新・恋のはじまり日記
お気に入りの女性タレントランキング(09/05/20付)1位:大江麻理子(→)、2位:安めぐみ(→)、3位:長尾麻由(初)、4位:安田美沙子(↑)、5位:大橋美歩(↓)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

パイオツカイデー高校の訓示 「おっぱいが小さい方がいい」

本日の思考、及び近況報告。


・その1
「第1回大喜利夜会」を見に行くべく、阿佐ヶ谷に行きまして。
始まる前に、哲ひとくんとイギリスさんと、晩メシがてらにファミレスでダベりまして。
哲ひとくんは出演者なので、先に出て、開場時間まで待ってから、
イギリスさんと二人であさがやドラムにむかっていたところ、
伊福部さんとすれ違い、そのまま控え室まで通してもらいまして。
そしたら、出演者である、内田稔さんが都合により来れないことを知り、
なら、イギリスさんと僕に出てもらおうかという話になり、
結局出演しました。
ゆるゆる。


・その2
ライブの内容は、ポアロマンスリー後の大喜利大会を忠実に再現。
考えてるときは誰も喋らず、面白い答えが出たら、みんなで膨らませ合うという。
お題はお客さんから貰い、抽選箱から引いてゆく。
3時間で8問やりました。
MVP等の裁定は無かったため、答えをメモったりもせず。
そのため、終わってみたら何も残っていませんでした。
ただひたすら、瞬間を楽しみ、終わったら全て忘れて、何も残らない。
ライブの醍醐味だなあと思いました。非常に刹那的だわ。
でも、このライブの趣旨はそれでいいのだと思う。
何も、「大喜利という凄い芸を見せたい」って訳じゃないんだし、
「みんなもこの楽しさを体感してみてよ」っていうことだと思う。
だから、『ホットドッグ先輩』だとか、『夜の履歴書』だとか、
『布施明の!』だとか、大喜利の答えからズレてっても仕方ないんです。
あの感じ、体感してもらえたでしょうか。


・その3
ライブを終えてみて。
出演者としては、普段通りとは言え、やはりお客さんへの意識がありました。
でも、個人的には、お客さんにアピールしようとすることで、
逆にいい感じに集中力が分散できたというか。
大喜利に集中しっぱなしではなく、全体的に楽しければいいなと思って、やってました。
普段のカラオケボックスでの密室感を、ちょっとだけ広げた感じ。
だから、僕はいつも通り、自信を持ってフワフワしたことを言ってゆきますよ。
僕がフワフワしたこと言っても、誰かが「おい!」って言ってくれるからね。
でもまあ、次回はもうちょっと集中してみてもいいのかもと思いました。
もうちょっと、しっかりしたことを考えていこうと。
個人的な反省点でした。


・その4
暖かかったので、雪駄履いたら、思いの外歩いて、豆ができた。
阿佐ヶ谷駅から、ドラムまで意外と遠かった。
帰り電車乗って、駅付いて、バスはもう無いし、家まで歩くのしんどくなって、
ちょびっとギャラを貰ったので、タクシーで帰った。


・その5
大喜利夜会にて、伊福部さんが出した「アイブいらない紗季」ですが、
僕、このブログでほぼ同じことを書いてましたわ。
コレです。
何にせよ、いるとかいらないとか、先とか後とか、名前で主張すんな。


以上です。
スポンサーサイト
【2007/06/05 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

お手てつないで
  • Author:お手てつないで
  • 日記です。
    どーでもいい日々のどーでもいい物事をどーでもよく綴ります。
    しかし、パンダは可愛いですよね。
  • RSS
  • 03 | 2017/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。