよ凄いし、宇野が勝っちゃったら全部持ってっちゃう。
川尻vsアルバレスは殴りっぱなしの消耗戦になると思う。大変そう。
ミドル級GPの準決勝は、
「ジャカレイvsマヌーフ」のワニvs猛獣・動物対決と、
「ムサシvs弁慶」の武芸者対決が見たい。
試合と言うか、煽りVが見たい。


・その4
「すべらない話 ザ・ゴールデン」
ゴールデンSPも3回目。そろそろ、飽和してきちゃってる感があります。
観覧ゲストの誉め殺しが、いよいよ鬱陶しいです。
「レッドカーペット」もそうだけど、ネタだけでいいんだよ。コメントやめてよ。
河本さんの「リズム」、浜口さんの「あえぎ声」、
小藪さんの「合コン」、兵動さんの「トランポリン」の話が良かったです。
まあでも、やっぱり深夜枠でこそ、「すべらない話」でしょう。


・その5
「FACTORY」
YOUR SONG IS GOOD~ SOIL&"PIMP"SESSIONSの流れが良かったです。
YSIG、アルバムも出すのか。楽しみ。
SOILのドラム、ベース、キーボードの配置が変わった。
ベースが真ん中でカッコいいです。
FACTORY、何で30分枠になっちゃったんだろう。勿体ない。


・その6
「古畑任三郎・全て閣下の仕業」
レンタルして見ました。
松本幸四郎がの演じる犯人が、もっと完璧な犯罪をするのかな、
と予想してたので、裏切られました。
なんとかかんとか取り繕う松本幸四郎が面白かったです。
ラストは衝撃的でした。そうなるかぁ・・・っていう。


「古畑任三郎FINAL・今、甦る死」
本放送を録画してDVDに焼いておいたのを、ようやく見ました。
いやー練り込まれてますね。見事でした。
見ていて全てに気付いた時、「!」という感覚が最高でした。
しっかし、藤原竜也は底の浅い天才児役がハマリ過ぎ。
そろそろ誰かが継承しないのかな。


・その7
「やりすぎコージー」山ちゃん亮ちゃん。
山崎邦正ここに極まり!
スベりっぷりから、グダグダっぷりから、奇跡の爆笑まで、全て魅せてくれた。
本当に腹が立った。でも、面白かった。
やっぱり山崎邦生は天才だと思います。


・その8
マンガを買いました。
「くるねこ1・2巻」
マンガブログ本です。飼い猫マンガです。
カワイイし、憎たらしいし、ちょっと切なかったり。
ネコの魅力満載です。日常の切り取り具合も抜群です。
ネコの後ろ足とか、後ろ姿の肩の描き方とかがリアル。
本当にネコをじっくり見てるんだなあ、という印象です。


「しろくまカフェ」
シロクマがカフェをやってて、お客にパンダやペンギンがやって来るという内容です。
カワイイです。ユルいです。
パンダがかなりカワイイです。シロクマはカッコいいです。
動物たちが人間社会で生きてるっていう設定が、凄く心惹かれます。
こちらのマンガも、動物の描き方がリアルです。
2本足で立ってるんだけど、不自然じゃない立ち姿で描けてる。
動物好きなんだろうなあ、という印象です。


・その9
前号のイブニングでの「もやしもん」。
バイオ燃料批判という時事ネタあり、地下通路という都市伝説的ネタあり、
凄く面白かったです。
もやしもん、いろいろ賞獲りましたね。やったね!


以上です。
あ、「「食材三品目法'08・仮施行ブログ」よろしくお願いします。
スポンサーサイト
【2008/06/27 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

痒い所を掻くと、余計に痒くなります。

夜寝る時は暑くても、朝起きると寒い季節です。
大抵寒くて起きて、布団はだけて寝てて、風邪引いたんじゃないかと怯えます。
でも、風邪引いてません。元気です。
ここ数日の思考内容、及び近況報告です。


・その1
「ザ・マジックアワー」見てきました。
ネタバレしないように書きますよ。
「THE有頂天ホテル」に比べて、今回はそれほどゲラゲラ笑う内容ではなかったです。
というか、「勘違い」とか、「騙す方・騙されてる方」という設定から成り立っているので、
展開は面白いんだけど、一つ一つのセリフを「何でこの人はこう思ったんだろう?」
というのを、見ていて頭の中で考えてしまう訳です。
だから、「なるほどなぁ」笑いな訳です。趣深い内容なのです。
もっと分かりやすく言っちゃうと、「アンジャッシュのコント」を2時間引き延ばしてる感じ。
妻夫木聡役が児島さんで、佐藤浩一役が渡部さんだなぁと、僕は思いました。
勿論、俳優さんたちの演技力は素晴らしかったです。
特に騙されてるギャング役の方々は見事。
すれ違いの妙。笑わせようとしてないから、面白い。
あと、日本語の妙ってのもあります。日本語の曖昧さだからこそ、成り立っている。
やっぱり、アンジャッシュだと思うんだわ。「原案・アンジャッシュ」なんじゃないかなぁ。
ラストは最高に笑いました。スカッとバカバカしく笑えて感動しちゃう、三谷劇場。
別に個人的な意見ですけど、深津絵理苦手だなぁ。松たか子と同じ苦手意識。


・その2
「古畑任三郎」3rdシーズン再放送。
3rdシーズンは本放送では3話目くらいから見逃して、
再放送でも幾度となく見逃してます。
今回も、中間を見逃しました。どうにも見逃すんです。
でも、福山雅治、玉置浩二、江口洋介の回は見ました。初見です。
江口洋介の回、最終回、見事ですね。
10年近く前のドラマなのに、初見で見て感動しちゃうんだから、凄い。
何より、脇役犯罪者の方々は素晴らしかった。
水道橋博士、山崎一、斎藤洋介。主役でいいんじゃないかってくらい。博士凄かったわ。
未だ見ていない3rdシーズン、松本幸四郎のSPの回、FINAL三部作、
見てない古畑、この際に見尽くしていこうと思います。


・その3
「古畑中学生」見ました。
ヘタすると「金田一少年」になってしまう所を、見事に「古畑」していました。
どうやって「古畑任三郎」が作られていったのか、が見事に描かれてました。
山田涼介って人は凄いですね。こりゃ、シリーズ化を望みたいですね。


・その4
「ガキの使い」図書館で“シー”シリーズ・三谷幸喜。
「ザ・マジックアワー」の宣伝でテレビに出まくっていた三谷さんですが、
ガキ使が文句無しに一番面白かったです。
「鼻わさび」は歴史に残る衝撃映像だったと思います。


・その5
「ゴッドタン」ドジ芝居でマジアピール合戦。
劇団ひとりの怪優っぷり炸裂!
本当に、劇団ひとりって人は天才だと思う。
ここ最近で一番笑った。
あと、日村さんのドジ芝居も天下一品だと思う。


・その6
「虎の門」ニュースの虎。
大久保さん、笑った笑った。
テレ朝のバラエティは、大久保さんの使い方を熟知している。


・その7
「ハチワンダイバー」を読み始めました。
今、5巻中盤まで読んでます。面白いですね。
もっと将棋の展開を事細かに描いてるのかと思ったら、そうでもなく、
勢い重視で勝負が描かれているのが、面白いです。
やはり、格闘技目線なんでしょうね。
こんなに笑うとは思ってなかったくらい、読んでて笑っちゃってます。
1コマ1コマ、あまり今まで読んだことのない展開をしてると思うんです。
キャラクターが、「そうくるか!」っていう言動をしてくるんで、笑っちゃうんです。
セリフも勢い重視で、実際の喋り言葉で書かれてるので、感情が見えてくるんです。
こんなに言葉を噛んでるマンガって、あるのかな?ってくらい、勢いが凄い。
10年くらい前、「ヤングアニマル」を購読してた頃、
初期の「エアマスター」も読んでたけど、それほどピンとこなかったんですよね。
キャラクターの会話がごちゃごちゃしてて、ちょっと鬱陶しい感じがしてた。
でも、その内読み返してみようと思います。


以上です。
【2008/06/15 23:23】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

思ったこと

安めぐみと、綾瀬はるかは、顔の作りが同じだと思います。
でも、僕は安めぐみの方が好きです。
ここ数日の思考内容、及び近況報告です。


・その1
「あと何分あるの?」
「復活!電波歌のコーナー」、イギリスさん面白かったです。
訃報のメールも、イギリスさん面白かったです。
「食三法」のコーナーも始まりました。
詳しくは、食材三品目法'08・仮施行ブログをご覧下さい。
常に新しい情報を更新してゆきます。
随時ご確認下さい。


・その2
テレビで「THE有頂天ホテル」見ました。
劇場で見て以来、2年振り2回目。
相変わらず、ホテル探偵が自らBGMを消すシーンが大好きです。
西田敏行が一番面白い。話の流れ関係なく面白い。
梶原善の引き立てっぷりも、さすが梶原善。
篠原涼子、YOUの、二大「ごっつ女優」の名演技。
篠原涼子、凄いことになったなぁ。エロくなったなぁ。
個人的には、松たか子が回してゆく物語が、あまりピンとこないんです。
本筋とは関係ないし、愛人に勘違いされる行は、過去の自分と重ね合わせてる
ってことなんだろうけど、何かピンとこないまま、終わっちゃうんです。
多分、松たか子が苦手だっていうのが大きいんでしょうけど。
エンディングでのハジケっぷりとか、特に苦手。
「ザ・マジックアワー」早く見に行かないとなあ。


・その3
「虎の門・あの人ならこんなこと言いそうだなぁ選手権」
久々に、虎の門で爆発コーナーが生まれましたね。
初回であれだけ爆発したのは凄い。どんどん膨らんでってほしい。
オードリーの二人が「明石家さんちゃんねる」で似たようなことやってて、
オードリーが生み出した企画と言ってもいい気がする。
オードリー、漫才も面白くなってるし、プチブレイク中かな?
モノマネの上手さでも、ネタの面白さだけでも闘える舞台ってのがいい。
しずるとか、ダブルブッキング・川本とか、椿鬼奴とかのセンスは抜群。
末吉くんとか、エハラマサヒロとか、しあつ野郎とか、原口あきまさとか、
ガチモノマネの人も出てくるし。
バカリズムやチョップリンもそれぞれの味を出してるし。
虎の門、やってくれるなぁ。
MEGUMIのコメントに、いちいち「オイッ」と思いますね。


・その4
「やりすぎコージー・ツッコミ5」
藤本さんのツッコミを見直しました。
劇場の集大成を見せられた感じ。教科書みたいな。
ハリセンボン春菜さんのアドリブ力は凄い。
「虎の門・キレ芸選手権」でも見せたけど、ツッコミで名言を生み出してる。
バラエティで揉まれてきたなぁって感じ。


・その5
国立博物館で「ダーウィン展」見てきました。
大変面白かったです。あまり知らなかったダーウィンの人となりがメインでした。
だから、展示ってよりは、「ダーウィン人物伝」を読んでる感じ。
説明文もいっぱいあって、剥製とか見たくて来た子どもは、飽きちゃったかも。
ざっくり説明しますと、
当時、キリスト教の考え的に、「進化論」は有り得ない話だった訳ですね。
「生き物は全て神が作り出したものであって、人間は特に別格扱いだ」と。
だから、「サルと人間が同じ祖先から生まれた生き物」とか、有り得ないと。
ダーウィンは早い内から進化論を思いついていたけど、
バッシングされるのが目に見えているので、ひたすら研究して、
確たる証拠を見つけて、晩年にようやく発表して。ってそんな感じです。
興味のある方は、wikipediaでガッツリ載ってるはずです。
展覧会に行くといつも思うけど、歴史的な背景とかが頭に入っていると、
作品に込められた意味がさらに深く見てくるんです。
全ては繋がってくるんです。頭の中で繋がる、その瞬間が面白い。


・その6
2時頃、上野の科学博物館にいる時。
窓から外見たら、やたら何台もヘリが飛んでて、何かあったのかなぁ?って思って。
それから暫く経って、4時くらいに上野駅戻ってきて、
何気なく携帯見たら、流れてきたニュースで、秋葉原の事件を知りました。
まぁ、ビックリしましたけど、割と近くに居たのに、
携帯見るまで何も知らなかったということに、怖さを感じました。
ほんの2駅だよ。事件から3時間くらい経っていたとは言え、
周りから一切そんな話聞かなかった。怖いよ。
今日、たまたま上野行ったけど、アキバに行ってた可能性も充分ありえました。
そういや、ヤマギワで火事あった時も、同じ感じだったと思う。
まあ、これからいろいろ論じられるんでしょうけど、
秋葉原が急速に発展した弊害なんだろうなって、少しは思います。
今、人が集まってる繁華街ってなると、渋谷でも新宿でも池袋でもなく、秋葉原なんだ。
本当に、秋葉原が今の時代の象徴になってるんだ。
歩行者天国は恐らく無くなるでしょうね。
ホコ天じゃなければ、こういう被害はなかったはずだし。
被害者の方々にご冥福を祈ります。
あと、ちょっと違う話だけど。
車に思いっ切りはねられて、ちょっと骨折るくらいで無事に済んだ自分は、
改めて奇跡的だったんだなぁって、思いました。


以上です。
【2008/06/08 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

PROFILE

お手てつないで
  • Author:お手てつないで
  • 日記です。
    どーでもいい日々のどーでもいい物事をどーでもよく綴ります。
    しかし、パンダは可愛いですよね。
  • RSS
  • 05 | 2008/06 | 07
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。