新・恋のはじまり日記
お気に入りの女性タレントランキング(09/05/20付)1位:大江麻理子(→)、2位:安めぐみ(→)、3位:長尾麻由(初)、4位:安田美沙子(↑)、5位:大橋美歩(↓)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

立てば芍薬、座ればうなぎ、歩く姿は百合の花。

3/9~3/10の思考、及び近況報告。


・その1
上野動物園へ久々に行ってきたのです。
パンダ目的で行ったのですが、何より、クマが凄かったのです!
クマ舎がリニューアルしていて、丸太が組まれて登れるようになっていたり、
ガラスの面がたくさんあって、間近で見ることもでき、上から眺めることもでき。
クマが楽しく過ごせて、人が見るのにも楽しいように、作られているのです。
エゾヒグマ、ツキノワグマ、マレーグマと、3種のクマがいます。
それが3種とも面白いのです!!
詳しくは一つずつ話します。


・その2
まず、エゾヒグマは双子の兄弟が一緒に暮らしています。
まだ幼くて、やんちゃ盛りなのでしょう、じゃれ合いのケンカをしていました。
ただし、そのじゃれ合いがもう、ハンパない迫力なのですよ!
彼らにしたら、ポカポカ&カプカプレベルなんだろうけど、
人間から見たら、全てが一撃で殺られちゃいそうな攻撃だらけ。
しかも、ずーっと見てたら、ビックリすることに、
人間がやる格闘技と同じ動きを、クマ達もしているのですよ。
お互い立った状態(スタンディング)では、相撲で言う「四つ」に組み合って、
いわゆる「差し合い」をしているんです。相撲やレスリングのように。
しかも、その途中で隙あらば噛み付こうとしてくる訳で、
それって、まんま総合格闘技における、「組み付きからのパンチ」な訳です。
さらに、寝た状態(グラウンド)では、上になった方が、
完全に寝技の動きである、「ポジションの取り合い」をしているんです。
上四方、横四方、縦四方と、下の相手の動きを封じ込めるように、常に動き回る。
しかも、隙があれば下の選手(あ、もう“選手”ってことにしますね)が、
すばやく起き上がって、バックマウントを取り返したりもしている。
さらには、四点ポジションからのヒザ蹴り(正確には噛み付き)まで見せてくれた。
もう、完全に格闘技でしたよ。感動しちゃいました。
要するに、人間も動物も一緒なんです。
全ての闘いの攻防は、同じ形に行き着くんです。
理に叶っているから、同じ形になるんです。
「We are all one」って、こういうことでもあったのかと、思いましたよ。


・その3
一方、ツキノワグマはというと、
まだ1歳のメスが1匹と、一緒にタヌキが4匹ほどおりました。
本当にまだ子どもみたいで、小っちゃくてカワイイんです。
黒くて毛がフサフサで、犬みたい。一人でグルグル回って遊んでるんです。
でも、一緒にタヌキが居たら、タヌキ襲われちゃうじゃん!って思いますよね?
ところがどっこい、このクマ、タヌキにビビりまくってるんです。
クマが遊んでる所にタヌキチームがやってきたら、クマ逃げちゃうんです。
暫くずっと見てたら、3勝7敗くらいで、クマが超劣性でした。
恐らく、他の動物園で生まれて、すぐに上野にやってきたので、
他の動物と触れ合ったことがないんだと思うんです。
だから、タヌキが強いのか弱いのか知らないんだと思うんです。
だからビビっちゃってるんだと思う。
因みに、そのクマの名前は「タロコ」。
元はオスだと思われてて、「タロウ」だったのが、メスだと分かって「タロコ」。
そんなのヒド過ぎる!!
もひとつ、ツキノワグマの冬眠プロジェクトが結構話題になっていまして、
実際もう1匹のクマが只今冬眠中でした。
実験は上手くいっているみたいで、もうすぐ冬眠からも覚めさせるそうです。
因みに、そのクマの名前は「クー」。
双子で、もう1匹は「マー」。
アンイ過ぎる!!


・その4
そしてそして、マレーグマさん。
他のクマに比べると小さいし、見た目ものぺーっとしてて迫力無いのですが、
このクマはジャングルに棲んでいるので、大変木登りが上手なのです。
運良く、組まれた丸太に登ってるところが見れました。
意外と鋭い爪で、ガンガン登っていました。
ハチミツとかほじって食べるクマなので、
丸太の先端をガリガリ削ったり、木のウロの中に手を突っ込んでみたり。
かなりの高さに登っているので、抜群のバランス感覚で、全く落ちませんでした。
鳶みたいでした。鳶熊。


・その5
で、クマをずーっと見てて思ったんですが。
こりゃあ、動物最強論の最有力候補は、クマだなあと。
長らく、トラ最強説を唱えていたけど、「格闘技」で考えるとクマだ。
スピードと破壊力で一撃で仕留めるのでは、トラが最強だと思うけど、
一旦噛み付いて組み付いて引きずり込んだら、クマからは逃れられないと思う。
スタミナもあるだろうし、クマは強いですよ。
となると、幻想を持たせるなら、“ホッキョクグマ最強説”だなあ。
極寒の王者が、地球上最強であってほしいです。
ともあれ、本当に面白いので、上野動物園のクマ舎に是非行ってみてください。
入れ替わりでいろんなクマ見て、いくらでも見ていられます。
ホッキョクグマも、リニューアルしてほしいなあ。
シロクマ、やっぱり黄ばんでた。でもカッコよかった。


・その6
その他、あちこちに新しい展示スペースを作って、面白い動物の見せ方をしていました。
ヤマアラシを木に登らせてみたり、エミューを放し飼いにしてみたり。
あちらこちらで工事中だったので、上野動物園も進化していっているようです。
あ、パンダはパンダでやっぱ可愛かったですよ。
和風パンダタオルを買いました。


・その7
「お手てつないでの腰痛日記」
やはり、寒くなると痛みます。しんどいです。
「股関節ポキポキ・仰向け平泳ぎ運動」はとっても利きます。
尚かつ、腹筋と太股を鍛えるのにも効果的です。
下半身を鍛えたい方は、是非、お試しアレクセイ・イグナチョフ。


・その8
「夜の脳トレ」のコーナー。
確かに、直接的な表現の方が、難易度は低いだろうなあと思います。
でも、僕はイマジネーションの世界が好きなんです。
答えがわかった時に、「これはエロいわ!」と、感動してもらいたいわけです。
本日はコチラ。


 『○○し○○れ○ ○ょ○○に○○く ○○っ○○る』


レッツ・アハ体験。
そっちの方の意味も含めて。


・その9
「虎の門」のお笑いタイガーズゲートが、最高に面白かった。
バカリズムはすげえよ。
インポッシブルはくだらないよ。
ザブングルはそりゃあ笑うよ。


以上です。
スポンサーサイト
【2007/03/10 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

お手てつないで
  • Author:お手てつないで
  • 日記です。
    どーでもいい日々のどーでもいい物事をどーでもよく綴ります。
    しかし、パンダは可愛いですよね。
  • RSS
  • 05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。