新・恋のはじまり日記
お気に入りの女性タレントランキング(09/05/20付)1位:大江麻理子(→)、2位:安めぐみ(→)、3位:長尾麻由(初)、4位:安田美沙子(↑)、5位:大橋美歩(↓)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

オランウータンチェック

「ボールペン工場入社ライブVol.2」無事終了。
集客人数79名! ありがとうございました!
非常に楽しいライブだったと思います。予想以上に今回も大騒ぎでした。
舞台上の楽しさが、少しでも客席に伝わっていれば、こちらとしては大満足です。


順を追ってみる。
10時半。新宿Fu~へ。
丁度、僕の少し前をミラッキさんが歩いていました。
駆け寄れば追いつく距離だったけど、その距離を保って歩いた。
そしたら、入口の手前にある段差で、ミラッキさんがつまづく。
そのまま、体のバランス崩したまま、雪崩れ込むようにドアを開けて入っていった。
その一連の流れが物凄く面白かった。
下手したら、今日の出来事で一番面白かった。
小屋に入って、ミラッキさんにその事を告げて、軽く盛り上がる。
入り待ちしていた数名のお客さん、イイもの見れたなあ。見てたかなあ。


11時。
メンバー全員集まって、リハーサル開始。
OPコント、全体の流れを確認。
OP、EDのVTRを初めて見る。
最高にカッコ良くて、下らない映像でした。素晴らしいっ!
コントは練習の時点で、無駄にハシャぎ過ぎ。
昨日の練習で、既に筋肉痛なのに、どうなることやら。


12時。
開場。楽屋へ移動。
気持ちが高まってゆきます。
緊張感は、前回よりは少なかった。
前回の経験で、何となく乗り切れるだろうと思えたので。
コントはセリフが少ないので、その場の雰囲気に任せて、
各コーナーでは、とにかくアグレッシブにやっていこうと心に誓う。
目立てるところでは目立ってやろう精神で、やってゆく事に。
客入りの様子を聞くと、既に満杯だとか。凄いなあ。




12時半。
開演。満席。立ち見! 凄い!
そんな中での、オープニングコント。
飯塚ポールペン工場の朝礼中、工場長の挨拶が長いと、工員から苦情が。
なんやかんやあって、工場長チーム(ボー、お手て、イギリス)と、
ミラッキチーム(ミラッキ、哲ひと、吉鶴)に分かれての対決になる、という流れ。
いやぁー、予想外にハシャじゃったなあ。
台本そのものでは5分の内容だったし、練習でもアドリブはそこそこだった。
なのに、本番ではあの始末。
やはり、ボーさんは本番に強い。強いっつーか、自分をコントロールできない。
標語の行で、何をあそこまで引っ張る必要があるのか。ビックリしたさ。
でも、おかげで自分の小芝居が大いに発揮できました。
メモキャラに徹して正解でした。いいリアクションが取れたと思う。
一応、イメージでは「王様のレストラン」の畠山さんだったのです。
無駄なキャラ付けをしていたので、照れることなくやれました。
その後の流れでも、不必要な騒ぎっぷり。
乱闘の流れ、あそこまでマジでやんなくていいのに。疲れちゃったもの、あれで。
とっさに吉鶴くんにフロントチョーク極める事もできて、良かったです。
一体何分やったのだろうか。10分以上はやってたのかな。
「まだオープニングだぞ!」 けだし。
オチの「およよ!」は、前回のマイケルほどの意味不明さは出ませんでしたね。
まあ、本編で意味の無いことやりまくったからなあ。


オープニングVTR。
「ずらずらロックンロール」(ボーさんボーカルVer.)
先週、あと何分終了後に撮影された映像です。
僕らは撮影段階を知ってる上で見ていたので、物凄く下らないのだけど、
初めて見るお客さん達には、案外カッコ良く見えたのかも。
ミラッキさんの下らなさ、伊福部さんの狂気が、どこまで伝わったのでしょうか。
是非とも、各々の映像を全編で見ていただきたいです。


コーナーその1「説明しよう!」
いいコーナーでしたね。素材が素晴らしかった。
要はアドリブ力と、プレゼン力の勝負だった訳です。
とにもかくにも、イギリスさんが素晴らしかった。
お客さんの反応も凄かったし、イギリスさんの完勝でしたね。
イギリスさんのプレゼン力は、本当に見事なのです。
知り合って間もない頃に、仲間内で面雀大会をやったのですが、
その時の説明っぷりが凄くて。淀みないの。言葉が途切れない。
ペテン師の才能があると思ったほどです。
イギリスさんその魅力が、存分に発揮できたコーナーだったと思います。
多くの人々に伝わったのが、嬉しかった。出演してもらった甲斐がありました。
「夏目漱石・三五郎」が、「『五郎』の三巻」っていう発想は、全く無かったもの。
理に叶ってるのが、凄い。正解を出したのだもの。
「全裸フードコーディネーター」も凄かった。
「全裸フードコーディネーター」=「女体盛り検定」っていう繋げ方。完璧。
造語から、また別の造語を作り出したってのが、凄い。感動しました。
言葉問題も面白かったけど、映像問題も良かった。どれもいい問題でした。
ミラッキさんの「仮装大賞の予選会場」が見事でした。
僕はと言うと、あまり発想を巡らせられなかったです。
苦手分野なのかもなあ。リアクションが取れなかった。
この遊びはどこででも気軽に出来そうなので、日頃もやってみるべきです。
広げ上手になりたい人は、是非ともやるべき。


コーナーその2「面白相撲」
前回大好評だったコーナーです。もちろん今回もやりました。
これに関しては、内容を詳しく語ることが出来ません。覚えてないもの。
非常に刹那的なエンターテイメイトだと思います。まさに、プロレス。
僕はミラッキさんと対決したけど、本当にプロレスだと思った。
お互いの技に乗るのかどうか、乗ったとしても、どう対処するのか。
打ち合わせ無しのガチンコプロレスです。
客観的に見ると、今回はちょっとグダグダになってしまったと思います。
でも、本名晒しの流れで盛り上がりました。
哲ひとくんとボーさんの対決がバカだったなあ。
しこ名として、本名読み上げられてるの。本当に相撲の序の口辺りみたいだった。
僕としては、バッファローとの対戦が出来たので、それで満足です。
先月のライブでのワニ対決に引き続き、動物と試合ができて良かったです。
バッファローに対して、首相撲からのヒザ蹴り、そして三角締め。
いい動きできてたかなあ。次は何と闘おうか。


コーナーその3「大喜利」
やはり大喜利はやりました。
今回は全てボールペンに関するお題。
ここでは、かなりいい答えが出せたと思います。
「工場内での無駄な作業行程とは?」での、
「オラウータンチェック」は、我ながらいい答え。
ようやく最近になって、動物ネタに逃げるという策を編み出せました。
言葉の響きも、凄くキャッチーだと思う。
「工場にかかってくる、クレーム電話の第1位は?」での、
「ハァ、ハァ、ハァ、どんなパンツ履いたらいい?」も、やったと思ったなあ。
これを舞台上で出せたというのが、凄く良かったです。満足です。
あと、「安めぐみ」と「安田美沙子」って単語も出せて満足。
これは、いざとなったら絶対出そうと思っていたから。逃げ道です。


結果発表。
もたつきました。ここはかなりの反省点。
何と1票差でミラッキチームの勝利。「何と」ってほどでもねえけど。
ガチでやって、この結果は凄いと思います。奇跡的。
で、罰ゲームとして、負けチームでのエチュードコントを発表。
タイトル「入りづらいトイレ」だったかな。厳しかったー。
これまた、かなりの反省点です。でもまあ罰ゲームだから。


エンディング・工場長の挨拶。
これまた、書く内容なんてございません。
でも、今回は割りと抑揚のある内容だったんじゃないですかね。んな事ねえか。
挨拶中、工員達が勝手に缶蹴りとか始める始末。
いやー、終始ドタバタでしたね。
今回の挨拶は11分掛かりました。乾杯!


エンディングVTR。
「ボールペンの唄」(「ロボットの唄」の替え歌、ボーさんボーカル)
作詞は、2週間前のあと何分終了後に行いました。
相当下らなくて、大盛り上がりで考えていました。
歌詞がキチンと伝わったかどうか。あまり笑いは起きてなかった感じが残念。
「オフィス・デポ」の行は、伝わったのかなあ。
映像は、先週のあと何分後に撮影。
歩道橋の上で、同じ格好の人間がズラっと並んでいる光景。
カッコよく見えるけど、かなりバカバカしかったのです。
朝の渋谷で、ずーっと1時間くらい、歩道橋の上にああしていたのだもの。
前から見たらまだいいけど、後ろにはみんな「iizuka」って書いてあるから。
通り過ぎる人が、チラッチラ見て行くのです。下らない映像ですよ。
しかも、その場でスピーカーから「ボールペンの唄」流れているの。
奇天烈だよ。そのバカ映像が、何ともスタイリッシュに仕上がっていました。
きゅうりさんの技術とセンスの、素晴らしさたるやです。


カーテンコール。
全員の感想。
ラストに、「今日の飯塚」。
内容覚えて無いなあ。結構キレ味鋭かった気がする。
そんなこんな、2時間以上のライブが終了しました。


物販にて、「飯塚ボールペン工場・オリジナル4色ボールペン」が販売されてました。
かなりの売れ行きだったようです。赤と青。黄色は入場特典として。
デザインが結構可愛くて、3色とも揃えると、かなりイイですね。
皆さん是非ともお使い下さい。首から下げると、結構オシャレだぞ!




終了後、楽屋に戻ると、一気に疲れがきた。
足が物凄い筋肉痛。太股が痛い痛い。
相撲やったし、かなり予定外で暴れたからなあ。
舞台上でテンション上がってるので、意味のない筋肉も使ってるのだと思います。
普段からヒザ蹴り練習してるけど、今日は物凄い力でやってたんだろうな。
練習と、実践スパーリングの違いみたいなものでしょうね。
昨日は、切り株とも実践練習してたしなあ。よく闘ったわ。


アンケート拝見。
かなり数を回収できました。ありがとうございます。しかも、概ね好評でした。
「前回よりも面白かった」との感想が多くて、嬉しい限りです。
メンバー全員で、全て読ませていただきました。
今後の参考にしていきたいと思います。
やはり、「説明しよう」でのイギリスさんの評価が高かった。
ほとんどに書かれていました。素晴らしかったもの。
僕に関しては、コントでの王様のレストランっぽさが感じてくれた人がいたり、
バッファロー戦をちゃんと見ていてくれた人がいたりで、とても嬉しかったです。
案外伝わるもんだなあ。やってみるもんですね。
アグレッシブにいって、良かった。今度はもっと頑張ろう。
次回は、秋を予定しております。ご期待下さい。
季節毎に、ボールペンライブがやってきますよ。
感想を見つけたサイトは、随時トラックバックしてゆきます。
http://d.hatena.ne.jp/mirakki/20050619

http://d.hatena.ne.jp/tsuboyakeigo/20050620

http://d.hatena.ne.jp/taran/20050619/p2

http://d.hatena.ne.jp/vaindog/20050619


全体的に思い返してみても、やはり前回よりもまとまりがあったようですね。
コーナーがちゃんと成立していたし、メンバー増員もして、負担が減って。
図らずとも、各コーナーで、それぞれの力が発揮された気がします。
大勢で何かを成し遂げる素晴らしさたるや、なのですよ。
素晴らしい一時でした。最高に楽しかったです。
最後に、見に来て下さった皆さん、メンバーの皆さん、スタッフの方々、
本当に、ありがとうございました。
特にボーさん、今回も本当にお疲れさまでした。
ボーさんばかりは、今回もプレッシャーが凄かったようです。
また、頑張りましょう。
20050622053928.jpg

本番前の後ろ姿です。
カッコつけてみた。




その後のポアロライブについては、ザックリ。
客入りが150人越えで、大変な事に。
普段は受付辺りで見ているけど、今回はそれすらもできなそうで、
舞台袖でうずくまっていました。ほぼ、声だけを聞いていました。
今回の歌のテーマは、昔ライブで歌ってた曲。
こういうライブが、一番ステキだと思う。
特に、最近若い世代が客層に増えているので、
自分達が知らない名曲を、ライブから知っていくってのは、いい流れだと思う。
あとは、対決コーナーが復活したり、フィーリングカップルがあったり。
フィーリングカップルでの、イギリスさんの「ボーリング調査」が、
また素晴らしかった。素晴らしい瞬発力と間だった。



打ち上げがあって、大喜利大会へ。
第11回です。こうすぐ丸1年。凄いなあ。
今回は、全体的にぼんやりした空気が漂っちゃいました。
やはり、2回ライブの後は疲れる。
特に、飯塚ボールペン工場の面々がお疲れモードでした。
ボーさんに至ってはすぐ寝たし。
そんな中、割りと今回は僕は元気でした。
得点こそ、1ポイントした取れなかったけど、いい答えが出せてたと思う。
「男性器の新しい名称を考えて下さい」での、
「柔剛」という答えは、我ながら凄いと思えた。言い得て妙!
お題のバカバカしさで、あまり大きなウケは無かったけど、
周辺に座っていた皆さんからは、絶賛を受けました。
今まで、こんな発想はしたこと無かったもの。完璧な答えかもしれない。
ポイントにこそ繋がりませんでしたが、達成感は得られました。
大会の結果は、最多勝・MVPともに、伊福部さんが獲得。三度2冠。
これまでの賞を換算しても、伊福部さんの独走状態。黄金時代だなあ。
何とか食い付いて行きたい。


5時、解散。
最高に充実した1日でした。素晴らしき哉。
特に、大喜利では舞台上でも、打ち上げでもいい答えが出せて、大満足。
楽しい発想を巡らせて、これからも生きてゆきまーす。
スポンサーサイト
【2005/06/19 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

お手てつないで
  • Author:お手てつないで
  • 日記です。
    どーでもいい日々のどーでもいい物事をどーでもよく綴ります。
    しかし、パンダは可愛いですよね。
  • RSS
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。