新・恋のはじまり日記
お気に入りの女性タレントランキング(09/05/20付)1位:大江麻理子(→)、2位:安めぐみ(→)、3位:長尾麻由(初)、4位:安田美沙子(↑)、5位:大橋美歩(↓)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

たまには多摩に

新しく生まれ変わりましたー。坂本一生です。
ここが使い易そうだったので、今後お世話になる事にします。
心機一転って程でもないですが、これからもよろしくお願いします。
試し書きに「ちんぽー」じゃねえよね。しかしてコレ。


お出掛けしました。
お出掛けした先は、多摩センター。
映画を見てきました。普通に劇場で映画見てきた訳じゃないんだけど。
無声映画に、その場で打楽器やサンプリングマシーンなどを使って、効果音をつける、
という試みのもので。
知り合いが通っている大学の教授が、企画し演奏していたそうで、
誘われて見に行った訳です。


なかなか面白かったです。
映画は、「裁かるるジャンヌ」という作品。
ジャンヌ・ダルクが捕まった後、裁判を受けて死刑になるまで、のお話。
無声映画のまま見たとしたら、相当キツかったと思う。
効果音がかなり効果的でした。バカな表現になっちったけど。
使用していた楽器は、大太鼓、シンバル、銅鑼。
効果的でした。やっぱ鳴らすの見えていても、銅鑼鳴るとビックリするから。
シンバルの縁を、チェロかコントラバスの弓で引いていて、初めて見る演奏法だった。
ノコギリを弓で引くのは聞いたことある。それと大体同じ音だった。
ヒョンヒョヒョヒョンって感じの。
何度かこうした試みをしているそうで、他の映画でも見てみたいと思いました。
コメディとか見てみたいけど、バラエティ番組と一緒になっちゃうやな。
やっぱホラーだろうな。
あと、無声映画の役者さんは、基本、顔芸だなあと思いました。


その後は多摩センターをうろうろしてみた。
多摩に来たのって、ポアロの中大ライブ以来です。恐らく。
映画見た多目的ホールから、でっかい公園に繋がっていて、歩いてみた。
高台になってたので、緑に囲まれた町並みを眺めて、これぞ多摩だな!と思いました。
東京の下町で生まれ育った身としては、郊外の都市って、少し憧れがあるのです。
人が集まるのは駅前だけなのとか、閑静な住宅街とか。
でも、台東区のごみごみした感じが、結局好きですけど。


サンリオピューロランドは、多摩センターにあることを初めて知りました。
しかも駅からすぐ近く。意外とフラッと寄れる場所にあったんだなあ。
入りこそしなかったけど、近くまで寄ってみた。
想像よりも、立派だった。デカかった。つか、デカく見えた。
多分、ディズニーランドのシンデレラ城と同じ要領で、遠近感がおかしいんだろうな。
ちょっと離れたくらいの場所で見ると、凄くデッカく見えた。近くに寄ると、そうでもない。
土曜だからか、相当混んでいました。もち、皆、子供連れ。
大人で入園料が4千幾らとか。高いなあ。入る気はしないなあ。


駅の近くに、サンリオの歴代キャラクター達で溢れる街並が描いてあった。
知ってるのとか、知ってるけど名前分からないのとか、見たこともないのとか、
たっくさん居て、相当楽しかった。物凄く懐かしいの居ました。
姉が見たら、結構分かるだろうなあ。ノートとか持ってたから。
ねずみ小僧みたいのと、おばあちゃんが、知ってるけど名前が思い出せませんでした。
あと、駅の近くに、いぬねこパークみたいなものがあるらしくて。
キティちゃんのペットのネコは、そっから逃げ出したか、連れ出したんだろうな、
と、思ってみた。
あの、まんまマリーちゃんみたいなネコな。ビックリするやつ。


さらに、黄色いリボンのキティちゃんは、キティちゃんじゃなくて、
キティちゃんの双子の妹だという、驚愕の事実を知らされた。
「ミミーちゃん」て! どうして彼女は売り出されなかったのよ!
双子を売りにしましょうよ。折角なんだから。デビューは一緒なんでしょうが。
三倉茉奈だけ売れるなんて、有り得ねえでしょうが。
御当地キティとか、リボン付けてないから、こっそりミミーちゃんが混じってたりしてね。
地方で営業しに行ってたりしそう。リアリティー。


昼食は、サイゼリアがあったのでサイゼリアで。
包み焼きハンバーグ。まずまずでした。サイゼリアは安いな。
おやつに、サイゼリアの下にディッパーダンがあったので、クレープを。
しかも、クレープ全品262円だと言うのです。高いやつ食べた。
新発売の、バニラプレミアムショコラだかを。アイス入ってます。
トリュフチョコが入ってて、ちゃんと洋酒の香りもして美味しかった。
ブラウニーみたいなケーキも入ってたけど、それはイマイチ。
食費、全然かかってないよ。映画も安く入れて貰ったし。
交通費はかかったけれども。


帰る。夕食。
焼き鳥と、混ぜ御飯。
焼き鳥おかずで、混ぜ御飯食べてたら、まんま鶏五目おにぎりの味だった。


テレビは特になし。
特になかったし。


「苺ましまろ・3巻」が、面白いでございます。
1・2巻よりも、だいぶ面白い。
読んだことがない人は、2巻から読めばいいと思います。
かなりどーでもいい面白さ。このどーでも良さは、僕が志しているものにだいぶ近い。
こういう、どーでもいい日常を思い描きたい訳です。現実では鬱陶しいから。
可愛い画が描けるってのは素晴らしいなあ。尚かつ話が面白いなんて。悔しい。
僕は、どーでもいい話を、どーでもいい形で表現してゆきたいです。


最近の口癖、「100点」。
いい意味でも、悪い意味でも使える言葉です。100点。
100点の文章を見ましたよ。先程。
100点です。100点を自覚して、頑張っていきましょうね。


昨日書き忘れていた発見。
ホッキョクグマの頭はセンター分け。




最後に、「本日のらくごのご」のコーナー!!
移転後、一発目!!


本日のキーワード。
「母乳」
「ポンキッキ」
「ブレーカー」





子育てにおいて、大切なものっていうのが3つございまして。
1つは、母乳ですね。
粉ミルクに頼ってもいいですけど、なるべく、母親の愛情を注ぐ意味も込めて、
やっぱり母乳を与えて育てることが、まず大切であると。
2つめは、ポンキッキですね。
子供にとって一番に記憶に残るTV番組は、ポンキッキですから。
非常に教育にもいい番組ですし、やっぱりポンキッキも大切ではないかと。
じゃあ3つめには何が来るかと。これが意外なことに、ブレーカーなんです。
家中の電気が消えてしまっていたら、目は悪くなりますし、寒くてカゼも引きかねない。
そのためには、まず、ブレーカーをきっちり上げていこう!と。そういうことです。
何だそれ!全然上手いこと言ってねえじゃねえか! お叱りの声も存じておりますが。
ま、ブレーカーだけに、“落ちない”方がよろしいかと思いまして。
お後が宜しいようで。




いやぁ、やっぱりゾックゾクきますね。
毎日、これ書き終わって読み返す度に、身震いします。
何だろう、このあまり味わったことのない感覚。
怖いような、かと言って気持ち悪くもないような。
マゾってこういう事ですかね?
スポンサーサイト
【2005/01/29 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

お手てつないで
  • Author:お手てつないで
  • 日記です。
    どーでもいい日々のどーでもいい物事をどーでもよく綴ります。
    しかし、パンダは可愛いですよね。
  • RSS
  • 12 | 2017/03 | 01
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。