新・恋のはじまり日記
お気に入りの女性タレントランキング(09/05/20付)1位:大江麻理子(→)、2位:安めぐみ(→)、3位:長尾麻由(初)、4位:安田美沙子(↑)、5位:大橋美歩(↓)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

終わりと思ってた壁も 新しい扉だった

夜になると、急激に冷え込むようになりましたね。怖いですねぇ。
毛布掛けて、薄い羽毛掛けて、普通の布団掛けて。3枚掛けて寝ています。
さらに、室内用のモコモコくつ下(5本指)を履いています。
ちょーぬくいです。何で今まで、これを履いてこなかったんだろう?ってくらい。
ここ数日の思考内容、及び近況報告です。


・その1
国立科学博物館で、「大ロボット博」を見てきました。
休日に行ったので、大変混んでいました。面白かったです。
いわゆる博物館の展覧会ってよりも、
幕張メッセやビックサイトでやるような、企画展みたいな感じでした。
仕切りもなく、順路も決まってなく、でっかいスペースにたくさん展示されてる。
人混みを配慮しての構成なのだと思います。
「日本のロボット開発は、マンガやアニメに大きな影響を受けている」
「ロボットに対して愛着を持つというのは、日本人特有の感情」
というコンセプトであるため、いわゆる動くロボットのみならず、
ガンダムだとかマジンガーZだとかアトムだとか、からくり人形とかもあるんです。
その辺が親子連れにウケるポイントなんだろうなと思いました。
展示の初っ端なんて、いきなりブリキロボだとかガンプラでした。
でも、実は僕はロボット系のおもちゃに全く触れずに育ってきたのです。
ガンプラも超合金も一切持たずに、これまで生きてきました。
ですから、スルーしました。ザクやら、ギャンやらは知ってるけど。名前だけは。
実際に、ロボットが動く姿を見せる、デモンストレーションも行われています。
社交ダンスロボとか居ましたよ。ちょっと怖いの。
今回はピアノの自動演奏しか見れませんでした。でもそれも凄かった。
メインは、アシモのデモンストレーションです。
ちょっとしたショー感覚で行われています。
毎日30分毎に行われているようなので、並んででも見る価値ありますよ。
予想以上に、アシモの動きが機敏なんです。
それでいてちょっと愛らしいんです。ちょいイラっとくるけど、憎めないの。
小走りする姿見たら、感動しますよ。
何と来年1月までやっています。ガッツリやってます。是非どうぞ。


・その2
「ガキの使い」山崎vsモリマン。
モリ夫さんの、まさかの負傷で不完全決着。
今回はザキさんの調子が良かっただけに残念。
でも、今までに無い流れができて、次回に期待が持てます。
次は「絶対王者の復活なるか!?」という、モリマン目線の闘いとなるでしょう。
是非とも、半年後には実現させて欲しいです。
今回は、対決がバリエーションに富んでて面白かった。
ガチのしばき合いだけでなく、笑いの要素をふんだんに取り入れて。
「空中浮遊イリュージョン対決」は、最高に下らなかった。
でも、やっぱり「あんかけ対決」は見ておきたかったなあ。
恒例のダイナマイト四国も登場。
何か、今回はちょっとだけガチで、遠藤さん大変そうだなあと思いました。
ちょっと、ハッスルとかマッスルを意識しちゃったのかな。
そして、音楽ユニットも登場。
「恋の沈丁花」は、本当にCD出しちゃえばいいんだよ。
前々から、浜ちゃんは演歌に向いてると言われてたんだから、出せばいいのに。
今回初めて気付いたけど、「山崎プロデュース」は、
「山崎vsモリマン」の為の伏線として用意されてる企画だということですね。
今後は、そこんとこ注意していきましょう。


・その3
「モヤモヤさまぁ~ず2」シンガポール。
ゴールデンSPでの海外行きが、まさかの即行で実現。
でも、やってることはいつもと一緒。三河島とかと一緒。
大江アナによる、「金玉保健」「CHINCO ALARM」音読に、
何だか胸がキュンとなりました。
さまぁ~ずの大江アナに対するセクハラの様子は、中学生と教育実習生みたい。
大江アナには、清潔感と、可愛らしさと、大人の対応が入り混じってる。


・その4
カレーを作りましたよ。
豚バラをブロックで買って、ニンニクと一緒に焼いてから煮込んでみたり、
玉ネギをいつもにも増して大量に入れてみたり、
いつもと違うルーを入れてみたりしてみました。
結果、かなり美味しかったです。90点あげたいと思います。
さらにご飯は、頂きものの富山米を炊きました。
米にツヤがあって、甘みがあって、大変美味しかったです。
ご飯と含めて、95点あげたいと思います。


・その5
明日、11月6日(火)「第6回大喜利夜会」開催します。出演予定です。
場所はあさがやドラム。19:00開場、19:30開演。
よろしくお願いします。お題を考えてきて頂ければ、幸いです。
雨のようです。テンション下がらないよう、注意しましょう。


・その6
お手てつないで・哲ひと・イギリス超特急の三人大喜利ブログ
更新してます。
よろしければ、皆さんも解答をお寄せ下さいまし。


・その7
スピッツニューアルバム「さざなみCD」から、
1曲ずつ感想を綴っていこうという試み。
いよいよ最後となりました。
「砂漠の花」
芯が強い曲。
細いようでいて、見事に骨太な芯が一本通っている曲です。


 君と出会えなかったら
 モノクロの世界の中
 迷いもがいていたんだろう
 『あたり前』にとらわれて



 はじめて長い 夢からハミ出す
 考えてやるんじゃなくて 自然にまかせていける



 ずっと遠くまで 道が続いてる
 終わりと思ってた壁も 新しい扉だった



簡単なような、当たり前のようなことなんだけど、それを改めて言葉にすると、
読むだけで、口にするだけで、自然と力が湧いてくるような気がします。
芯が強いんです。本当の強さを感じるんです。
「ハミ出す」というスピッツ単語。
自分の意志ではなく、気付けば自然と起こっていることなんですよね。
自分の感情について、その要因に気付けるようになれば、自然と物事は動くわけで。
自然な流れが起こせるように。そういう風になりたいです。


以上です。
スポンサーサイト
【2007/11/05 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

お手てつないで
  • Author:お手てつないで
  • 日記です。
    どーでもいい日々のどーでもいい物事をどーでもよく綴ります。
    しかし、パンダは可愛いですよね。
  • RSS
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。