新・恋のはじまり日記
お気に入りの女性タレントランキング(09/05/20付)1位:大江麻理子(→)、2位:安めぐみ(→)、3位:長尾麻由(初)、4位:安田美沙子(↑)、5位:大橋美歩(↓)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

「ハウルの動く城」「働くおっさん人形」

意外と似てた。
今日は池袋。


昼食。大勝軒。もりそば。
美味しかったです。お店も新しくてキレイだった。注文して出てくるのも早かった。
上野のお店は、あんまキレイじゃないし、出てくるの遅いし、イスも高さ合わないし、イマイチです。
やっぱラーメンは池袋だな。今度はラーメン二郎に行ってみよう。




映画。シネマサンシャイン。
「ハウルの動く城」
ようやく見ました。チケット屋にて1300円。誰が1800円で見るか。
感想。
面白かったですよ。相当面白かったし、楽しんで見れた。
全っ然、難解なことないじゃないですか。凄く分かりやすいお話でした。
何より、全編通して、暗さが全くなくて、楽しい雰囲気なのが良かった。
割りと、昔のジプリ作品らしい、明るいお話だと思う。
もののけ姫や、千と千尋みたいな、辛気臭さが全くなかった。
要は恋のお話だったので、魔女宅っぽいな、と僕は思いました。舞台もヨーロッパだし。
魔法のお話って事でも、魔女宅っぽい。紅の豚にも近い。
主人公のソフィーという少女が、元々は暗い性格だったのに、
魔法でおばあちゃんに変えられてから、途方に暮れるどころか、むしろ明るくなった、
というのが、凄く好き。おばあちゃんだからこそ、可愛げがあっていいのですよ。
その辺は、僕がおばあちゃん子だからなのかも知れませんけど。
その辺含めて、前半が特に面白かった。
テンポも早くて、見てて考えさせる暇無く、どんどん進んでっちゃうのが良かった。
考えちゃダメなお話な訳ですよ。だってファンタジーなんだから。
後半は確かにややこしくなるけど、それでも多分理解はできてる。
最後ハッピーエンドで終わって、とても清々しい気分になりました。大満足と言ってもいい。
公開直後くらいに見ていたら、周りの人に絶賛して回ったと思う。
ほんと、面白かったです。5.0/5.0。満点。


丁度一昨日の新聞に、「ハウルの謎を解く!」みたいな記事があって、
折角なのでわざわざ今日まで読まずに持ってきたので、見終わってから読んでみた。
ややこしかった部分について解説されていたけど、大体、予想通りだった。謎って程でもない。
よく分かんないと思った人は、何に引っ掛かったのかな?
確かに、理詰めで考えたら訳分かんなくなるけど、千と千尋に比べたら、分かり易いにも程がある。
恐らく、ちゃんと原作があるお話だから、分かりやすかったんだろうな。
できれば、始まりに、もうちょっとあらすじや舞台設定を教えてもらいたかった。
舞台はこういう国で、魔法使いが居て、こういう状況だ、っていう。それがあればもっと楽しめた。
原作はもっと分かりやすい、児童向けのお話なんだと思う。機会があれば読む。
要は、宮崎アニメは原作があった方がいいってことですかね。
宮崎駿が本気で全部考えちゃったら、しっちゃかめっちゃかになっちゃうから。


あと、キムタクの声についてですが。
事前から、「思ったよりも良かった」みたいなことを聞いていたけど、その通りだった。
というより、最初喋り出した時に、「ああ、キムタムか、そう言えば」と思ったくらいで、
あとはひとっつも気にすることはなかった。上手いっちゃあ上手かったんだと思う。
だから、わざわざそこをセールスポイントにするほどでも無かったんじゃないか、ということ。
セールスポイントだったかどうかも知らないけど、そんなんさらっと流していいところ。
キムタク声やってるの!?じゃあ見よう!!ってなって、見に行った人なんているのか?
それこそ、あのアイドル声優が声あててるのなら、つまらなくてもアニメ見る!!
っつってる人と、変わらないと思うんですが。その辺が全く分からない訳です。
俳優を使うからジプリ作品は嫌いだ!とか言う人も居るんでしょうが、
見ていて、気にならなかったんなら別にいいんじゃないですかね。
元の俳優のキャラクターが浮かんじゃうからダメ、みたいなことは確かにあるけど、
そういう意味では、キムタクは上手かったんだと思う。キムタク浮かばなかった。
倍賞千恵子も浮かばなかった。最初の少女の時は、エライおばさん声だなぁーって思ったけど。
我集院達也が良かったです。あんなに喋る役だとは思ってなかったので。
あと大泉さんの声だと気付けた。オイシイ役でした。




重ね重ね、いい映画でしたよ。
ほとぼりが冷めた頃に見に行ったから、良かったのかもしれませんけど。
パンフレットは買わなかった。
入る前に、マツキヨで買ったコアラのマーチ・スイートポテト味を見ながら食べた。
美味しかった。でも、プリン味って言われても、気付かない。
あと、前の男子高校生の連中が、鬱陶しかった。
予告始まったら、もう静かにするのが映画館のマナーじゃないんですかね。
つか、映画館に入った時点で、もう静かにいなさい。キャッキャ言うてた。
中学生か!高校生だろうが! ロッテリアでキャッキャ言ってろ。
また、僕の前の奴が、座高高いのか!もっと低く座っておくれよ。
始めの10分くらい、ずっとそいつの頭を見てた。
また腹立つ髪型だった。中途半端にウェービーなセンター分けだった。
頭蹴りたかったなあ。軽く、後ろから座席蹴ってやった。
蹴りたい背中って、こういうこと?


見終わってゲーセン寄りました。
リラックマが欲しくて、UFOキャッチャーにしがみつく。
寝袋着てるやつをゲットしました。400円くらいかかったな。
新作らしき、パジャマ着てるのも可愛かった。今度狙う。
映画の半券持ってれば、ゲーセンでいろいろ遊べるってのを後になって知って、遊んでみた。
メダル貰った。ちょー久々にメダルゲームやりました。中学生以来だ。
あれこれやってみたけど、結局コイン落としが一番楽しかったです。単純が一番。
メダル、120枚もくれちゃったもんだから、必死に消費してた。
2千円分以上はあったんだな。じゃあ2千円をくだたい。


ナンジャタウンへ行きました。
入場無料券は、クジで何枚も持ってるので。今日もまた出た。
冬なので、苺の限定スイーツが幾つか有ったので、食べてみた。
プチシューとチョコロールケーキを、ぎゅうひでくるんだもの。上に苺。500円。
美味しかった。割りと予想通りの味だった。豪華な雪見大福って感じ。
普通の大きさのシュークリームを、ぎゅうひで包んだので、充分美味しいと思う。
シューとぎゅうひの食感の差が面白かった。
あと苺ミルクソフトクリーム。400円。
美味しかった。苺ミルクでした。
昔はイチゴのアイスって嫌いだったのだけど、最近美味しく感じてきた。
と言うか、苺が好きじゃなかったのです。酸っぱいんだもん。
最近は割りと好き。でも、大好きではない。あれば1、2コは食べる。


その後、新星堂やベアー屋やディズニーストアなど。
特に何も買わず。セールやってたけど、何も買わず。
帰りました。だいぶ寒くなってた。


帰宅。夕飯。
昨晩のカレーと、父が作った野菜炒めと、僕が作ったオムレツ。
定食屋だ。どれも美味しかった。
オムレツ、すごく上手にできました。見事な半熟加減。
一度も使ったことのない、古いフライパンを使った。洋食屋さんみたいな、鉄のフライパン。
すっごい油がよく馴染むんだもん。そりゃあ美味しくできるわ。
今度、オムライス作ろう。
カレーは一晩置いて、またいい味でした。辛さを足してみた。いい辛さでした。


ビール飲んで、夕食後に眠っちゃっていた。
おかしな夢を見た。気色の悪い、おおよそ、自分の好きな世界観ではない夢。
やはりアルコールの作用だろうか。
どこの記憶から紐解かれたのかは、すぐに分かった。デスノートだ。ありゃ確実に。
女の子が裸で、球体関節人形みたいな、気色の悪いマネキンと絡み合ってる、そんな映像だった。
CGみたいな、プロモ映像みたいな感じだった。白黒だった。
面白いね。夢は。


大相撲。初場所13日目。
朝青龍優勝。やっぱなー。
しかも、3敗勢が負けてしまっての優勝決定だったから、少し盛り上がりに欠けてしまった。
だけど、そんな中での結びの一番は凄かった。相手は若の里。
完全に土俵際まで行って、しかも背中まで向ける大ピンチだったのに、恐るべき大逆転。
むしろ、あの状態はピンチでは無かったのかもしれない。
まるで縄抜けするかのように、するりと相手の腕を振りほどいていた。
マジックだよ。もはや。あんなの相撲じゃない。そりゃ優勝だ。
この際いっそ、全勝しちゃっていいです。もう仕方ないから。
栃東。勝って、ついにあと10勝まであと1つ。凄い。頑張れー。
千代大海も勝った。いい押しだった。ようやく勝ち越しまであと1つ。頑張れー。
露鵬が負け越し。黒海に続いて、有力な外国人勢が、壁に当たってきてるのかな。
でも琴欧州は勝ち越しまであと1つ。豪快だもん。見ていて楽しい。
白鵬が負けてしまったのが、意外と言えば意外だった。
いつものどっしり感が、ちょっと抜けてた気がする。
それ以上に、岩木山の押しが凄かった。だから仕方ない。白鵬の弱点が見えた気がした。


虎の門。いとうせいこうナイト。
センター試験のマークシートを、勘だけで塗って、いい点を目指そう!企画。
下らね。わざわざテレビでやるこっちゃないよー。
でも、「流れを読む」ってのは、けだし名言だった。
確かに、マークシートは流れを読みたいです。
内山君が奇跡的に高得点を出していた。すげえ。
さらに、即興昔話王。
ちょっと、ハイレベル過ぎる企画だった。
木村さんでもいっぱいいっぱいだもの。
いっそ、落語家さんにやってもらいたい。ブッキングできないかな。


湯舟に浸かりながら、ふと見つけたこと。
女の子のコート姿ってのが、僕は常々、この季節にとても心惹かれるのですが。
ダッフルコートの一番上だけ止めないで、襟みたいに開いてる状態ってのが、
特に僕は心惹かれるのだ!、ということ。
下がセーターなら完璧。
何でかって言うと、体の膨らみがセーター越しに若干確認できる訳ですよ。
だからセーター姿に心惹かれてる訳なんだけども、コート着てるがシルエット的にはいい訳。
モコッてした感じが、凄くいい訳なのですよ。
で、その2つが同時に味わえる方法があるのだな、っていうことに気付いたのです。発見!
こういう発見をね、日々大切にしていきたい訳ですよ。どーでもいいなあ。


部屋から出る時に、足元に邪魔な物があってので、ピョンと跳んでみたら、
思いっ切り、扉の枠に頭をぶつけた。
相当痛かった。痛み引くまで、暫くつっぷしてしまった。「つっぷす」ってカワイイけども。
火花が見えたよ。蒼白い火花が目に映った。
コブできた。頭のてっぺんに。
10年振りくらいに、コブ作りましたとさ。




<本日の回数>
「サンボマスターは君に語りかける」:1回
スポンサーサイト
【2005/01/21 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

お手てつないで
  • Author:お手てつないで
  • 日記です。
    どーでもいい日々のどーでもいい物事をどーでもよく綴ります。
    しかし、パンダは可愛いですよね。
  • RSS
  • 08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。