新・恋のはじまり日記
お気に入りの女性タレントランキング(09/05/20付)1位:大江麻理子(→)、2位:安めぐみ(→)、3位:長尾麻由(初)、4位:安田美沙子(↑)、5位:大橋美歩(↓)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

それにしても女子高生のスカートが短すぎる。

最近、回鍋肉と麻婆豆腐をやたらと作ってます。
中華の素とか使わず、一から作ってます。相当美味しく作れてます。
特に、麻婆豆腐は正月の料理対決で作ってイマイチの評価だったのが悔しくて、
試行錯誤を繰り返してかなり完成度が高まってます。
「きょうの料理ビギナーズ」のテキストが為になります。
ここ数日間の思考内容、及び近況報告です。




・その1
「大喜利茶会」にお越し頂いた皆さん、ありがとうございました。
前回ほどではないですが、40人くらいの客入りでした。すごーいねー。
詳しい内容は、「POARO大喜利Blog」をご覧下さい。
多少、解答の内容が不明な箇所もあるので、
覚えてらっしゃる方がいましたら、コメント欄にてお知らせ下さい。
今回も前回同様、客席からの参加者を交えたバトルロイヤル形式で行いました。
今回はレギュラー・客席の入れ替えがあまりなくて、
さも、「レギュラーの壁」というモノが存在するかのような結果になりました。
そんなモノねーのですけどね。
これは、終了後に客席参加者の方もおっしゃってた事なんですが、
予選は一人一答なので、じっくり練られれば自信を持って一発勝負ができる。
だけど本選になると、一発当てる事はできても、連打する事ができない。
そこが所謂、「レギュラーの壁」なのかも知れませんね。
いやいや、そんなモノねーのですけどね。


結局は、慣れだと思うんです。
「大喜利やらナイト」の方々とも、「大喜利慣れ」という話をしたのですが、
要は「一つのお題に対し、次から次へと解答が量産できる」かどうか。
経験から編み出した複数のパターンを、自分の中に用意できているかどうか。
用意してなくとも、次から次へと思考をチェンジできる状態に持っていけるかどうか。
これはテクニックみたいなもんで、慣れていけば誰でも身に付けられるはずです。
それとは別で、ただただ面白い解答が出せるパワーも必要です。
誰でも一発であれば、ラッキーパンチ的に喰らわせる事もできるでしょう。
だけど、慣れによってパワーを出しやすくする事も可能なはずです。
今回客席から参加されてた、「薬局の三男坊」さんとか、「くろふね」さんとか、
慣れてきたら相当手強くなると思う。


いろんな方の感想を拝見してますが、楽しんで頂けてるみたいです。
本選に上がった方は、楽しい反面、悔しいみたいです。いいですね。
「大喜利をもっとやっていきたい!」という人の為にも、
大喜利茶会という場が開けていければいいなと思っています。
毎回言ってますけど、本当にそう思っています。
皆さんも方々で宣伝してみて下さい。
新しいお客さんが増えていった方が、もっと楽しくなるはずです。
いい盛り上がり方をしているので、もうちょっと盛り上げていきたいです。
今後もよろしくお願いしまーす。
あと、我ながら、いいルールを作ったもんだな、と思っているので、
もっと誉めてくーださい。




・その2
「大喜利茶会」の後にお花見に行きました。
桜はほとんど散ってました。
翌日、ポアロ周りで再びお花見に行きました。
勿論、桜はほとんど散ってました。
神田にある「神田達磨」というたい焼き屋さんで、たい焼きき買っていきました。
美味しかったです。がっつりとハネが付いていて、パリパリ感が楽しめました。
アメ横の中にもあるんです。また買って食べようと思います。
早々に帰ってしまいましたが、「あと何分あるの?」での話を聞いて、
帰ってよかったなーと思いました。




・その3
「モヤモヤさまぁ~ず2」とTSUTAYAのコラボ企画、
「とれ高サイコロキャンペーン」を巡ってきました。
東京フリーパスという1日乗車券を買って、都内を駆け巡りました。
全部写真に収めましたよ。ひゃっほーい。
写真送れば鉛筆貰えるよ。ひゃっほっほーい。
中野のTSUTAYAに、直筆サイン入りのポップがありました。
大江さん
大江さん、バストとウェストの差ないんですって。
どひゃー。




・その4
「アリケン」のパブコーナーがエロ過ぎます。
地デジで大画面で見てると、テレちゃって直視できないっす。
「やべっちらし寿司」のコーナーが下らなさ過ぎます。
最近、いろんなバラエティでパクリというか、
完コピに近い形で他番組を使っているけど、あのノリが好きです。
マンガ家同士のネタのかぶせ合いに近い感覚だと思います。
まあ、アリケンに関しては、「テレ東深夜」っていう、
絶対的弱者だから成り立っているけど。




・その5
「鋼の錬金術師」
買って読んでいなかった21巻と、買った22巻を一気に読みました。
ハガレンが凄いのは、ゴチャゴチャとっ散らかっているようで、
ちゃんと1話ごとにしっかりと話がまとめられていて、
ストーリーを広げる部分と畳む部分のバランスが絶妙なところだと思います。
無駄な登場人物が一切居ないって凄い。
それぞれのキャラの現在地や関係性のチャートが見たい。
でも、単行本で読んでると、あんなに密度の濃い話なのに、
絵や台詞がシンプルで、サクサク読めてしまうのが、勿体無いと思っちゃいます。
サクサク読めるから、読み返すのも楽でいいですけどね。
もうすぐクライマックスだけど、ある程度予想はつくんだけど。
「約束の日=●●●●」ってのは、今回台詞としても出ちゃってるしなぁ。
そう考えると、やっぱり「ベレセルク」の“●”みたいな展開になるかと思うんだけど、
どうなるんだろう。ポップな“●”になるのかな。
アニメは録画してるけどまだ見てないです。




以上です。
スポンサーサイト
【2009/04/16 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

お手てつないで
  • Author:お手てつないで
  • 日記です。
    どーでもいい日々のどーでもいい物事をどーでもよく綴ります。
    しかし、パンダは可愛いですよね。
  • RSS
  • 05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。