新・恋のはじまり日記
お気に入りの女性タレントランキング(09/05/20付)1位:大江麻理子(→)、2位:安めぐみ(→)、3位:長尾麻由(初)、4位:安田美沙子(↑)、5位:大橋美歩(↓)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

使用済みティッシュの山

ここ数日の思考内容、及び近況報告です。


・その1
先週の土日は、花粉症で大変でした。
このままじゃヤバいと思い、効くと言われる甜茶を飲み始めたら、
とたんにクシャミが止まりました。
甜茶スゴイっす。甜茶のど飴もいいです。
でも、土日でクシャミしすぎて、ノドを悪くしました。
セキとタンが出て困りました。
今はかなり快調です。甜茶飲んでいきましょう。


・その2
買って聴いたCD。
「J.A.M/JUST A MAESTRO」
「PE'Z/黒船のジャズ」(ヴィレッジヴァンガード限定)
「板尾創路/少年B」


「J.A.M.」よかったです。
SOIL&"PIMP" SESSIONSの鍵盤・ベース・ドラムの別ユニット。
ホーンサウンドなしでも、SOILらしさが出てます。
「黒船のジャズ」、勢いが凄いです。
ウルセーので、ボリューム調整が難しいです。
「少年B」、板尾ミュージックワールド全開。
今後もCD出してってほしい。冒冒グラフみたいな演歌出してほしい。


・その3
TSUTAYAにて。
半額クーポン&190円レンタル日の合わせ技によって、1枚95円で借りまくり。
借りて聴いたCD。
「勝手にしやがれ/LET'S GET LOST」
「Scoobie Do/PLUS ONE MORE」
「Scoobie Do/Funk-a-lismo!」
「NUMBER GIRL/SAPPUKEI」
「NUMBER GIRL/SCHOOL GIRL BYE BYE」
「NUMBER GIRL/SCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICT」
「NUMBER GIRL/NUM HEAVYMETALIC」
「TRICERATOPS/THE 7TH VOYAGE OF TRICERATOPS」
「bonobos/Pastrama -best ob bonobos-」
「YO-KING/音楽とユーモアの旅」
「onsa/アルバム」
「ala/SEVEN COLORS SAUCE WITH YOU」
「BACK DROP BOMB/breakdawn」
「JELLYFISH/SPILT MILK」


Scoobie Doが凄く良いです。
NUMBER GIRLの「NUM HEAVYMETALIC」がとても良かったです。
onsa良かったです。


・その4
DVDもいろいろ借りて見ました。
「ライブミランカ・バナナマントークライブ
 ~日村勇紀のおたのしみ会。設楽も出席します~」
まさにお楽しみ会。すごく面白かった。
バナナマンらしさ、二人の仲の良さが出ていて、微笑ましかった。
日村さんは、学生時代、本当に人気者だったんだろうなと思います。
手作りでバカバカしくて、でも意外と構成がしっかりしてるもんだから、
最後はジンときちゃいました。バナナマンのライブは幸せな気分になる。
ライブミランカシリーズ、他の芸人さんのも見ていこうと思います。


「バカリズムライブ特別編・PS7」
バカリズム、きぐるみピエロ、ストロングマイマイズ、
マセキのお笑いコンビ3組により、2005年に行われたライブ。
今では3組とも解散してます。
ラストの「PSヒューマンドラマ」が最高だった。
まさにバカリズムワールド。


「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society 」
攻殻シリーズ最新作、っつってももう2年前の作品。
ずっと見てなくて、ようやく見たのです。すごく面白かったです。
カメラワークが上手いなあとか、キャラクターの演技が上手いなあとか。
アニメでこんなのやられたら、実写負けちゃうよと思いました。
SFアニメにおける、ストーリーや人物背景についての解説無しに、
膨大な映像と言葉で情報を与えて、見ていく内に頭の中で理解させるってのは、
最近のドラマ「SP」なんかにも通じるのかな、とか。
こうして1話完結で、今後も出していってくれればいいなと思います。


・その5
「ぼのぼの・30巻」
記念すべき30巻。懐かしい顔も出てきます。
旅に行っていたアライグマくんが帰ってきました。よかったよかった。
モンちゃんの話は本当にいい。素晴らしいです。
キャラクター紹介での、
『あなた方が世界を作っているんですよ』という言葉が最高です。
本当にそうだと思います。
そういう素敵な人達がいるから、世界は回っていけてるんだと思います。
モンちゃん、また出てきてほしいなあ。


・その6
「めちゃイケ・笑わず嫌い王」
笑わず嫌いって、あまりいい印象がなかったというか、
「業界向け」とか言い出しちゃって、「新しい芸人を発掘!」みたいなノリが強くて、
無理に演出しなくていいのになあって思っていました。
だから、正直あまり期待していなかったけど、今回はよかった。
くすぶってる中堅に光を差したのがよかった。
アメトーークの「M-2芸人」然り、今年は中堅ブームが来るかも。
COWCOWよかったです。
特別なことをせず、いつも劇場でやってるネタで、しっかり笑わせてたのがよかった。
R-1にも出たし、ここでCOWCOW売れなきゃ、もうないよ。
「レッドカーペット」以降、ショートサイズのネタばかりが主流の中、
ゴールデンの番組で、あれだけしっかりとネタが流れたのは、久々じゃないのかな。
まさに、ショートネタに対するアンチテーゼにも思えました。
小藪さんの「めっちゃキレてるオバハンの顔」は、完璧に内舘牧子の顔だった。
横審委員会へ謝罪している朝青龍に対する、内舘牧子の顔だった。


・その7
「やりすぎコージー・結婚2次会パーティー」
笑った笑った。最近のやりすぎで一番面白かった。
モンスターエンジン・大林さんの、「仁鶴師匠でミスチルの『しるし』を歌う」は、
発明級のネタだと思いました。
何であんなに曲とモノマネがマッチするんだろう。
あの曲じゃないと合わない気がする。
水玉改め、バイキングのエロアクロバットが、まさかの放送自粛!
アメトーークではバンバン流したのに!!
おにぎりの歌はめちゃめちゃ笑ったけど、完成度が低すぎる。
もっといい歌詞あるだろう!と。酷かった。笑った。
天津・木村さんの「SEXあるある詩吟」、最高でしたよ。
噂には聞いていたけど、最高でした。いよいよ今年、天津に兆しが。
ただ節に合わせて、SEXに関する事象をなぞるだけ。そりゃ面白いよ。
僕自身、自分が到達すべき道の一つだと思いました。
SEXあるあるは面白いですよ。だってあるもの。
そりゃパンティーは遠くにありますよ。
多分ね、いろんなタイミングで蹴っ飛ばしてるんですよ。


・その8
「アメトーーク・アメトーーク大賞」
この1年間の名シーンを大特集。すごく面白かった。
アメトーークが凄いのは、めちゃくちゃなことやっといて、
しかも自分たちで、そのめちゃくちゃを再確認して提供できるとこです。
「おしゃべりクソ野郎」然り、「ねじまはじま」然り、「純川夏」然り。
流さないのが凄い。だって面白いんだもの。
反省会なんてもっと凄いよ。
ワッキーさんの行を「スベリ芸」としてパッケージして提供するなんて、
他じゃありえないよ。事故映像だもの。
今度もどんどんやってってほしいです。


以上です。
春場所については、また次の機会で。
スポンサーサイト
【2008/03/13 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

お手てつないで
  • Author:お手てつないで
  • 日記です。
    どーでもいい日々のどーでもいい物事をどーでもよく綴ります。
    しかし、パンダは可愛いですよね。
  • RSS
  • 06 | 2017/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。