新・恋のはじまり日記
お気に入りの女性タレントランキング(09/05/20付)1位:大江麻理子(→)、2位:安めぐみ(→)、3位:長尾麻由(初)、4位:安田美沙子(↑)、5位:大橋美歩(↓)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

みたらしオーケストラ

力尽きて何もしないままで8時間寝るのよりも、
風呂入って着替えてから6時間寝た方が、翌日スッキリ過ごせます。
ここ数日の思考内容、及び近況報告です。


・その1
「OOGIRI4・納涼中間制作発表会」
舞台上でコメントしながら観させて頂きました。
きゅうりさんの意向により、今回はイベント事をメインにして、
大喜利はざくざくカットされていましたが、まあそれも良いかと思いました。
正直、旅行の中での大喜利って、ほとんど記憶にないんです。
だから、見ても見なくても一緒です。
吉鶴くんのカラオケ押し、WON'T BE LONG、伝わらないモノマネなど、
これがメインでいいんだか分からない映像の数々。
部屋決め直前のダラけた雰囲気とか見ると、ああ、旅行だなぁと。
相変わらず常軌を逸しています。
僕が個人的に撮影していた、「雑なピタゴラスイッチ」がえらく好評でした。
誰でもどこでもできますんで、ヒマな時にやってみるといいと思います。
きゅうりさんのツボなのか、不思議な構図、中途半端なアクションのシーンがあって、
それが凄く好きでした。
WON'T BE LONG越しのからてさんの背中とか、
ポーズを取ろうとして取れない伊福部さんの動きとか、布団にくるまる僕とか。
何でカットしないんだろう?っていう映像。
ともあれ、完成を楽しみにしております。


・その2
マンスリーライブの時間は用事があったため抜け出してました。
小屋の中は蒸し風呂状態だったらしく、抜けてて良かったなぁなんて思いました。
打ち上げ時に戻ってきて、大喜利へ。
大喜利は遂に5年目に突入。次回は区切りの50回です。
すごいなあ。無駄に積み重ねてきちゃったなぁ。
この4年間の名作選なんてのも、まとめてみたりしています。
まとめていると、もー何が面白いのか分かんないっす。
その内、何らかの形で発表できたらいいなと思っています。


あ、今回の結果はPOARO大喜利Blogをどうぞ。
毎回思うのですが、場の流れを解答だけで伝えるは不可能です。
「パンティー二等兵」だとか、「はんぺん電車」だとか、何言ってんだかわかんねえよ!
「パンティー二等兵」からは、
「ブラジャー大佐」「ガーターベルト通信兵」という言葉も派生しました。
因みに、それぞれの下着しか装着していません。
「ガーターベルト通信兵」は、ガーターベルトのみです。
『そんな姿の人、AVの後半でしか見たことねえよ!』って、
自分が発言したのを覚えています。
「はんぺん電車」に至っては、ここ3ヶ月連続で出てきているワードです。
もはや記録にすら残ってないエクストラ問題で、
【はんぺん電車についていろいろ教えて下さい。】というお題も出ていました。
「ちくわレール」
「連結部がコンニャク」
「連結のアコーディオン部分が湯葉」
「吊革がちくわぶ」
などの解答が出ていました。常軌を逸してる。
そんな大喜利も次回で50回! 何事も、潮時ってあるよね!


・その3
コミケに行ってきました。初めて行ってきました。
土曜日、からてさんの所をチラッと覗きに行ってきました。
昼頃にお台場着いて、アクアシティでお昼食べて、ちょっとブラブラなんかして、
2時くらいになってビックサイトへ行きました。
そしたら、何だか思ってた程じゃなかった。
手荷物検査もなかったし、全く動けない程の人混みでもなかったし、
すんなりとからてさんのとこまで行けました。
「ニッシン」を頂いて、ちょっとブラッと見て回って、30分くらいで帰りました。
帰りもよゆーでした。見た目は凄いけど、何も巻き込まれないまま帰れた。
何がそんなに大変なことがあるのー?ってなくらい、拍子抜けでした。
帰りのゆりかもめの駅が長蛇の列で、
有明駅まで歩いたら、よゆーで座って帰れました。
何つーか、みんなそういう知恵ってないの? 何でみんな並んじゃうの?
そういう外回りした方が楽だっていう知恵は、コミケのサイトなりに書いてないの?
もっと言うと、コミケ以外でもゆりかもめ乗る時いつも思うけど、
何でみんな券売所に並んじゃうの? 何で先に券買っておかないの?
往復乗車券買うなり、一日乗車券買うなり、スイカなりパスモなり使えばいいじゃない。
何なんだろうなーって、いっつも思います。
「ニッシン」読みました。よくまとめたなーって感じです。
イギリスさんのドット絵、素晴らしいです。


・その4
横浜へ遊びに行きました。
八景島シーパラダイスに行ってきました。
ショーがとにかく素晴らしかった。
アシカ、セイウチ、シロイルカ、ペンギン、イルカと、
ノンストップで30分に渡るショーを繰り広げるのです。
一つ一つの完成度もさることながら、硬軟織り交ぜてのバランスが見事でした。
ペンギンが最高でした。あれは、是非見るべきです。あれには負けます。
水槽系も充実してるし、海獣も充実。ホッキョクグマはずっと寝てました。
イルカと触れ合えたり、旭山動物園と同じパターンのアザラシ水槽があったり、
水族館だけで3つのゾーンがあって、一日中楽しめます。また行きます。
あ、おみやげも充実してました。ペンギンのぬいぐるみ買いました。


・その5
ダイナマイト関西2008。
府立・決勝大会への出場者が出揃いました。
いやー、ワクワクします。
世代交代的な様相が濃く、2年前の開幕戦とはガラっと顔ぶれが変わりました。
2年前のベスト16の内、今年も残ったのは、ケンコバ、西田、後藤のみ。
残りの内、10名が予選敗退。
さらに、井上、日村、木下の3名は不出場。出て欲しかったなぁ。
竹若、木村、久馬の創設メンバーが、予選決勝まで残って敗れているところに、
ドラマとか、9年の年月を感じます。
府立、見たいけどなぁ。
決勝トーナメントの前に、リザーブマッチをやってほしいです。
各予選の準優勝者から選出したら、相当いいマッチメイクができると思うんです。
「木村vs山里」とか、「竹若vs久馬」とか。
リザーブマッチなのに、豪華な対決が見れて最高だと思うんです。
今月号の「クイックジャパン」に、D関特集載ってます。
バッファロー吾郎のインタビューを読んで、
大喜利大会に対する思い、目線とかに、感銘を受けました。
規模は違えど、「夜会」なり「判定考査」なりも、方向性は間違ってないのだな、と。
『ダイナマイト関西=大喜利×スポーツ』


・その6
「虎の門・納涼おばけ柔道大会」
虎の門柔道最高!
メンツがマジすぎる! 2段とか3段とかゴロゴロ居るって、何なんだよ!
「佐田vs八島」、「しあつ野郎vsやす」が良かった。
「佐田vsおやきくん」での、腕十字への流れが凄かった。
あんなのバラエティの柔道じゃないよ。腕を折りに行く柔道だよ。
今度は異種格闘技で、レスリングvs柔道とかやってほしいなあ。


・その7
「やりすぎコージー・天王洲猥談」
2年振りに天王洲猥談復活!! 最高でした。
本当に面白かった。怪談口調を交えての見事な猥談っぷり。
やっぱり、芸人さんによる猥談は素晴らしい。
間違いなくDVD化されるだろうし、これでライブがあったら見に行きたい。
いっそ大会を開いてほしいなあって思いました。日本一を決めたらいい。
徳井さんの弾けっぷりが素晴らしかった。
ここまで売れてる中で、あそこまでエロができるってのは、男らしい。
天王洲猥談が、いずれ文化遺産になればいいなぁ。


・その8
オリンピック見てます。
柔道やレスリングは、丁度見れない時間帯だったのでほとんど見れず。
女子レスリングがニュースとかで見ました。日本の女子は強い。
彼女たちこそ、本当に強くて美しいと思う。
陸上はかなり見てます。
男子100mのボルドが凄かったです。
決勝なのにぶっちぎりで、余裕かましまくって世界新。なんだそりゃって感じ。
女子棒高跳び、イシンバエワが見事でした。
たったの2本飛んで金メダル。
さらにその後、全ての種目が終わって自分一人が競技している中で、世界新。
プロだなあと思いました。憎たらしいほど。


以上です。
スポンサーサイト
【2008/08/19 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ダイナマイトハガキ職人

どこよりもアツい、「ダイナマイト関西・東京ノンジャンル予選」のレポートです。
ここ数日の思考内容、及び近況報告です。


・その1
ダイナマイト関西・オープントーナメント2008
ルミネtheよしもと予選⑤(ノンジャンル予選・東京)」
観戦して参りました。大喜利メンバー集結で行って参りました。
「ノンジャンル予選」とは、芸人以外による予選大会。
ライター、プロレスラー、漫画家などの各界の著名人、さらに一般参加者。
言ってみればコアなイベントです。
それだけに、“芸人による大喜利イベント”とは違う、
「ダイナマイト関西」の本質である、“競技としての大喜利”の真髄が表れてました。
実に興味深かったです。本当に勉強になりました。
勿論、一般参加者の新田選手(哲ひとくん)を応援しに行っていた訳ですが、
応援目線のみならず、戦いの妙に引き込まれていきました。


・その2
まずは「哲ひとくん応援目線」から話します。
まー、哲ひとくんは堂々としてましたよ。
入場から、舞台上での佇まいから、大喜利から、立派なもんでした。
大喜利における姿勢に関しては、全選手の中でも一番でした。
解答の見せ方、発声は完璧。場慣れです。経験値です。
結果は、1回戦でマッスル坂井に破れ、初戦敗退。
しかも、「2-2」での延長によつサドンデスで、
サドンデスの判定も「1-2」。
惜しかったです。惜敗でした。
マッスル坂井も本調子とは思えなかった為、あと一発が出せれば・・・という。
事前に本人は、「とにかく手数を打ちたい」と言っていて、
実際に手数は出せていたけど、
相手のマッスル坂井はそれを上回る手数とパワーで攻める人なので、
相当のプレッシャーがあったと思います。
お題との相性、対戦相手との相性、初戦という緊張など、
色々あったとは思いますが、あと一歩でした。
本調子の哲ひとくんなら、もっと破壊力が出せたはず。
客席で見ていて、ずっと悶えていました。
それでも、哲ひとくんは、いつもの我々の大喜利をやってくれたと思います。
言わば、「POARO大喜利」で戦ってくれたと思うんです。
解答から、想像でストーリーが膨んでいく笑い。
我々はそれに慣れているから伝わるんだけど、
ダイナマイト関西では、一発で伝わるシンプルな笑いが求められるのかな、と。
ま、こればっかりは、文句無しで面白ければ関係ないんですが。
まずは、哲ひとくんにお疲れ様です。
いやー、難しいね。
因みに、僕を含めて5人で観戦しにいったんですが、
僕ら以外で、客席の中で大喜利Tシャツを着た人を7、8人見ました。ゲラゲラー。


・その3
トーナメントの流れは、準決勝のベスト4が、
一般参加・レオちゃん、マッスル坂井、おおひなたごう、せきしろ。
決勝は、レオちゃんvsせきしろ。
結果、一般参加のレオちゃんが優勝。
芸歴13年の芸人さんであり、予備予選でも圧倒的だったと聞くし、
勝ち進むにつれ、レオちゃんの強さが目立っていました。
せきしろさんも優勝候補的ポジションで、そりゃ強かった。
決勝は名勝負だった。
序盤はせきしろペースで、徐々にレオちゃんが巻き返し、
せきしろがパワーダウンしてきた所で、レオちゃんが畳み掛ける、という。
まさに、“競技としての大喜利”が完成されていました。
ラスト、「1-1」になってからのレオちゃんは特に良かった。
「決勝のラスト1ポイント」は、満場一致で爆笑と取らなければ動かない。
ギリギリでポイントに届かないながらも、レベルの高い解答を出し続け、
しかも息が切れない。スタミナ面でも強かった。
発想のインパクトと、ストーリーを感じる奥行きの深さがあって、
個人的に見ても、非常に好みのタイプの大喜利でした。
決勝でも台風の目となってもらいたいです。
無名の芸人が一般参加からの優勝ってのは、ストーリーとしては見事ですよ。
一般参加枠の重要性が、今後広がっていくんじゃないかと思われます。
素人のみならず、無名だが実力のある芸人にもチャンスがある。
これぞ、オープントーナメントの醍醐味ですね。


・その4
おおひなたさんは、さすが漫画家。漫画家の大喜利を見せてくれました。
大阪のノンジャンル予選では、和田ラヂヲが優勝してるし、
漫画家枠ってのが今後必要とされるかもしれない。
椎名基樹のめちゃくちゃっぷりも面白かった。手が付けられない。
ああいう引っ掻き回す人間は、一人は必要なんだな。
1回戦でせきしろさんに破れた、女優の吉原さんも素晴らしかったです。
役者ならではというか、即興劇の設定のような解答を出されてました。
シチュエーションだけで物語が広がっていく感じがして、凄く好きでした。
大喜利ってのは、笑いのセンスだけでなく、想像力の豊かさの戦いでもある。
そういった意味で、ノンジャンル予選というのは、いろんな才能を持った人達が、
それぞれの大喜利を見せてくれるので、実に興味深いものでした。
大阪のノンジャンル予選では、
修斗ウェルター級チャンピオン・中蔵隆志や、スムルースのボーカルなんかも出ていて、
異種格闘技の匂いが感じられます。
まさに、「競技」と「興行」の境目にチャレンジしている。
終了後、バッファローの木村さんも、
「ノンジャンル大会だけでもっと広げていきたい」とおっしゃってました。
本当に、可能性を秘めていると思います。
そして、願わくば、隙あらば、僕も食らいついていきたいな、とか思いました。



・その5
後日、哲ひとくんと会いました。
カプリチョーザとサイゼリアにて、諸々色々話しました。
裏話とかも聞けました。ムフフー。
本人は相当悔しがっていました。
負けたことよりも、力を出し切れなかったことがふがいない、と。
特に、サドンデスがしんどかったと。サドンデスだけはイヤだったと。
確かにね、サドンデスの問題って、どれもしんどいと思います。
「ここにきて、そのお題でどうボケろと・・・」という感じのお題。
サドンデスは全てドSお題ですよ。キツかったろうなあ。
あとは、判定が今回はインパクト重視だった気がします。
ノンジャンル予選という、参加者のキャラクターが浸透していない状況では、
キャラに乗った答えというのは、評価が付けられないというのもあるだろうし。
また、客層が若干男性が多くて、反応が重かったように感じました。
女性の軽い笑い声とか、あまり聞こえてこなかった。
そういう客席の反応も含めて、判定に対する不満があったのも事実です。
奥行きを感じる解答、想像力をかき立てられる解答の評価が薄かった。
【10年前に埋めたアホアホタイムカプセルの中から出てきたものとは?】
→「アホアホタイムカプセルのカバー」(レオちゃん)
これにポイントが入らなかったのはおかしい。明らかに誤審だと思いました。
まあ、それもこれも含めて、戦いの難しさですね。


・その6
あと、これは個人的に思ったことですが、
ダイナマイト関西の“競技としての大喜利”を目指す為には、
どうしたらいいのかなぁ、と。
「実力判定考査」は、過去2回で我々なりにかなり突き詰められたと思うんですが、
さらに競技としての緊迫感を出す為には、何が必要なのかな?と。
競技として完成されたD関のルールは素晴らしいと思うのです。
だからといって、D関のマネじゃダメだと思うんです。
D関のマネしたって、D関には勝てないからね。
要は、参加者一人一人の姿勢だとは思うんです。より真剣になる必要がある。
その為に必要なものは何か?
模索していけたらなぁって、勝手に思っています。
全くの余談ですが、カプリチョーザのランチでは、
フォカッチャが食べ放題で、結構美味しかったです。
さらに余談で、サイゼリアに行ったのは久々だったのですが、
それはそれは若いのでごった返してました。
若いのだらけでしたよ。ゲヒヒヒヒ。


・その7
【特典!!
 ~ルミネtheよしもと予選⑤「一回戦第二試合」全解答~】
(たらんりゅーさんによるメモを参照)


 玄武・新田哲章 vs 白虎・マッスル坂井


【現代にタイムスリップしてきた侍が放った第一声とは?】
「ぶ、文明開化ぜよ~!」(マッスル)
「へー、仏教を信じてると こーゆーことにもなるのかー」(新田) →白虎マイナス
「キ、キテレツ斎どの~!」(マッスル)
「落ち着けオレ! いろはにほへと、いろはにほへと」(新田)
「エ、エルサムライ?」(マッスル) →玄武マイナス
「やりました!成功です平賀源内さん」(新田)
「そこのお前、すまないけどおはぎをくれないか」(新田)
「ビンゴ!(絵)」(マッスル) →玄武マイナス


【行列ができる展望台、そこから何が見える?】
「自分のおごり」(マッスル)
「落とし穴に落ちて、上半身だけ見えている大林素子」(新田)
「青木真也の死角」(マッスル)
「大量のダルマ」(新田)
「オゾンホール」(マッスル)
「自分とこの行列よりも、もっと苦しむ人々」(新田)
「三丁目の夕日」(マッスル)
「見たことない鳥の求愛」(新田)
「ビストロスマップで勝ち、ゲストにキスをされている木村拓哉の余裕の表情」(マッスル) →玄武マイナス
「バカでマヌケなアメリカ人」(新田) →白虎マイナス
「タモリのパンチラ」(マッスル)
「何度もNGを出す、金八先生のオープニングの土手の撮影」(新田) →白虎マイナス
「政治の裏側」(マッスル)


 判定 玄武2-2白虎 サドンデス


サドンデス【わずか三話で打ち切られたロボットアニメのタイトルとは?】
「鉄腕アコム」(マッスル)
「爆爆爆爆ドッカーンオー」(新田)


 判定 玄武1-2白虎 マッスル坂井勝利


因みに、哲ひとくんは、
キャッチフレーズ『工科大学ハガキ職人』
入場曲『虹/フジファブリック』
でした。


以上です。
【2008/08/05 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

PROFILE

お手てつないで
  • Author:お手てつないで
  • 日記です。
    どーでもいい日々のどーでもいい物事をどーでもよく綴ります。
    しかし、パンダは可愛いですよね。
  • RSS
  • 07 | 2008/08 | 09
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。