新・恋のはじまり日記
お気に入りの女性タレントランキング(09/05/20付)1位:大江麻理子(→)、2位:安めぐみ(→)、3位:長尾麻由(初)、4位:安田美沙子(↑)、5位:大橋美歩(↓)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

相撲甚句 其の四十

「ノコッター」


歌:コムスビッツ
作詞、作曲:小暮ヤクムネ




柔らかな体を持った はじめて君と出会った
立ち合いで変わると思っていた 砂のような


つっぱりをすり抜ける くすぐったい下手の
たとえ全てが 負けてしまっても それでいいと


憧れだけ引きずって でたらめに塩を撒いた
君の四股名探し求めていた たどり着いて


分かち合う物は 何も無いけど
相撲のよろこびに あふれてる


柔らかな体を持った はじめて君と出会った
立ち合いで変わると思っていた 砂のような


股割りの苦痛に 身体委ねて
相撲のよろこびに あふれてる


今から土俵の外へ 二人は土俵の外へ
十両と別の世界 見つけたそんな気がした


柔らかな心を持った はじめて力士と出会った







「スピッツ/フェイクファー」より。
フラッシュバックのような、スローモーションのような。
走馬灯みたいに、自分の相撲の記憶が、巡り巡るイメージです。
フェイクファーはそんな曲だと思うのです。
【今から土俵の外へ 二人は土俵の外へ】
スピッツは、「この世界から二人で飛び出す」みたいな事をたくさん言うのですよ。
「世界」を「土俵」に置き換えると、相撲なのですよ。
スポンサーサイト
【2006/07/21 00:54】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

お手てつないで
  • Author:お手てつないで
  • 日記です。
    どーでもいい日々のどーでもいい物事をどーでもよく綴ります。
    しかし、パンダは可愛いですよね。
  • RSS
  • 08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。