新・恋のはじまり日記
お気に入りの女性タレントランキング(09/05/20付)1位:大江麻理子(→)、2位:安めぐみ(→)、3位:長尾麻由(初)、4位:安田美沙子(↑)、5位:大橋美歩(↓)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

一人言を噛んだ。

牛丼を作りました。
安い肉とタマネギと糸コンを、すき焼きの割下で煮込んだだけです。
原価で計算したら、1杯180円くらいでした。
牛丼屋行く必要ねえなーって思いました。
ここ数日間の思考内容、及び近況報告です。




・その1
「第4回大喜利茶会」
お越し頂いた皆さん、ありがとうございました。
ここ数回に比べると少ない客入りでしたが、
その分、盛り上がりつつ、集中もしてくれていたと思います。
そうであって欲しいです。
今回は「第1回大喜利茶会王決定戦」として、変形的なトーナメントを行いました。
6名対戦→2名対戦→3名対戦、と人数が変わる事で、
勝負の展開にも変化があって面白かったんじゃないかな、と思っています。
僕が全てルール考えたんで、面白かったという人は僕を誉めて下さい。
内容は「POARO大喜利Blog」にアップしましたんで、
ご覧になってみて下さい。
因みに、これも僕が一人で文字起こししてます。誉めて下さい!


ジャッジ席に居た時も言いましたが、
大喜利って、発想の面白さも勿論必要だけど、
実際に勝負ってなると、「場数」が肝になってくるなぁと思いました。
今までにやってきた大喜利で得た、解答のストックを持ち出してきたり、
やった事ないようなお題でも、何とか過去のお題と結びつけてみたり。
さらには、効果的な言い回しや、押しの強さなども含めて、
経験値はあるに越した事ないと思います。慣れこそが武器です。
実際、僕らが5年間の大喜利によって身に付けたのは、それです。それだけです。
声のトーンの選び方、声の張り方、ボードの出し方、
これはもう、自然と身に付けていくしかないのです。ズルくていいんです。


そして、結局のところは「人柄」です。
キャラクターがブレない事が、一番の強みになると思います。
コイツにコレ言われたら、笑うしかない!っていう状況は、認めざるを得ないのです。
例えばジェロさんとか。ボーさんとかもそうですけど、あれはもう仕方がないんです。
勿論、「発想の面白さ」が無ければ始まりませんが、
そこに何かがプラスアルファされる事によって、より強力になると思うのです。
要は、そこんとこのバランスが大切って事ですね。
面白さだけを追求してたら、堅苦しくなっちゃうし、
プラスアルファの部分ばかりだったら、フワフワでユルユルになっちゃうし。
硬・軟のバランスですね。
大喜利茶会は、そこんとこのバランスが丁度いいんじゃないかな、と思ってます。
つまりは、いいルールだって事ですね。自画自賛でーす。
一番なのは、見ている人、一緒に参加してくれる人が楽しんでもらえる事なので、
今後もいろいろ考えていきたいです。




・その2
個人的な話では。
一対一で伊福部さんに勝てたし、
決勝まで行けたんで、とても良かったと思います。
割と、どのお題でも果敢に攻めれたと思ってます。
最後、ギリギリで出してポイントを取る、っていうのが何回かあったので、
やっぱり諦めちゃいけないな、と思いました。
決勝のラストの問題では、もうちょっと集中していれば、
もっと凄い打ち合いができていた気がします。
ただ、手数を出して「有効」で勝っていても、
結果的に「技あり」の数で負けるってのは、
相変わらずだなぁと。なかなか難しいものです。
惜しいところまで攻めても、最後はパワーで負ける。
これはもう、今の自分のスタイルではどうしようもない部分なので、
パワーに匹敵するくらい、一つ一つの解答の精度を高めていくしかないのでしょう。
それこそ、あらゆるプラスアルファの部分を使って、
ちょっとでも面白くなるようにしていくって事です。ズルくていいんです。


ただ、有効打の数よりも、破壊力を重視するこのルールは、
負けても納得できるルールだと思います。
相手の方がドカーンとウケていたら、そりゃ負けです。
本当に、いいルールですよね。
まあ、ルール作成も、解答の文字起こしも全て僕一人でやっているわけであって、
ここまで真剣に考えてるのは僕だけだ、っつー話なんですが。
自分で考えたルールで優勝できたら最高なので、
今後も頑張っていこうと思いまーす。
次回、「第5回大喜利茶会」は、8月8日(土)です。
よろしくお願いしまーす。




・その3
今週の土曜18日には、新宿ロフト・プラスワンで「オフ喜利」があります。
当日券取れるか分かりませんが、行くつもりでいます。
妹尾さんがニューカマーファイトに出場します。頑張ってもらいたいです。
何かアドバイスをするとしたら、「丁寧にやった方がいい」という事です。
お客さんに対して、初顔という立場をわきまえた上で、
自分の発想が解答一発で伝わるように、
丁寧な大喜利を心掛けた方がいいかと思います。
少なくとも、僕はそれを痛感しました。




・その4
買ったCD。
「100s/世界のフラワーロード」
がつーんきました。ちょっと泣きそうになりました。
「そりゃそうだ」「フラワーロード」がスゴイっす。
DVD付きのを買ったので、その内見ます。がつーんきたなぁ。


「the telephones/DANCE FLOOR MONSTERS」
チャラい感じだけど、カッコいいです。
ノリです。ノリにやられます。
「URBAN DISCO」が前のミニアルバムから好きで、
アレンジ変わったのが入ってて、やっぱり好きです。


「フジサンズ/Avantia」
前作のミニアルバム「ギャラクティカ」を何となく買ってみたらすごく良くて、
ずっと気になっていたバンドです。初のフルアルバムです。
「ギャラクティカ」の壮大な感じが好きだったので、
正直、ちょっと物足りなかったです。
今回は真っ直ぐでシンプルな曲目だったので、今後の変化に期待したいです。




・その5
K-1MAX。
魔裟斗vs川尻。
入場時からヒリヒリしまくってて、想像通りいい試合でした。
魔裟斗やっぱり強かったですね。上手かったです。
川尻も打ち返していて、最後まで逆転あるんじゃないかとワクワクしました。
タオル投入は残念だったけど、まあ仕方ないですね。
川尻の入場時に、DREAMの選手が列挙してきたのが凄く良かったです。
歓声も、川尻は野太い男の声で、魔裟斗は黄色い女の声で、真っ二つ。
こういう試合は、また見たいですね。闘いってのは、こうでなくっちゃ。
魔裟斗、体がハンパなく綺麗だったし、顔つきもスッキリしててハンサムでした。
これで辞めちゃうのは勿体ないですね。
中途半端にタレント活動なんかされた日にゃ、ゲンナリです。
川尻は、五味戦、アルバレス戦もそうだったけど、
負けた時ほど、色気を出しますね。また男人気上がっただろうなあ。


KIDはベッコリとKOされました。
美しいほどの倒れっぷり。
DREAMの時もそうだったけど、
やっぱりイケイケで前に攻めまくるKIDが見たいですよね。


山本篤志vs渡辺一久
異種格闘的で面白かったです。渡辺のパンチ超早かったです。
ただ、互いに倒れても殴ったり、足に組み付いたり、
グチャグチャな展開になっちゃったので、
レフリーはしっかり反則取って欲しかったです。
明らかにダウンなのにスリップ取ったりとか、イラっとします。


トーナメントでは、山本優弥が良かったですね。
ドラゴ相手にずーっと打ち合ってたし、
あんなに打たれ強い印象は今までなかったです。
ハートの強い選手は、見ていて感情移入しますね。頑張って欲しいです。
DREAMフェザー級GPの所とか、戦極フェザー級GPの小見川とか、
ダークホースがいい試合すると盛り上がりますね。


トーナメントは、それ以外は盛り上がりに欠けてた感じ。
完全に、魔裟斗、KIDよりも扱いがぞんざいでした。
確かに地味な試合だったのかもしれないけど、
そこを上手く盛り上げていくのが、イベントサイドの仕事だろと思います。
リザーブマッチで、城戸が「ローパンチ」っつー面白い技を出してたらしいので、
深夜の番組なりで放送して欲しいです。




・その6
大相撲名古屋場所。
日馬富士、1敗しちゃったけど、
稀勢の里戦、旭天鵬戦での粘りは凄かったです。まだまだ頑張って欲しいです。
朝青龍はいっぱいいっぱいな感じですね。
でも、場所中に調子上げちゃうのが朝青龍なので、まだまだこれからです。
白鵬は盤石です。今のとこ飛び抜けてます。
稀勢の里が食い込んできて欲しいです。




・その7
「あと何分あるの?」
エロ回文のコーナーでの、伊福部さんの「キスします」発言。
最高でしたね。350回を目前にして、今までで一番笑いました。
何て言うんですかね。身を削ってる感じ。若干ノンフィクションな感じ。
ただ、実際には自分で言った下ネタに振り回されてるだけなんですよね。
自分の考えを超越した下ネタが、勝手に飛び出てくる感じ。
下ネタ言い続けてると、ああなる事って、たまにありますよね。
僕は以前、大喜利夜会でその状態に陥った事があります。
あと何分は、大人な笑いを提供していますね。
以下、エロ回文の文字起こしです。


【膣っち】[ちつつち]
(太陽爆発)


【菊に茎】[きくにくき]
(雌ちんぽ)


【天狗の軍手】[てんぐのぐんて]
(雌ちんぽ)


【立てた張り型、痛がり、歯立てた】[たてたはりがたいたがりはたてた]
(お手てつないで)


【ねるねるねるね】[ねるねるねるね]
(ギロッポンナちゃん)


【もしや、モヤシも!?】[もしやもやしも]
(お手てつないで)


次回は350回記念として、350分放送です。
10時から、翌3時50分までやります。
各コーナー宛てや、お祝いメールなど、どしどし送って下さーい。




以上です。
スポンサーサイト
【2009/07/15 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

お手てつないで
  • Author:お手てつないで
  • 日記です。
    どーでもいい日々のどーでもいい物事をどーでもよく綴ります。
    しかし、パンダは可愛いですよね。
  • RSS
  • 10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。