新・恋のはじまり日記
お気に入りの女性タレントランキング(09/05/20付)1位:大江麻理子(→)、2位:安めぐみ(→)、3位:長尾麻由(初)、4位:安田美沙子(↑)、5位:大橋美歩(↓)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

くびすじあせばみ女学院

ダメージジーンズは、ファッションとしてよりも、
通気性があるので機能美として、夏場は優れていると思います。
ここ数日の思考内容、及び近況報告です。



・その1
最近買ったCD
「YOUR SONG IS GOOD/THE ACTION」
「pe'zmoku/ギャロップ」
どちらもとても良かったです。
YSIG、どんどんカッコよくなってます。ノれます。
pe'zmokuいいです。suzumokuも聴いてみます。


最近借りたCD
「BEAT CRUSADERS/popdod」
「DOES/SUBTERRANEAN ROMANCE」
「DOES/NEWOLD」
「Perfume/Perfume ~Complete Best~」
「髭(HiGE)/Hello! My Friends」
「ザ・50回転ズ/50回転ズのビリビリ!!」
「THE JETZEJOHNSO/Discoveries」
「SPARTA LOCALS/セコンドファンファーレ」
「The Birthday/Rollers Romantics」
「LOSALIOS/世界地図は血の跡」
「Blankey Jet City/国境線上の蟻 ~The Very Best of Blankey Jet City~」
ザ・50回転ズ、他のも聴いていこうと思います。


・その2
「第13回大喜利夜会」
約2ヶ月ぶりの、お久しブリトニー・スピアーズ。
かなり沢山お客さんが入ってました。
お越し頂いた皆様、ありがとうございました。
今回は、レギュラー陣、お客さん交えての大会を開催しました。
詳しい結果は、POARO大喜利Blogをどうぞ。
好評であれば、今後もお客さん参加型の形式を取っていきたいです。
舞台に上がって、人前で大喜利するなんて、自分一人ではできない事です。
秘めたるものを心に持っている人は、どしどし参加して下さい。
僕らの影響を受けて、大喜利コミュニティを作ってる人達が何組かいるみたいで、
そういった人達とどんどん交流していきたいです。
「大喜利夜会」なり、「大喜利実力判定考査」なりを目指して、
猛者が集う感じになったら、凄くワクワクします。
先日、「ハガキ職人ナイト」を見に行きましたが、
あそこに出演してる人達とかとも絡んでいけたら面白いなぁ、とかも。
参加者の幅がどんどん広がって行けばいいなぁと思います。


・その3
さて、今回は個人的には、それなりの意気込みを胸に挑んだわけです。
まあ、いろいろ思うところありまして。
結局、これといった結果は残せませんでしたが、物凄く勉強になりました。
自分が舞台に立って、客席から見ていて感じたこと、
伊福部さんからの言葉、お客さんのブログ等、いろいろと考えさせられました。
まず、今回は「1問の制限時間を5分」というルールで行いましたが、
制限時間ってのはとても重要なんだなと気付きました。
5分なら5分、10分なら10分、無制限なら無制限、
時間によって、それぞれの戦い方が求められるんだな、と。
格闘技とかと一緒。大喜利も制限時間に合わせて、自分の力を出し切らなきゃならない。
時間が短いのであれば、自分のスタイルを崩してでも、勝ちに行く必要がある。
不利になる部分は削ぎ落として、攻撃力を増していかねばならない。
難しいですね。面白いです。


今回、半ば強制的にお客さんに、
「今回のお手てつないでの出来はどうだったのか」ブログに書いてくれ、と頼みました。
mixiで検索で引っ掛かったものは全て見ました。
励みになりました。ありがとうございます。
それぞれの視点から、様々な感想を頂きましたが、
これは僕一人に対してのコメントではないな、と思いました。
大喜利をする上で、全ての人に対して言えることだな、と。
実に興味深いです。これだから大喜利はやめられません。


僕の解答に対し、「私は面白いです」という感想、沢山拝見しました。
嬉しいですけど、でもそれってのは誉められつつ、貶されてもいるんですよね。
「結局、万人には伝わらない世界だと思います」って事になる訳です。
じゃあ、「満場一致で面白い」って言われるようになってやるよ!
って、思う訳です。だから、結局自分の感覚を突き詰めるしかないんです。
圧倒的な力で切り開いて、全てをねじ伏せてやりたい。
あと、知らずの内に自分のキャラクターが求められているというのも、難しいのです。
中途半端に、キャラクターが浸透してしまってるばっかりに、それが邪魔になってる。
そういうのも含めて、ぶち壊してやりたいなぁと思う訳です。
壊して、また壊して、常に今の自分を表現していきたいです。
ああ、自分が求めているのは、破壊的な世界なんだなぁ。
身を滅ぼしているなぁ。


・その4
「平成20年度大喜利実力判定考査」の文字起こしをしまして、
POARO大喜利Blogにupしました。
良かった解答はほぼ全て記載しました。
入場シーンでの紹介文なんかも載せています。
一生懸命やりましたんで、是非ご覧になって下さい。
個人的な興味もあって、全員の解答数も数えてみたんです。
これが実に興味深い結果に。
伊福部さんが圧倒的に多くて、1問につき平均9コは答えを出してる。
本人も言っていたように、とにかく手数を狙った結果です。
それに対し、解答が少ないのが哲ひとくんとイギリスさん。平均3コくらい。
でも、この二人はその分的中率が高いんです。ほぼハズレ無し。
この辺も、研究していくと面白そうです。
どれくらい数出していくべきなのか、どれくらい狙って抑えるべきなのか。
特に、哲ひとくんには大一番を前に振り返って頂ければと思います。
皆さんもお時間があれば、熟読して下さい。


・その5
ダイナマイト関西・オープントーナメント2008
「ルミネtheよしもと予選④」観戦。
優勝はハチミツ二郎さん。圧倒的でした。
準優勝がPOISON GIRL BAND吉田さん。
この二人が、引き出しの数とか、パワーとか、桁違いでした。
ハリセンボンは相変わらず二人とも良かったし、
ロンブー亮さんもかなり強かったです。
でも、今日イチだったのは、アホマイルド高橋さん。
 【『ホームレス中学生』をパクった本が発売。どんなタイトル?】
 「ミキプルーンパクパク小学生」
会場がどよめきました。凄かった。
密室空間での爆発的な笑いと、大会場での笑いの誘発現象の両方が見れた。


・その6
「DREAM.5」、試合に関して。
「青木vs宇野」
寝技の攻防が面白すぎて、何度も声を上げてしまった。
初見のインパクトも凄かったけど、ビデオで繰り返し見ても、技術合戦が面白い。
極める青木も凄いし、逃れる宇野も凄い。
バックからの三角は痺れた。
入場で気合いの入った宇野の表情が良かった。
「川尻vsアルバレス」
予想通りの殴り合い。
KO寸前は、互いにギリギリの打ち合いで、ヒリヒリした。
川尻、あと一歩でいつも惜しいなあ。
「アリスターvsハント」
アリスターがまたもKY勝利。
これでミルコに勝ったりしたら、本当に主役になれるんだけどな。
「秋山vs柴田」
秋山の入場、ブーイングに対してももはや余裕。むしろ楽しんでた。
大晦日を超えるふてぶてしさに震えた。
あの入場は、毎回見たい。怖いもの見たさに似てる。
柴田、湧かせつつあったところで捕まっちゃった。
柴田が柔道着掴もうとして、秋山が袖を捲る攻防が面白かった。
柴田はもっと嫌がらせをやればよかった。桜庭みたいに。
「青木vsハンセン」
青木、油断か、疲れなのか。最後パウンド一発で決着。
リザーバーの優勝とは言え、ハンセンだから文句はないと思います。
ハンセンほどの腕の長さだと、さすがの青木もパウンド避けづらいのかも。
今後青木に勝つには、青木と同じくらいの手足の長さが必要なのかも。


・その7
「DREAM.5」、煽りVに関して。
今回は即日放送だったので、
放送見た後にニコ動で、会場版(佐藤D&立木ナレ版)をチェック。
「青木vs宇野」「川尻vsアルバレス」など、TV版との相違が結構あった。
いつも通り、TV版は伝わりやすく、会場版はよりストーリー性が強い作り。
会場版のはグッとくる度合いが強かったけど、TV版もなかなか良かったと思う。
雰囲気はそのままに、よりライトでスタイリッシュになってた。
もし、佐藤Dではなく、TBSのDがTV版を作っていたのなら、それは素晴らしい。
「秋山vs柴田」も、両方とも面白かった。二つの違いがまた面白い。
TV版では結構秋山に対して、かなりずけずけと批判するのに対し、
会場版では延々秋山の歌を流すだけで、ナレーション無し。スゲエ。
「ハンセンvsブラックマンバ」も良かった。
選手名と同時に静止画にする演出、凄く好きです。
ハンセンとマンバのキャラが全面に出てるシーンでポーズしたのが、最高です。
でも、何よりも良かったのは、オープニングVTR。
これをTVで流さないなんて勿体ないことこの上ない。
DVDでは、何とか入れて欲しいなあ。煽りVも含めて、入れて欲しい。


・その8
7/21は「モヤモヤさまぁ~ず2」祭りでした。
全部見ました。
なによりも、大江アナが髪を切っていたのが素敵すぎます。
ショートカットの大江さん、最高だと思います。ヤッホー!
ショートカット好きとしては、堪りません。ウホーイ!
ゴールデンの「日暮里・舎人ライナー」は、ちょい地元。
荒川で教職員をやっている母親は、放送直前に鉛筆工場のおじさんに会ったそうです。
「モヤモヤ鉛筆」見せてもらったそうです。いいなー。
「ハワイSP」は、とにかく画面からも空明るさが伝わってきて、
健康的な気分になりました。ロハスってこういうこと?



・その9
東京スカパラダイスオーケストラ、冷牟田竜之脱退。
残念ですね。
身体の面もあるでしょうが、表現の方向性も、あるんだろうなって思います。
DVD「SMILE」の中で、
冷牟田さんが、自分の身体の話をしていて、最後に、
「音楽以外でも表現していきたい。その時は、素顔でやる。」
と、言っていました。
そういうことなんだろうなって。
スカパラの枠を飛び出した、「冷牟田竜之」という表現に期待したいです。
一方で、冷牟田竜之無きスカパラには、多少の不安があります。
狂気的で、暴力的な世界観が無くなっちゃうなぁって。
特に、さいたまスーパーアリーナでの「ルパン三世」の暴れっぷりは、凄まじかった。
あれが無くなるってのは、ちょっと寂しいです。
ただ、フロントが空いたことにより、よりアグレッシブにはなると思います。
また、どんどんコラボとかやってって欲しい。
で、最終的にまた戻ってきて欲しい。


以上です。
スポンサーサイト
【2008/07/29 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

複雑

哲ひとくん、
「ダイナマイト関西・オープントーナメント2008」ノンジャンル予選出場!
本日の思考、及び近況報告です。


・その1
先日も書きましたが、「ダイナマイト関西・オープントーナメント2008」
予備予選というものに哲ひとくんが参加しました。
そすいてこの度、見事通過。
8月2日(土)、ルミネtheよしもとで行われる、
「ノンジャンル予選」に出場することが決定しました。
公式サイトでもバッチリ本名出てます。
正直、哲ひとくんなら予備予選は通過して当然だと思っていました。
面白い人間は、ちゃんとした評価を得て当然です。
あとはノンジャンル予選でどれだけ風を吹かせられるか、だと思います。
ルミネに牙剥いてきてほしいです。
あ、因みに。私、お手てつないでは、web予選すら通過してません。ステーン!!


・その2
まあ、なかなか複雑な気持ちです。
今回のオープントーナメントにはかなり思い入れがあったし、
自分が思い描いていた絵空事が、見事に哲ひとくんが成し遂げているので、複雑です。
「あと何分あるの?」でも、散々話されてましたが、
ポアロのお馴染みの、「讃えられるべき人間を、とにかくイジリ倒す」という流れも、
今回は全く乗っていけませんでした。おえって、吐き気すらしました。
この感覚は何なんだろうなぁ?と。
悔しさとか、己への怒りだとか、評価というものの難しさだとか。
でも多分、一番占めているのは「嫉妬」なんだろうな、と思います。
そこはもう仕方ないっす。


・その3
「web予選」なんてのは、メールでの大喜利だし、
文字で見ただけで面白い答え、瞬時に伝わる答えがいいってのも考えたけど、
結局、僕は自分の好きな答えで送りました。
文字で見ただけでは伝わりづらいかもしれないけど、好きなの送ったれと。
結果、そこが通らなかったってのは、なかなか凹みます。
千通以上のメールから残るのなんて、運半分ってのもあるだろうけど、
でも、そこを通れた人間が身近に居たんだから、尚更考えさせられます。
まあ、僕なんてのは薄っぺらい人間ですから、
「web予選通過しました!」なんてなことを書いてる人のブログを検索して、
その人が送った答えを見たりして、
「なんだよ、俺の方が10倍面白いじゃねえか」とか、ぶつくさ言ってるわけです。
僕なんてのは底の浅い人間ですから。
もっと大喜利したいんだよなー。
自分には大喜利くらいしかないんだよなー。


・その4
でも、哲ひとくんが勝ち進んでくれたからには、爪痕残してきてもらわないと。
僕らが4年間やってきた軌跡を、表舞台でも見せてもらいたいです。
本番は相当緊張するでしょうけど、
経験値だったら、普通の素人に比べたらケタ違いなはずです。
やってくれるはずです。
願わくば、哲ひとくんが風穴開いて、
世の中にはまだまだ面白い奴がいるぞ!って話になって、
いつの日か僕とかにも出番がやってきたらいいな、とか思ってます。勝手にー。
当日は見に行きますよ。
多分、泣いちゃうと思います。


・その5
で。
7/25(金)「第13回・大喜利夜会」
開場18:00 開演18:30 あさがやドラム

とりあえずは、大喜利夜会で鬱憤を晴らします。
よろしくお願いします。
小規模ながらも、定期的に人前で大喜利ができるってのは、貴重なことです。
何かしら、自分らしさを見せられたらと思います。
客席からの参加者も募るので、ホワイトボードなり持参して頂ければと思います。


以上です。
【2008/07/21 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

しょっぺーしゃけ

久々の更新となりました。
暑いですね。いろいろありました。
ここ最近の思考内容、及び近況報告です。


・その1
「食材三品目法'08・仮施行」無事終了しました。
お疲れ様でした。
「食材三品目法'08・仮施行ブログ」
たくさんの方にご覧頂き、ありがとうございました。
最高で、グルメランキング6位まで行きました。ゲラゲラゲラ。
まあ、「国の人間」とか言って、みんなからも言われて、
ルールとか細かいの決めるの好きだから、しちめんどくさいことやってましたけど、
終わってみたら本当にめんどくさかったです。
少なくとも、来年までは考えたくないです。もーめんどくせーって。
仮施行の一週間。
食三法マンションでの生活は楽しかったです。
最終日の日曜夜。マンションに向かう道で、何だか切なくなりました。
この一週間で、さらにチャーハン作りが上手くなった気がします。
あと、慣れないキッチンで料理するには、とにかく手際が大事だなとわかりました。
余計なことをしない。常に周りを片付ける。準備を整えて一気にやる。
勉強になりました。
あと、食三法に合わせて、新しい包丁を買いました。
すげー切れます。


・その2
箱根行ってきました。
箱根は、もうかれこれ6、7回行ってます。好きなんです。
移動が1時間半くらいで、疲れないからいいんです。移動で疲れるのヤなんです。
「天山湯治郷」という立ち寄り温泉がお気に入りです。割と穴場です。
貸部屋があって、その奥にある露天が最高です。
蕎麦を食べ逃したのが心残りです。
あと、宿で寝ていたら、生まれて初めて金縛りに遭いました。怖かった。
居眠りしちゃう感覚で“スコーン”と落ちて、なのに意識はハッキリしてて、
何者かにノドを絞められる感覚がして、すごく怖かった。
要は自分で勝手に息止めてただけなんでしょうが、怖かった。


・その3
「ダイナマイト関西・オープントーナメント2008」
いよいよ開幕しました。
開幕戦の「ルミネtheよしもと予選①」を見に行きました。初D関でした。
独特の空気感を味わいました。
見事に大喜利が競技と成し得ているなぁと、感動しました。
ただ、個人的に思うのは、「完全ポイント制」というD関ルールだと、
一発ドデカイ笑いを出した解答には、栄誉が与えられないという点。
「試合には負けたが、勝負には勝った」という試合を幾つか見て、
これは競技としての厳しさだなと思いました。
1回戦での麒麟の川島さんと、準決勝でのカリカの林さんの解答が、
共に試合には負けていたけれども、今日イチだったと思いました。
Tシャツ買いました。すごくいいデザインです。夏向きです。


・その4
「ダイナマイト関西・オープントーナメント2008」
一般参加者に向けてのweb予選というのがありました。
お題に対して答えをメールで送り、そこに通ればオーディションとしての予備予選。
さらにそこを通れば予選に進出できるという流れです。
メール送りました。で、通りませんでした。ステーン!!
それなりに、というか完全に自信満々だった為に、それなりに凹みました。
まあ、僕の意気込みが乗り移ったのでしょう。
哲ひとくんが見事web予選を通過し、予備予選でもかなりの好成績を残したそうです。
予選を観戦しに行ったイギリスさんの証言もありますし、
mixi等で、見知らぬ人の感想でも、明らかに哲ひとくんと思われる人物を評してました。
これは、予備予選も通っちゃってるんじゃないかなって、思ってます。
勝手に確信してます。すげーなー。
少なくとも爪痕は残せたみたいなので、さらに食らわせてきてもらいたいです。


・その5
8月・ポアロマンスリーライブ。
ド平日だったため、ライブには行けず。打ち上げから参加してきました。
その後の大喜利大会は、遂に48回目を迎えました。丸4年です。
詳しい結果は近々、「POARO大喜利Blog」にて。
今回のテーマは、「架空の物語」「人でなし」でした。
何か、そういう流れになっちゃいました。
やっぱダメだね。あの密室空間を4年も続けちゃったら、もうダメになるね。
大喜利じゃないもの。いや、大喜利してるつもりなんだけど、大喜利じゃなくなる。
「お題に対する自分の中での勝手な解釈」が、一度走り出したら止まらないんです。
どうやって調整したらいいのか、本当にわからない。
でもまあ、D関の空気を体験してきた哲ひとくんから、
「腹痛くなるほど笑った」という言葉を頂いたので、良しとします。
それで良しとしてるから、ダメなんだけど。


・その6
大相撲名古屋場所。始まりました。
綱取り・琴欧洲が、序盤でカッチコチになって2敗しちゃったり、
ケガと稽古不足の朝青龍が、これまた序盤で2敗しちゃったり、波乱だらけ。
白鵬が持ってっちゃうか、安馬がそろそろ爆発するか。
大関・横綱陣を倒しまくってる豊ノ島も、見逃せません。
腰のテーピングが「M」ってなってるの。完全にわざとやってる。
多分、初日で「M」で勝って、お相撲さんは験を担ぐからずっと「M」なの。
「M」が定着したら、面白いなあ。


・その7
「DREAM.5」が近いです。久々の即日ゴールデンタイムでの放送です。
ライト級GPがどうなるのだろうか。
宇野vs青木が楽しみ。どうなるのだろう。
秋山を煽りVでどう扱うのかも楽しみ。


・その8
告知です。
7/25(金)「第13回・大喜利夜会」
開場18:00 開演18:30 あさがやドラム

約2ヶ月ぶりの大喜利夜会です。ごぶさたです。
今回は金曜です。始まるのもいつもより1時間早いです。
お越し下さい。
久々の夜会なので、内容もカッチリいきたいです。
4月に行った「判定考査・予選」と同じシステムとか考えています。
2ブロックでの準決勝と、成績上位者による決勝。
あのシステムで、レギュラーメンバーである僕らはちゃんと闘えるのだろうか、と。
客席からの参加も考えているので、ホワイトボードなり持参して頂ければと思います。
あ、もしくは、
哲ひとくんがD関予選通ったら、哲ひとくんを鍛える企画でもいいかもしれないですね。
ずーっと勝手なこと言ってますけど。でもまあ多分通ってるよ。
僕としては、人前でちゃんとした大喜利をしたいです。
更正させていきたいです。


以上です。
【2008/07/17 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

PROFILE

お手てつないで
  • Author:お手てつないで
  • 日記です。
    どーでもいい日々のどーでもいい物事をどーでもよく綴ります。
    しかし、パンダは可愛いですよね。
  • RSS
  • 06 | 2008/07 | 08
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。