新・恋のはじまり日記
お気に入りの女性タレントランキング(09/05/20付)1位:大江麻理子(→)、2位:安めぐみ(→)、3位:長尾麻由(初)、4位:安田美沙子(↑)、5位:大橋美歩(↓)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

デザインは気に入っているけど、履き心地がイマイチなスニーカー。

暑い日は続いているけど、
気付けば夏の終わりのような過ごしやすい暑さになってきました。
ここ何年か、でっかい入道雲を見てない気がします。
ここ数日間の思考内容、及び近況報告です。




・その1
土曜日。
コミケにて、「大喜利実力判定考査'06/'08」を売ってきました。
一日中コミケに居たのは初めてでしたが、割とあっと言う間でした。
サークルチケットで入れたので、人混みに巻き込まれず、
スイスイ会場を歩けたから全く疲れませんでした。
コミケで何が疲れるって、あの移動なんだなって思いました。


熱中症対策として、冷えピタとかアイスノンとか持ってきてたんですが、
「アイスノン 冷水スカーフ」という、
水に濡らして首に巻くスカーフが凄く効果的でした。
冷却素材とかは全く使って無くて、
ただ単に気化熱の効果で涼しくなるだけの物なのですが、
首筋が冷やされるだけでこんなに涼しくなるとは思いませんでした。
汗もほとんどかかなかったし、日常でも使える商品だと思います。
みんなに配ってやりたいくらいでした。絶対買った方がいい。
あとは細かく食べたり飲んだりして、
エネルギーを補充してたのも良かったみたいです。
外の屋台で、初めてケバブサンドを食べました。
意外と肉の味はアッサリしてました。ソース次第の食い物だなと思いました。


打ち上げは月島で、もんじゃを食べました。
下町育ちだけど、店でもんじゃを食べるのは10年振りくらいでした。
美味しかったです。明太子・チーズ・もちが最高でした。
お越し頂いた皆さん、ありがとうございました。
きゅうりさん、ともちゃん、からてさん、哲ひとくん、イギリスさん、
シブレットさんたち、お疲れ様でした。
きゅうりさんが用意した、
ミニプロジェクターを使っての映像出しが超カッコ良かったです。
コミケであんな事する奴、他にゃ居ねぇと思いました。




・その2
帰って、「大喜利実力判定考査」DVDをチョコチョコっと見ました。
「'08」の方は荒編素材を頂いていたので、大体分かってはいるのですが、
やっぱりオープニングVTR、紹介VTRは痺れますね。
入場シーンまでで7割と言っても過言ではないですね。
レニー・ハートさんのコールも、奇跡の収録を果たし、
あの時の緊張感、興奮が甦りました。
自分で自分の姿を見て、カッコいいなぁつってニヤニヤしてます。
この映像を見て、羨ましいと思った人、
自分もこんな風に舞台に上がりたいと思った人が、
今後の「実力判定考査」や「大喜利茶会」に絡んできて貰えたら、嬉しい限りです。


一方、「'06」の方はイベントとしては雑と言うか、
作品と言うよりは記録映像に近い感じでした。
イベントとしても初回だし、まだ方向性が定まってない為、
普段の大喜利をそのまま舞台でやってみている感じですね。
緊張感や完成度はあまりないですが、見ていて楽しそうではあると思います。
「大喜利修学旅行」の延長線っていう感じですね。
「'06」をやった上でルールを改訂させ、演出も豪華になり、
イベントとしてレベルアップしたのが「'08」。
だから、「'06」→「'08」と順番に見た方がいいと思います。


しかし、改めて思いましたけど、「大喜利実力判定考査」の何が凄いかって、
別に出ている人達は凄くないんですよ。
ただの素人だし、大喜利しかやってないんですから。僕らは全然凄くないんです。
凄いのは、それを支えてくれたスタッフの皆さんなんです。
カメラさんがちゃんと一人一人の答えを抜いて、スイッチャーさんが画面を切り替えて、
音響さんがバシッ!と音を流して、照明さんが光を当てて、
何より、MCの鷲崎さんが完璧にしきってくれて。
そういった、支えてくれる皆さんへの信頼感があるからこそ、
安心して大喜利をやり遂げる事ができたんだと思います。
土台がしっかりしてるから、あんな大きい会場で素人が出ても成立するんです。
ポアロが行うイベントは、それぞれのドプロたちが集まるから、面白いんです。
そこなんだよなぁ。すげえなぁ。ありがたいなぁ。


個人的な話なんですが、「'06」の時の自分が凄いイヤなんですよ。
全然面白くないんです。自分の所だけ早送りして見てます。
大喜利だけじゃなく、見た目も気持ち悪いんです。
顔つきからメガネから髪の長さ、タオルの巻き方まで、全部気持ち悪い。
別に他人が見たら変わらないのかもしれませんけど、超キモチワリぃんです。
アイツ嫌いだなー。面白くないなー。
日々、成長していきたいなと思いました。




・その3
日曜日。
「大喜利やらナイト」でした。
哲ひとくんが初参加で、計15人も居ました。
やはり、ああいった空間で10人を超えると、一体感を出すのが難しいなと思いました。
それぞれの方向性があるので、答え一発で注目を集めるには、
かなり飛ばし気味な事を言っていかないといけませんね。
僕は自分のスタイルは崩さずにやろうとしていたのですが、なかなか厳しかったです。
埋もれちゃってました。「オフ喜利」の時と近い感覚でした。
何とか引っ掛かりを見つけたいんだけど、見つける作業だけで終わってしまう感じ。
最近気づいたんですが、今の僕の大喜利のスタイルって簡単に説明すると、
お題に沿った答えを考えた上で、
余計な言葉を付け足したり、敢えて言葉を削ったりして、
その違和感や歪みを楽しむ、みたいな事なんです。
だから、見ている人に感じ取ってもらわなくちゃならない。
各自でツッコんでもらわきゃならない。
改めて考えると、分かりづらい事をやってるんだなと思いました。
今後、違う場で大喜利をしたり、それこそ交流戦みたいになってくるとしたら、
そろそろ新しいスタイルを見つけていかないといけないなと思いました。
今のままだとパワー不足と言うか、パワーの出し方を間違ってるのかもしれません。
自分が求めているもの、人が求めているもの、上手く摺り合わせていかないと、
やがて、一人でやってろよ!って事になってしまいますからね。


一度、変な空気にしてしまいましたけど、
まさにそれこそ、摺り合わせていかないといけない部分でした。
悪い事したなぁと反省してます。あんなリアクションしなくて良かったなぁ。
以前も書いたのですけど、【○○みたいな言葉】というお題って、
凄く危険性を感じるんですよね。
何でもありなんで、盛り上がるのは間違いないんですけど、
脱線し出すと、どこに終着させるのかが不安になってくるんです。
僕としては、脱線しないギリギリのラインを楽しもうと思っていたので、
思いっ切り脱線したのが出た瞬間、ショックだったんです。
だからあんなリアクションしちゃったんです。「うわ、お題終わった・・・」と思って。
僕自身も、状況次第ではあれくらい飛んでいても受け入れられたと思います。
ただ、勝手に自分の中で線引きをしていて、許容範囲を狭めてしまったんですね。
自分の考えを押しつけ過ぎてしまいました。ごめんなさい。


帰りに哲ひとくんと話してて、
「今回は大喜利よりも、投稿に近い感覚だった」と言っていました。
寺岩さんの日記にも「生大喜利と投稿は違う」と書かれていて、
やっぱり感じてる事は同じだな、と思いました。
良いか悪いか、どれが正しいかなんて決める必要ないですが、
お題を重視するというか、
いいお題を考えた人に対して敬意を表する部分は必要だと思うんです。
いいお題がなくちゃ、面白い大喜利はできないと思うんです。
今回、自分の出したお題が2つとも盛り上がったので、とても嬉しかったです。
妹尾さんも書いていたけど、
「自分が出したお題がハネると嬉しい」っていう感覚は、
どこかで共有していたい部分です。
出題者(兼・判定)と解答者、両方の気持ちが分かっていた方が、
より大喜利を楽しめるはずです。
いずれ「大喜利茶会」で、ひたすらお題を考える、
「お題考えナイト」をやってみたいなぁと思ってます。


やっぱり「やらナイト」での小浜さんは面白いなぁ、と思いました。
茶会でもこれくらい面白いの出せばいいのになぁ。
大喜利やらナイト・公式ブログ」で改めて見ると、みんな面白いなぁーと思いました。
いろいろ思うところはあるけど、面白い事考えようとしている人が、
これだけ集まれる事が素晴らしいなぁと思いました。
どさくさに紛れて告知です。
「大喜利茶会」次回は9月26日です。
皆さん来て下さーい。




・その4
ラジオ・ビッグバン」で大喜利をしてきました。
既に今週分が放送され、3週連続で放送されます。
よろしくお願いしまーす。
一度も放送聴いた事ないんで、面白いのかどうかは分かりませーん。
でも楽しかったでーす。




・その5
「モヤモヤさまぁ~ず2」、上野・湯島。
アメ横のおもちゃ屋とか、佐竹商店街とか、知ってるとこだらけでした。
意外にも、モヤさまでインベーダー置いてある喫茶店に入ったのは初めてでしたね。
みーさんのおやっさんが面白かったです。




・その6
「アメトーーク」小杉イジリたい芸人。
超面白かったです。
イランイランオイルの行が最高でした。
あんなのをほぼ編集なしで放送しちゃうアメトーークは狂ってる。
関西弁がヘタになる行も面白かったです。ちょっとポアロっぽいと思いました。
感情ゼロの表情は、バナナマンの真骨頂だなぁと思いました。




・その7
「やりすぎコージー・都市伝説SP」
博士の話が面白かったです。熱の入り方が凄かったです。
西武警察の炊き出しも面白かったです。
関さんが都市伝説のDVD出したらしいのですが、
amazonでの評価がすこぶる悪くて、とりあえずレンタル出るの待とうと思いました。




以上です。
スポンサーサイト
【2009/08/19 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

お手てつないで
  • Author:お手てつないで
  • 日記です。
    どーでもいい日々のどーでもいい物事をどーでもよく綴ります。
    しかし、パンダは可愛いですよね。
  • RSS
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。