新・恋のはじまり日記
お気に入りの女性タレントランキング(09/05/20付)1位:大江麻理子(→)、2位:安めぐみ(→)、3位:長尾麻由(初)、4位:安田美沙子(↑)、5位:大橋美歩(↓)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

リップクリームを久々に塗ると、その潤い力に驚かされる。

風邪が完全に治りました。
完治する前に、えげつない痰が大量に出ました。
えげつない痰の正体は、体内で菌と戦ってくれた白血球の皆様です。
ありがとうありがとう。また風邪引いたらよろしくね!
ここ数日間の思考内容、及び近況報告です。




・その1
「M-1グランプリ2009」決勝直前!
勝手な予想を勝手に書きまーす。
決勝のネタ順と、期待値、優勝確率、個人的な見所を書いていきまーす。


1.ナイツ (結成9年目・決勝進出'08)
 期待値・・・・・★★★★☆
 優勝確率・・・★★★★☆
漫才のスタイルは完全に浸透しているので、
安定感はズバ抜けてるけど、その分ハードルが高くなっていると思います。
期待を超える完成度の高さを見たいですね。
トップだけど、あまり不利ではない気がします。
むしろ、初っ端からぶっ飛ばしてもらえると、
今年はとんでもないハイレベルになると思います。


2.南海キャンディーズ (結成6年目・決勝進出'04、'05)
 期待値・・・・・★★★☆☆
 優勝確率・・・★★★☆☆
準決勝で物凄いウケていたらしいです。
南キャンの漫才って、今は期待が薄いんで、逆に爆発するチャンスだと思います。
山里さんのツッコミが外さなければ、えらい事になると思います。
ナイツと南キャンの順位・点差によって、
この後の流れが決まるんじゃないでしょうか。
正統派とインパクト、基準として最適な2組だと思います。


3.東京ダイナマイト (結成9年目・決勝進出'04)
期待値・・・・・★★★★☆
優勝確率・・・★★☆☆☆
5年振りの決勝進出。ようやく戻ってきてくれました。
M-1で決勝に返り咲く難しさの象徴みたいな感じです。
今年吉本に移籍して、舞台に立ちまくっていたらしいので、
客前での熱量・圧力は一番高いと思います。
変にカラ回りしなければいいですけど。刀とか封印してるらしいですけど。
衣装に期待したいです。決勝用にド派手なヤツ着てきて欲しいです。


4.ハリセンボン (結成6年目・決勝進出'07)
期待値・・・・・★★☆☆☆
優勝確率・・・★★★☆☆
正直に言ってしまうと、あんまり期待していないです。
07年の時も、二人のキャラクターが立ちすぎていて、
ガチの漫才ってよりも、タレント同士の漫才みたいな印象でした。
そういった悪い印象を吹き飛ばしてくれるといいですけどね。
春菜さんのツッコミがウケるのは分かっているので、
はるかさんのボケの破壊力に期待したいです。


5.笑い飯 (結成10年目・決勝進出'02~'08)
期待値・・・・・★★★★★
優勝確率・・・★★★★★
8年連続決勝進出。無冠。ラストイヤー。
今まで何度も出順に泣かされてきた笑い飯ですが、今年は5番目。
これはもう言い訳のしようがないです。最高の舞台です。
今年一年、M-1用に仕上げてきてると思うので、期待するしかないです。
「今年こそは」って言い続けて、今年で終わっちゃうんですよね。
一つの時代の終わりを感じます。M-1の第1章が完結します。優勝して欲しい。


6.ハライチ (結成5年目・決勝進出初)
期待値・・・・・★★★★☆
優勝確率・・・★★★☆☆
今大会最年少。M-1新世代がいよいよ現れます。楽しみです。
今年の8組の中では一番の要注意コンビでしょう。
間違いなくウケると思います。笑い飯の後でも、引けを取らないと思います。
ただ、審査員泣かせでしょうね。
ハライチがどう評価されるかが、今年のM-1の最重要ポイントだと思います。
そして、今後のお笑い界の運命すら決まるんじゃないかと思ってます。


7.モンスターエンジン (結成3年目・決勝進出'08)
期待値・・・・・★★★☆☆
優勝確率・・・★★☆☆☆
2年連続の決勝進出。
キング・オブ・コントも含めれば、3大会連続の決勝進出。凄いですね。
ただ、笑い飯、ハライチの後となると、
若干インパクト負けする恐れを懸念してしまいます。
秘めてるものは物凄いものがあると思うので、今度に繋げていって欲しいです。
西森さんに暴れて欲しいです。


8.パンクブーブー (結成9年目・決勝進出初)
期待値・・・・・★★★☆☆
優勝確率・・・★★★★☆
「ようやくパンクブーブーが決勝に来たか」というような、
M-1ファンにとっての悲願みたいな感じですね。
スタイルは王道中の王道なので、ラストに出てくると強いと思います。
これまでの流れを根こそぎ持っていく可能性があります。
王道のパワーを見せつけて欲しいです。男臭さ出して欲しいです。
何よりトチんないで欲しいです。


9.敗者復活組
期待値・・・・・★★★★★
優勝確率・・・★★★★☆
今年の敗者復活戦は地上波でも放送されます。
注目度が増しているという事ですが、実際今年は特にアツいです。
前回チャンピオンのノンスタから、
磁石、ハマカーン、千鳥、ダイアン、U字工事、タイムマシーン3号、などなど、
実力者がひしめき合ってます。
恐らく、サンドウィッチマン、オードリーみたいな、
強烈なインパクトを与えるコンビは出てこないと思います。
純粋にその日のネタが一番面白かったコンビが上がってくると思うので、
普通に決勝8組に並べる強さはあると思います。脅威になるはずです。
まぁ、上がってくるのは磁石だと思うんですけどね。
磁石が上がってきたら、多分泣きます。
千鳥、ハマカーンも、準決勝では相当ウケてたらしいです。
ダイアンも上がってきて欲しいですし、ノンスタ上がってきたらドラマチックですけどね。




以上の考察があった上で、勝手に予想順位を付けちゃいまーす。
1位:笑い飯
2位:ナイツ
3位:敗者復活
4位:パンクブーブー
5位:ハライチ
6位:東京ダイナマイト
7位:南海キャンディーズ
8位:モンスターエンジン
9位:ハリセンボン



今年も敗者復活戦、見に行ってきます。
楽しみでーす。
ツイッター始めたんで、やる気があったら随時報告していきまーす。




・その2
ちょっと前ですけど、「ハガキ職人ナイト!8」を見てきました。
今回は出演者としてではなく、客席からボーっと見てただけです。
ボーッと見ながら思った事を書きます。


以前から、舞台に上がっている時には、
「東京カルチャーカルチャー」という会場に対して独特の雰囲気を感じていまして、
実際に客席に入る事で、その特性を体感しました。
あの横長の会場というのは、お客さんの熱が一つにまとまりにくいんです。
盛り上がるけれども、各所で盛り上がる感じで、一体化する“うねり”には繋がりにくい。
だから、「ハガキ職人ナイト」みたいな大喜利形式のライブだと、
ドカーン!てウケる事はなかなかないんです。
また、知り合い同士で近くの席にまとまるから、というのもあるのでしょうが、
今回は、客席の左半分と右半分で、リアクションの違いを感じました。
左半分はライトな反応というか、面白い単語やインパクトの強さに笑いが起きていた。
右半分はディープな反応というか、マニアックな単語や考えオチに笑いが起きていた。
ハッキリと客層が違う、とは言い切れませんが、面白い現象だなと思いました。
これは横長な会場特有の現象だろうなと思いました。


コーナーに関しては、今回は割と大喜利的要素が強かった気がします。
長文コーナーが無かったからかもしれません。
どれもテンポが良く進んでいて、やっぱハガキ職人すげーなーって思いました。
サブラの投稿コーナーは雑誌投稿の醍醐味である、「文字」の面白さが出ていました。
前回の田村Rさんプレゼンの「僕のお顔をお食べ」のコーナーは、まさに大喜利でした。
見ていて、やりたいなぁと思いました。
VTRコーナー見ていて、一般投稿すれば良かったなぁって思いました。


自由奔放な田村Rさんが真ん中に居て、
しっかりしたネタの岡田あずまさんと哲ひとくんが両脇で挟むっていう席順が、
いい並びだなぁと思いました。
web予選からの出場の、荒俣宏初単独さん、ナンセンスさんも良かったですね。
要所要所での鋭いネタというか、若さを感じました。
個人的には、今回のMVPはゆでこぼしさんだと思いました。
傍若無人というか、投げっぱなしなネタの破壊力が強かったです。


客席から見てみても、やっぱりいいイベントだなと思いました。
舞台上の客席の温度差がほとんど無いってのが素晴らしいですね。
舞台上の人間がいいネタを出して輝くほどに、客席も感嘆して盛り上がるという。
全員が、「投稿好き」っていうツールで繋がっているからでしょうね。
次回も楽しみです。次回は出演したいです。
大雨でしたが、終演の頃には止んでいました。
ハガキ職人ナイトは雨が多いけど、終わる頃にはたいてい止んでます。
不思議です。




・その3
「ふせん大喜利」というイベントを見てきました。
お客さん参加型の大喜利イベントで、
出されたお題に対して、ふせん(ポストイット)に答えを書いて提出し、
面白ければ舞台上で紹介される、という形式のものです。
前から興味はあったので、妹尾、小浜、薬局という、
大喜利でしか繋がりのないメンバーで行ってきました。
客席には他に、ハガキ職人ナイトの本多さん、田村Rさん、ナンセンスさん、
なんかもいて、その辺がいっぱい採用されてました。
後半のお題が楽しかったので、僕も幾つか採用されました。
各お題の最優秀解答者には賞品が送られて、妹尾さんが2つ貰ってました。
ヤッタネ!


「ふせん大喜利」というイベントの感想としては、
大喜利と投稿の中間みたいな感覚でした。
限りなくリアルタイムに近い、大喜利に近い投稿だけど、
審査を通過しなければならないので、ラジオのFAX投稿みたいな感覚でした。
参加してて、もっと量産できるかなと思っていたのですが、
ライブを見ながらなので、完全に考える事だけに集中できないので、
その辺もラジオのFAX投稿みたいでしたね。


1つだけ気になったのは、配られたペンがボールペンだった事です。
採用された解答はプロジェクターに映されるのですが、
ボールペンの文字だと細くて見づらかったです。
だから、僕は自分で持ってたサインペンを使ってました。
大喜利に置いて、「文字の太さ」は重要なので、
できればサインペンを配ってもらえると、見やすいし笑いの量も増える気がします。


最近、いろいろと他の大喜利イベントを見に行って思ったんですが、
「大喜利茶会・夜会」ってのは、本当に大喜利しかしないイベントですね。
大抵のイベントは、構成を考えていろんな企画を用意するもんですけど、
茶会・夜会は本当に大喜利しかしない。
自分たちが思ってる以上にストイックなんだな、と気付かされました。
自分が他のイベントに参加する事で、
「大喜利茶会」の中での交流に繋げていければいいな、と思っています。
なので、「大喜利茶会」にも新しいお客さんが来て頂けると嬉しいです。




・その4
告知です。


【第8回大喜利茶会】
日時:12月26日(土)
出演:伊福部崇・八木たかお
ゲスト:お手てつないで・哲ひと 他
会場:あさがやドラム
開場:12:00
開演:12:30
チケット:2000円+ワンドリンク


過去の内容は、
POARO大喜利blog」をご覧下さい。
今回も「大喜利茶会王争奪戦」を行います。
客席からも大喜利参加者を募ります。
参加希望される方は、
ホワイトボード一式(ホワイトボード、マーカー、クリーナー)を持参して下さい。
よろしくお願い致します!!




以上です。
スポンサーサイト
【2009/12/18 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

お手てつないで
  • Author:お手てつないで
  • 日記です。
    どーでもいい日々のどーでもいい物事をどーでもよく綴ります。
    しかし、パンダは可愛いですよね。
  • RSS
  • 04 | 2017/05 | 06
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。