新・恋のはじまり日記
お気に入りの女性タレントランキング(09/05/20付)1位:大江麻理子(→)、2位:安めぐみ(→)、3位:長尾麻由(初)、4位:安田美沙子(↑)、5位:大橋美歩(↓)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

今日、元、政樹

ずーっと寝てた。
もうちょっと早く起きるつもりが、寝てた。
起きる必要がなくなると、ずっと寝続けてしまいます。
睡眠欲に全てを委ね過ぎ。脳と体がユルユルになってる。


昼食。
久々にチャーハン。
具は卵とネギのみ。物足りん。モノタリー。
モノポリー。ロータリー。モノタリー。
久々にこういう流れを書いた気がする。楽しいなあ、やっぱ。
こんなの、僕だけが楽しければいい。


夕方から夜にかけて、特に無し。
メールも送らなかった。


あと何分。
全体的に、かなり下らない内容でした。
とりあえず何か言ってみて、広げられるだけ広げるみる。
最高に下らないコミュニケーションだと思います。
コミュニケーションであり、セッションであり、エンターテイメント。
何も無いもの。「無」だ。でも、「無」から、「有」が生まれようとしてるんだ。
これって、結構凄い事だと思います。人類には言葉があって良かった。
人類に言葉ができた直後って、ずーっとあんな感じだったんじゃないかな。
誰かが何か言ってみて、「ソレってアレみたいだな!」みたいな事で、
大盛り上がりだったんじゃないかな。きっと。
楽しい。
女友達に性体験について聞く、という行為は、全く理解が出来ませんでした。
多分、感覚が違うんだろうなあ。
その感覚はその感覚で、楽しいんだろうけど。




R-1ぐらんぷり。
ビデオで見る。
感動しました。ほっしゃん。おめでとうございます。
全8人、非常に、レベルの高い芸を見れた。見せつけられた。素晴らしい。
特に、ほっしゃん。のネタは、衝撃を受けたし、感動させられました。
言葉遊びというものは、今までにいろんな人によるものを、数限りなく見てきたし、
自分自身も大好きな遊びなので、これまでに少なからず考えてきた。
けど、今回のほっしゃん。のネタは、マジで吹っ飛ばされた。洗礼を受けた。
ビックリした。最初の3つくらいで、もうブチのめされた。
着眼点が凄い。そこを突いてくるか!と。「仮フラワー」。ビックリした。
全てのネタが高レベルだし、何よりネタの運びが素晴らしかった。
緩急織り交ぜ、猛烈に畳み掛け、完璧なショーでした。カッコ良かった。
優勝は当然の結果だと思いました。そして、決定後の涙。感動しました。
素晴らしいドラマでした。こうなるんだったら、もっと煽って欲しかったなあ。
苦節15年。継続は力成りとは、まさに。


準優勝者、井上マーさんも、素晴らしかったです。
ネタ自体は、これまでに何度か見ていました。
正直、マーさんの尾崎ネタって、あんまりピンと来なかったのです。
初めて見た時のインパクトは強かったけど、結局出オチな気がしちゃってて。
でも、今回、そういった固定観念が全て吹っ飛ばされました。
トリだったという事もあり、マーさんのボルテージが最高潮に達していて、
会場との一体感が素晴らしかった。迫力が伝わってきた。
これまた、完璧なショーでした。凄い。
優勝のほっしゃん。との差は、僅か5点。
その結果が、全てを物語っていると思う。


3位のあべこうじさんも、2位とは2点差。僅差も僅差。
でも、個人的にはあべこうじさんの今回のネタは、あともう一つだった気がします。
若干、出だしの「女の仕草」を、引っ張り過ぎた気がした。
後半が物凄く面白かっただけに、惜しかったなあ、と。
若干トチったのも、見事にリカバーしていて、話芸の腕前を見せつけられました。
流石、ルミネ勢といったところ。数こなしてる。
漫談師としては、間違いなく日本一だと思います。


個人的には、ネゴさんが相当楽しかったです。
ネゴさんは面白い。キャラクターを見事に活用してる。
何より、中学生が考えたくなるような事を、本気で繰り広げているのが素晴らしい。
老若男女、全てに受け入れられる笑いだと思います。
まだまだ、いろんなネタが見たいです。


長州小力さんは、出る事に意味があった訳だから、大成功だったと思います。
トップで、最高の出オチで、ヨゴレで、超マイナーで。
素晴らしかった。一矢報いていたと思います。M-1の千鳥と同じポジション。
でも、ネタはパラパラの方が面白いのかな、やっぱ。来週のめちゃイケが楽しみ。
万が一、小力さんとマーさんの出番が逆だったら、厳しかっただろうなと思いました。
いや、そんな事よりビックリしたのが、最初普通に漫談から始めた事!
ビックリしたー。話芸を身に付けている事にビックリした。
軽く、ユリオカさんみたいだった。


ヒロシさんは、作戦は良かったんだろうけど、プレッシャーに負けたのか。
噛み倒しだったからなあ。初っ端から。
新ネタだったんだから、何度もこなしてきて、完璧な状態で見たかったです。
でも、「ヒロシです」に比べると、遊び所が少なくなってしまうのかな、と。
そして、ネタの形式が完成されてしまっているので、
一度トチると、リカバーできなくなってしまうのだな、と思いました。


中山功太さんのネタは、baseで見て、相当面白かった。好きなネタです。
良く出来ているネタだと思います。
あのパターンで、幾つも作っていけるんじゃないかな。


友近がなあ。如何せん、どうだったんだろう。
通好み、みたいな評価になってしまうんだろうけど、勿体ないと思った。
多分、リアル過ぎて笑えないんだと思う。
あれを男が女装でやってたら、違ってくるのだと思う。
やっぱ、テラピーアロマの方が面白い。中森明菜の方が面白い。
バカバカしい方が好きです。


全て語ってみました。
いやいや、いい番組でした。
そして石川亜沙美がデカかった。
M-1第1回の菊川怜と、完全に同じポジションだった。
活かさず殺さずだなあ。


チャットにて、見たばっかのR-1について、大いに語る。
その後、PRIDE、K-1についても語る。
この2、3日、楽しみなイベントが、盛り沢山だなあ。
スポンサーサイト
【2005/02/21 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

お手てつないで
  • Author:お手てつないで
  • 日記です。
    どーでもいい日々のどーでもいい物事をどーでもよく綴ります。
    しかし、パンダは可愛いですよね。
  • RSS
  • 07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。