新・恋のはじまり日記
お気に入りの女性タレントランキング(09/05/20付)1位:大江麻理子(→)、2位:安めぐみ(→)、3位:長尾麻由(初)、4位:安田美沙子(↑)、5位:大橋美歩(↓)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

まつ毛の抜ける量にビビる

気がつけばド年末になっていて、
やることたくさんあって、スゲーめんどくせーです。
ここ数日の思考内容、及び近況報告です。




・その1
じゃあ、「M-1グランプリ2008」の話をします。
ガッツリ書くんで、覚悟して下さい。


まあ、いろいろありますが、M-1というものが、
「4分間の漫才」という競技になりつつあるという印象を受けました。
それによって、M-1の勝つための漫才をしようと、対策法が練られてくる。
そうなると、結局技術的なことだったり、完成度を競うことになってしまう。
まさに、今回のノンスタ優勝って、そういうことでしょう。
無駄を一切省いて、ただただ笑いのポイントだけで埋め尽くす。
確かに、スピードと手数が尋常でなく、笑いは途切れないかったけど、
細かいジャブを打ち続けただけで勝たれてしまった感じがするんです。
ずっとウケてはいるんだけど、同じ笑い声が一定のテンポで続いてるだけで、
爆発する部分がなかった。システマチックに見えた。
だから、1本目で1位になった時に、「ああ、こうなっちゃうんだぁ」って思った。
あのスタイルを見出して、モノにしたっていうことは凄いんだけど、
言い方悪いけど、戦略だけで勝たれた気がしちゃいました。
僕は2本目の方が、テンポは遅かったけどネタとしては好きでした。
そこも計算してたんだろうな。
1本目でスピードのインパクトを与えて、2本目でネタを見せる。
してやられた。いや、文句は一切ないです。おめでとうございます。


あと、ノンスタ優勝の一番のポイントは、キングコングがハズした事だと思います。
両者タイプが似ていて、スピードは五分五分だと思う。
しかも、出順が並んでいて、どっちかが潰れるだろうなと思ってました。
キングコングは去年にあれだけのスピードの漫才やっておいて、
今回ゆったりした漫才やっちゃったのは、
ノンスタに対する恐れがあったんじゃないかな。
自分たちを超えるスピードを見せられた後じゃ、スピード勝負じゃ勝てない。
だから、普通の漫才やっちゃったんじゃないかな。
同じタイプのキングコングを抜いた事で、
ノンスタの勢いに拍車がかかった気がしました。
にしても、キングコングはM-1に飲まれたなぁ。
M-1って怖えなぁ。


ナイツは1本目が物凄く面白かった。1本目の中では1位だと思った。
ただ、やはり2本目のSMAPのネタが、ちょっと見慣れちゃった感が否めなかった。
勿論、改良されてて今まで見た中で一番面白かったけど、
1本目のインパクトは超えてこなかった。
となると、今後ナイツが優勝するためには、
オーソドックスなネタではもう無理ってことなんですよね。
1本目の「メガネ」や「城」みたいな、
プラスアルファの部分を盛り込まないと、多分勝てないんだと思う。
それくらい、スタイルが完成され過ぎていて、期待値が高くなってる。
メジャーになってしまった分、期待値のハードルを超えないと勝てない。
厳しいなあ。M-1って厳しいな。


敗者復活戦を会場に見に行き、全組見終わって、
上がってくるのはオードリーか磁石だと思いました。
敗者復活戦は、会場で見ていれば誰が上がるか確実に当てられる。
毎年、会場で一番ウケたところが、間違いなく上がってくるんです。
オードリーは、正規で決勝8組に残ってもキツいんじゃないかと思ってました。
むしろ、敗者復活からで勢いがついた時の方が怖いんじゃないかと。
そしたら思った通りになった。
今回のM-1は、ただでさえ混戦だったものを、
オードリーが上がってきたことで、さらに混ぜっ返されましたね。
2本目のネタは今回で一番笑った。優勝でもいいと思った。
結果発表の際の、春日さんの「自信がなきゃここに立ってませんよ」
という言葉にはシビれた。なら、優勝してもいいと思いました。
でも、来年オードリーが優勝候補かって言われると、そうもいかない。
やっぱり、インパクトで勝ち上がった部分はあるし、
相当なネタを作ってこなければ厳しいと思う。
でも、オードリーはやっちゃうんじゃないかな。
可能性は山ほどあるので、期待したいです。


あとはもう、笑い飯はさぁ。あれでも勝てないってホントに厳しいよ。
今回の笑い飯は相当面白かった。
自分たちのスタイルを逆手にとっての導入は、「やってくれるなぁ」って思った。
でも、やっぱり出順が不利だったかなぁ。あともうひと笑いあればなぁ。
何よりも、1本目での勢いを見せられたら、
2本目も相当凄かったんじゃないかと想像してしまうわけです。
もし、笑い飯が最終決戦進んでいたら、どうなっていたんだろう、と。
もっと言えば、敗者復活でオードリーさえ上がってこなかったら、と。
たらればの話になってしまうけど、毎年笑い飯には悔しい思いをしてしまう。
西田さんの敗者コメントに、爆笑すると同時に泣けた。
エンディングの哲夫さんの渋い表情に、また泣けた。


ダイアンは、やっぱりトップでなければもうちょっと点入ってたでしょうね。
でも、トップであれだけウケたから、
今回のM-1は空気が良くなったんだと思います。
多分、来年も残ってくると思うので、期待します。
U字工事もよかった。来年は栃木ネタじゃない漫才が見たい。
普通の漫才でも、今度は勝負できると思う。
モンスターエンジン好きでした。西森さんよかったです。
ザ・パンチ残念でしたね。そんなに悪くなかったけどね。


敗者復活戦で面白かった組を挙げます。
マヂカルラブリー:支離滅裂なんだけど、実は設定がしっかりしてて、
 だんだん引き込まれて最後は大爆笑してた。敗者復活戦で一番笑った。
 ヘタしたら、今後怖い存在になりうると思います。
ハライチ:言葉遊びだけで延々4分間。悪ふざけです。部室です部室。
 だけど、悔しいけど笑っちゃった。来年は絶対見れないだろうけど、面白かった。
イシバシハザマ、ジャルジャル、ハマカーンは、印象がだいぶ変わっていた。
来年以降、決勝に残るかもしれない。
麒麟、千鳥、東京ダイナマイト、南キャンは、流石に面白かったです。
でも、決勝には上がってこれないかなぁっていう感じでした。
敗者復活戦でウケてた組は、次の年では確実に決勝に残ってきます。
ナイツ、ノンスタ、オードリーは、去年の敗復でも面白かった。
だから、来年は磁石が来てほしいです。
磁石は、毎年毎年、敗者復活戦の中で、上位5組には確実に入ってる。
しかも、毎年進化している。だから来年こそは!って思っちゃう。
見た目のインパクトで負けていたりもするんだろうけど、
今年は相当ネタを詰め込んできていたし、スキがなかったと思う。
でも上がれない。その歯痒さで、応援してしまうんだよなぁ。
来年こそは!


ガッツリ書きましたが、今年のM-1は語れる部分が多かったという事だと思います。
来年がどうなるか、さっぱり分かりません。
紳助さんが、
「知らない人ばかりで、レベルが落ちてきたんじゃないかと思ってたけど、
 みんなレベルが高くてビックリした。」という話をしていたけど、
逆に言えば、準決勝に例年残っている人達は、みんな面白いんです。
ダークホースなんて居ないんです。そこに不安を感じます。
競技化することで幻想が薄れる気はするんだよな。
笑い飯でさえ、対策を練って勝とうとしてきているんだから。
本当にメチャクチャでも面白い人が、また上がってきたらいいのにな。
あと、M-1以降、ノンスタの漫才を方々で見てますが、やっぱりシステムとして見事。
ショートネタ全盛の今、どんなネタ時間でも対応できる
NON STYLEが優勝したというのは、選ばれるべくして選ばれた気がします。




・その2
ウォークマンが突然何も反応しなくなってヘコんでいたら、
急に体調を崩してこれはヤバいなぁと思っていたけど、
その晩にお鍋食べてビール飲んで薬も飲んで、
満腹と酔いでバッタリと倒れるように眠ったら、
ほんの5時間くらい寝ただけで、すっかり体調良くなりました。
しかも、ウォークマンも直りました。
そういうことって、あるよね。




・その3
コートを買いました。
白くてカッコよくて軽くて暖かくて雨風に強そうなやつを買いました。
服は機能美優先で買います。特に冬服は保温性重視で買います。
暖かくないと死んじゃうからです。
死んじゃうのはイヤだからです。




・その4
「K-1 Dynamite!!」カードが揃ってきましたね。遅っせーけど。
「武田vs川尻」 男臭い!
「青木vsアルバレス」 エグい!
「所vs中村」 シブい!
「ミルコvsチェ・ホンマン」 ミルコ、手こずるんじゃないかなぁ。
「ボブ・サップvsキン肉万太郎」を、どうゆう方向性でオンエアするのかが楽しみ。
バダ・ハリも出てきちゃうんですね。
でも、アリスターが相手って、ヤバいんじゃないかな。




・その5
「戦極の乱2008」
「五味vs北岡」が楽しみ。
「戦極G」での五味の発言を聞いていると、
どうにも守りに入っているというか、責任感ばかりでヒリヒリ感がなくて、
不安になってしまう。
一方での北岡のヤバさが尋常じゃないです。楽しみだなぁ。




・その6
告知です。
12月28日(日)コミックマーケット75にて、大喜利関連商品いろいろ発売です。
MAFTYSYSTEMさんから、大喜利お題集CD発売です。
東1ホール G-58b 『MAFTYSYSTEM C75』
「ポアロと大喜利軍団の大喜利お題集~昼の部~」
「ポアロと大喜利軍団の大喜利お題集~夜の部~」
各1500円
哲ひとくんとイギリスさんが売り子で居るそうです。買って下さい。


東京食堂さんからは、大喜利DVD最新作発売です。
東1ホール G-02a 『ヒムラマン@東食分室』
「OOGIRI4 IN IZU~ポアロと行く大喜利修学旅行2008~」4000円
初回版特典として、大喜利修学旅行旅のしおり「いず散歩」が封入されます。
予告編見て下さい。相当面白いです
お昼頃、僕も売り子をしにいきます。買って下さい。
もし、差し入れとか考えてらっしゃる方がいらしたら、
ホワイトボード用のマーカーを頂けると、一同大変喜びます。
僕のお気に入りはPILOTの「ボードマスター」というマーカーです。
タバコの話みたいだね。


告知です。
12月31日「ポアロの紅白大喜利合戦!」に出演します。
詳しくは、POARO情報Blogをご覧下さい。
いろいろ企画考えました。楽しくなるはずです。見に来て下さい。
諸々、よろしくお願いします。よろしくお願いします。


あと5日で大晦日なんだ。実感湧かねー。
あと1週間で旅行ってか。恐ろしいわ。




以上です。
スポンサーサイト
【2008/12/26 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

お手てつないで
  • Author:お手てつないで
  • 日記です。
    どーでもいい日々のどーでもいい物事をどーでもよく綴ります。
    しかし、パンダは可愛いですよね。
  • RSS
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。