新・恋のはじまり日記
お気に入りの女性タレントランキング(09/05/20付)1位:大江麻理子(→)、2位:安めぐみ(→)、3位:長尾麻由(初)、4位:安田美沙子(↑)、5位:大橋美歩(↓)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

イヤホンが壊れると物凄く損した気分になる。

パーカーを買いました。
GO-COOってブランドのパンダ柄のパーカーと、
参丸一ってブランドのカエル柄のパーカー買いました。
パーカーは畳むと嵩張るので仕舞うのが面倒になります。何着もあると邪魔です。
ここ数日間の思考内容、及び近況報告です。




・その1
ディズニーシーに行って来ましたよ。
開園前に朝食としてパンを食べていたら、前歯がバキッ!て鳴りました。
差し歯が割れちゃいました。割れた直後に開園になりました。
テンションがた落ちでした。
でも、その後は超楽しかったのですよ。
平日の雨降ってる日に行ってきたので、割と空いてて良かったです。
「タワー・オブ・テラー」が面白かったです。よくできてるなぁって思いました。
落下系の乗り物大好きなんで、何回も乗りたかったです。
「タートル・トーク」っていう、新アトラクションがあって、
本当は翌日からオープンなのに、入れちゃいました。ラッキーさんでした。
ファインティング・ニモの海ガメをお話ができるというアトラクションでした。
超面白かったです。すげーです。
たくさんのエンジニアさんが頑張ってプログラミングしたんだと思います。やーるー。
「レオナルド・エクスプローラー」っていうやつが楽しかったです。
謎解きアドベンチャーゲームを生身でやってる感じです。よくできてます。
恋人同士で、こういう時に意見が合わずにケンカになったら最悪だなと思いました。
夜のショー「ブラビッシーモ」が至近距離で見れました。
火がボンボン燃えてて、熱かったです。でも感動しました。
あまりに感動的だったんで、そのまま即帰りました。
その後に、ご飯食べに行っても混んでてテンション下がるだろうし、
乗り物乗りに行っても並んでる間にテンション下がるだろうし、
余韻に浸って歩いていても疲れるし寒いしテンション下がると思って、
MAXの状態のまま帰ろうという英断を下しました。
初っ端に歯がバキッ!ってならなければ最高の1日でした。




・その2
今更ですけど「大相撲秋場所」終わりましたね。
朝青龍優勝。新総理が来場する中での優勝。美味しいところ持っていきますね。
本割では白鵬の圧勝で、決定戦では朝青龍が気迫で取り返す。
予想はしていたけど、まあよく出来た展開というか、両横綱の特性が出た結果でした。
馬力、圧力では、今や白鵬は朝青龍を圧倒できる。
でも、攻めの厳しさ、技を繰り出すスピードでは、まだ朝青龍の方が勝っている。
白鵬は決定戦まで縺れると、相手より強い部分と弱い部分を両方見せてしまう。
実力では間違いなくトップなのに、なかなか上手くはいかないものですね。
来場所も楽しみです。把瑠都、鶴竜が優勝争い絡むと思います。




・その3
「DREAM.11」


「高谷vs所」が面白かった。最後が逆転からのまた逆転で、ウソみたいな展開。
折角殴り倒した後に、引き込んじゃうから、所は勿体ないです。所らしいけど。
フェザー級GP優勝はビビアーノ。
トータルバランスとパワーで考えたら、順当な結果でした。
高谷の組まれても倒れない様は、ケンカだなぁと思いました。
倒されたら絶対負ける。だから倒されない。ってのは、ケンカの鉄則だと思います。
高谷への声援やら怒号やらが怖かったです。
リザーブマッチの「DJ.taiki vs宮田」も見たかったです。
今後は、高谷vsジョー・ウォーレンとか見てみたいです。


スーパーハルクトーナメント。
「ミノワマンvsチェ・ホンマン」は、テレビ的に満点みたいな試合でした。
グラウンドからスタンドに移行する際(きわ)の部分で、
ヒザ立ちのホンマンにミノワマンがパンチ当ててるのが上手かったです。
ミノワは今後も無差別路線でやってった方がいい。
同体重の相手とやると実力差でアッサリ負けちゃうから。
ボブ・サップは、あっけなさに磨きが掛かってました。


ライト級タイトルマッチ、「ハンセンvs青木」。
ラストギリギリで一本取って青木が悲願の王座獲り。おめでとうございます。
でも、まさかのダイジェスト放送!そりゃナイゼ!!
例え試合が地味だったとしても、全部流して頂戴よー。ひどいよー。
去年はあんなに盛り上げてた青木なのに、扱いがどんどん悪くなってる。残酷だなぁ。
今回の試合も金的もらっちゃってたし、どうにも青木は運が悪いですね。
どうやら世間的な流れでは、完全に川尻の方がメインなようです。
川尻は魔裟斗戦で貢献したとは言え、
大晦日に既にタイトルマッチ内定みたいな状態ってのは、ズルい気がする。
大晦日にやるとしたら、バッシリ青木に一本取ってもらいたいです。
川尻は今回スッキリした体付きだった。カッコよかった。


急遽で決まった桜庭の試合も、アッサリでした。
アームロック極める時の表情とか、お尻ペンペン的なパンチとか、
プロレスチックだなぁと思いました。
事前にYouTubeで公開されてた映像がめちゃめちゃ面白いです。
エヴァネタです。立木ボイスです。最高です。
煽りVにも期待してたのに、放送ではカットでした。ガッカリー。
またYouTubeで煽りVチェックします。




・その4
最近買って聞いたCD。
「東京スカパラダイスオーケストラ/KinouKyouAshita 」
「KinouKyouAshita」は前向きで若々しい感じの歌モノです。
「Give Me Back My Ball」はスカパラらしいエネルギッシュな曲です。
「愛の讃歌」は名曲のスカパラアレンジで最高です。
「トーキョースカメドレー」はスカソングのメドレーです。ライブ音源です。
4曲ともこれぞスカパラ!って感じでハズレ無し!
シングルとは思えないボリュームです。
「愛の讃歌」のイントロがめちゃめちゃカッコいいです。やっぱスカパラいいなぁ。


「SOIL&“PIMP”SESSIONS/6」
だいぶ前に買ってました。
相変わらずいいです。
「PAPA'S GOT A BRAND NEW BIGBAG」「POP KORN」「PARAISO」がいいです。
「殺戮と平和」もいいです。音楽には暴力性が必要だと思います。


最近借りて聞いたCD。
「SPECIAL OTHERS/Good morning」
「SPECIAL OTHERS/QUEST」
「SPECIAL OTHERS/PB」
「クレイジーケンバンド/ガール!ガール!ガール!」
「電気グルーヴ/20」
「iLL/Force」
「ハナレグミ/あいのわ」
「eastern youth/歩幅と太陽」
「LOW IQ 01/THE VERY BEST OF 01」
「THE SAX NIGHT/ロックンロールオーケストラ誕生」
「THE HIGH-LOWS/ロブスター」
「absentmindedness/absentmindedness × TSUTAYA」
SPECIAL OTHERSが凄くいいです。インストだけど感情的で泣けるメロディです。
ハナレグミ良かったです。eastern youth良かったです。
THE SAX NIGHTは、サックスだらけのバンドです。
やかましいです。音の暴走族って感じです。




・その5
「オールスター感謝祭」
マラソンとぬるぬる相撲だけ見ました。
チェ・ホンマンよかったですね。
河本さんとの舌戦や、をビンタした時の表情など、プロレスできるなぁと感心しました。
シルムは土俵が砂場なので、下半身のバランス感覚はさすがでした。
なんなら、「ホンマンvsミノワマン」も、ぬるぬる相撲でやればいいと思いました。
全然違和感なく見れると思います。むしろしっくりきそう。
マラソンはK-1MAXの山本優弥が優勝。
試合控えている選手なんだから、
あれくらいの距離はロードワークの一環でしょう。そりゃ余裕でしょ。
次回は所英男も走ってほしいです。




・その6
「アリケン」芸人ブラックジャック。
藤崎奈々子が、「マウス」の意味を理解した瞬間が面白かったです。
手のジェスチャーがギリだと思いました。さすがアリケンだなと思いました。
穴井我聞が相変わらず面白かったです。
感謝祭でのマラソンに続き、ノッチさんが輝いた夜でした。
「さまぁ~ず×さまぁ~ず」が同じ時間帯に移ったので、
土曜の1時台がアツいです。




・その7
「ゴッドタン」おっぱい見せて。
手島優と辰巳奈都子という、ゴッドタン系グラビアアイドルが登場。
下らなかったです。悪ふざけでした。
手島優エロくて面白いですね。ヤンキーっぽさがいいですね。
辰巳奈都子のMはどうにもガチなので、
虐げられて嬉しがる表情にゾワっとします。




・その8
最近、お笑いのDVDをいろいろ借りて見ました。


バカリズム『科学の進歩』
相変わらずテーマソングがいいです。いつかまとめてCDになればいいですね。
「にゅーす」がめちゃめちゃ面白かったです。
R-1でやったら優勝すると思います。
ネタが面白いのは勿論、演技力が確かだから面白い。これぞバカリズム。
小学生っぽい原稿と言い方が凄いなと思いました。よくあの頃の感覚を覚えてるなぁ。
「ナイロンパーカー」が一番好きでした。
「贈るほどでもない言葉」の、本当に贈るほどでもないっぷりが凄いです。
ああいうのを考えていたら、少しは為になる話になっちゃうはずなのに。
「WARUYONO!」は、言葉遊び全開でいいですね。
会場の反応も一番良くて、やっぱりバカリズムのファンはこういうのが好きなんですね。
特典映像の「科学ポエム」も面白くて、
特に「コンピューターが壊れちゃった」が秀逸でした。


バカリズム『勇者の冒険』
これまたテーマソングがめちゃめちゃいい曲。
チャプター時のBGMもRPGっぽくて、よく出来ています。
今回は一人芝居の色が強かったです。
改めて演技力の高さを発揮しています。
「根本のおもしろさ」での熱演っぷりは凄いです。怪演です。
「YOIDEWANAIKA!」は「WARUYONO!」よりもさらに言葉遊びしてて楽しかったです。
特典映像の「日本数字話」「ポエム」も面白かったです。
トータルで完成度が高いです。


ジャルジャル『戯3』
相変わらず1つのコントでは、1つの事しかやってないです。ワンコント・ワンセンテンス。
「嘘つき通す奴」「理解不能者」は、本当に良く出来るし、
今後もシリーズ化してって欲しいです。
「ハンドイートマン」が一番笑いました。大好きです。
「変な奴」も好きです。やり通すから面白い。ブレないから面白い。
1時間自由に使っていい、何本ネタやっても自由、という形式でライブやらせたら、
ジャルジャルが一番面白いんじゃないですかね。
いろんなネタ見て、総合で面白い。
だから、「キング・オブ・コント」でネタ一発で評価されるのは厳しいのかもしれませんね。


サンドウィッチマン『新宿与太郎行進曲』
M-1優勝以降単独ライブ。
しっかりネタをやるというよりも、二人が自由にやりたい事をやってる感じです。
アドリブも多いし、特に伊達さんがすごく楽しそうです。
「キング・オブ・コント」でやった「美容室」も入ってます。
テンポも遅めでやってないネタも幾つかあって、これはこれで面白いです。
「メガネ」で、代金貰っておつりを返す行を掘り返すところが好きです。


オードリー『オードリーDVD』
漫才もコントもいろいろやってます。
二人の良さが引き出されていて面白かったです。
忙しい中で、よくこんなライブできたなぁって思いました。
二人ともハイになってる感じがして、ラストの漫才はグチャグチャで面白かったです。
漫才でのアドリブや、「サラリーマンファイター」での春日さんへのムチャブリなどを
何とかこなしていく姿に、スキルの高さ、芸歴の長さを感じさせられました。
若林さんのピンネタは面白いです。やっぱ天才です。


東京03『スモール』
どのコントも秀逸。タイトル通り、器の小さい物語に磨きが掛かっています。
「儀式」が面白かったです。
飯塚さんの爆弾級のセリフにやられました。
その時の角田さんの表情も天下一品です。これは東京03にしかできない。
「角田の紹介」も好きです。「卒業生」も好きです。
「こういう事日常にあるよなぁ、実際あるんだろうなぁ」っていう設定から、
人間のイヤらしさを滲み出させる、という流れが東京03の黄金パターンだけど、
今回は後味の悪さがあまり残らなくて、スカっと笑える感じでした。
改めて、キング・オブ・コント優勝して当然だなと思いました。




以上です。
スポンサーサイト
【2009/10/08 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

お手てつないで
  • Author:お手てつないで
  • 日記です。
    どーでもいい日々のどーでもいい物事をどーでもよく綴ります。
    しかし、パンダは可愛いですよね。
  • RSS
  • 08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。