新・恋のはじまり日記
お気に入りの女性タレントランキング(09/05/20付)1位:大江麻理子(→)、2位:安めぐみ(→)、3位:長尾麻由(初)、4位:安田美沙子(↑)、5位:大橋美歩(↓)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

勝手にシマウマ

渋谷へ。
映画を見る。シネパレス。始めた入った劇場。




「レーシング・ストライプス」
シマウマさんが、競走馬になりたくって頑張るお話です。
ベイブのスタッフが作ったらしい。ベイブは見た事がない。
内容は、非常に娯楽映画らしい、起承転結のハッキリした分かり易いお話でした。
初め、赤ちゃんの頃のシマウマが、すっごく可愛かったです。
あっと言う間に時が流れちゃったもんだから、ちょっと勿体なかった。
内容自体は、特に語りたくなる箇所は無し。良くも悪くも、力入れずに見られる映画。
ただ、ラストで、ちょっとだけ感動させられるシーンがあって、
そこだけは、かなりジーンときました。いいお話。
吹き替えがタレントさんだらけなのですが、テンション高くて、ちょっと乗り切れなかった。
2匹のハエの兄弟がいるんだけど、ビジーフォーがやってる。
めっちゃ歌ってる。完璧に、ビジーフォー・ショー。
本来の吹き替えでも、向こうのコメディアン2人組がやってたのだろうなあ。
あまりに、ビジー・ォーにピッタリ過ぎて、奇跡的だと思った。
ま、歌われたところで、見ていて置いてけぼりなんだけどね。
ものまね王座で、海外アーティストのものまねやってる時と同じ状態。
3.0/5.0。
ベイブ見よう。近い内に。




昼食。
すうぷ屋。
ランチセット。2つのスープがハーフサイズで選べる。
アレキサンダーのどうたら(ビーフシチュー)と、
韓国風辛いスープ(焼きおにぎり入り)の2つにしました。シマウマ。
パンが食べ放題で、美味しかった。
皮がカリカリで、パンだけでパクパク食べれる。
ポイントカードが貯まって、千円割引券で支払う。得した。


LOFT、PARCO、TSUTAYA、ライトオン、ユニクロ、など。
うろうろしました。シマウマ。
スタバで甘い物を。
抹茶フラペチーノ。
久々に食べたら、甘かった。
人がうじゃうじゃで、座れなかった。外で壁に持たれて飲んだ。
スタバの席、ゆったりし過ぎなんじゃないかな。もっと詰め込めばいい。


帰りました。
昼から暖かくなって、出歩くのにピッタリな一日でした。


アキバに寄って、ヤマギワがWポイントデーにて、CDを買う。
「レミオロメン/ether[エーテル]」
レミオロメン2ndアルバム。
1stは、レンタルにて聴いている。割りと気に入っていました。
先週、トップランナーに出ていて、ライブでとてもいい音を出していて。
それで、気になったので買いました。聴いてみます。期待します。




大相撲春場所。14日目。
朝青龍優勝。
締め込みを金から、元の黒に戻してきた横綱。
昨日の負けを払拭するという気持ちを、アピールしてきた訳です。
負けてしまって尚、金を締める訳にはいかない、という横綱の意地なのだろう。
確かに、気迫の入りっぷりたるや、尋常じゃなかった。
普段から、負けた次の日の相撲は気迫が凄いけど、今日は特に凄かった。
魁皇相手に、豪快な相撲。自らものし掛かる、強烈な投げ。
天晴れです。願わくば、金のままで、優勝決めて貰いたかったです。
白鵬、粘りに粘って、白星。7勝7敗。
終盤になって、追い上げてきた。勝ち越せるのか。
春日王、14日目にして、ようやく白星。
普天王、7勝7敗。
頑張れー。


HERO’S。
新・総合格闘技イベント。
恐らく、今後PRIDEのライバル関係になっていくのだろうと思われる。
内容は、非常に良くて面白かったです。
試合結果も、KO・一本勝ちがほとんどで、気持ち良かった。
5分3Rで、膠着したらすぐブレイクというルールだから、
展開が早くて面白くなったのだと思う。軽量級の試合に合っていたのだと思う。
PRIDEでは、膠着こそが総合格闘技の醍醐味な訳だけど、
それとは別の、総合の面白さを見せていたと思います。
何より、日本人選手に味方した結果にならなかったのが良かったと思う。
宇野薫の最後の最後での負け方とか、ちょっと衝撃的だったし。
サップもサップらしくて、良かったと思う。
次回からはKIDも出てくるのだろうし、PRIDEとはまた別の面白さとして、
良い試合を見せていって貰いたいと思いました。
願わくば、両者歩み寄って貰いたいんだけどなあ。
五味vsKIDとか、見てえよー。




オンエアバトル・チャンピオン大会。
ここ数ヶ月ほとんど見ていない。セミファイナルも見てない。
でも、メンバーを見たら、えらく順当だったので、見る事にしました。
全体的に、客の空気が重かった気がする。ノリが悪いと言うか。
スタジオが広くて、笑いが分散しちゃったのかもしれなけど。
ただ、時折客席が映るのを見ると、あくまで雰囲気っつか、イメージだけど、
コアなお笑いファンが多くて、審査が厳しい印象を受けた。イメージだけと。
そんな中、トカアンドトシが優勝。文句無し。
アンタッチャブル、2位。面白かったけど、今日はタカトシが勝っていた。
上位2組が他を突き放していて、確実に面白かった。
キャリアの差が、ハッキリ出た気がする。
やっぱ、呼吸の合わせ方とか、抜群に上手いもの。しかも内容が良かった。
タカトシ、M-1であと一歩だった雪辱を果たせた気がします。
タイムマシーン3号、4位。大健闘だと思う。
今一番伸びているコンビだと思う。これからがさらに期待。
磁石、5位。でも、個人的には相当面白かった。
磁石も、今年注目すべき漫才コンビだと思う。
ネタの作りが緻密で、場面転換が全て繋がっていくってのは、凄いと思う。
小説的というか、芝居的と言うか。とにかく相当面白い。凄い。


今回は新勢力が多かった。ファイナル初出場が6組。
緊張もあったのだろうけど、厳しい組が多かった。
自分達が楽しもうとしているようで、それも悪くはないのだろうけど、
何組か、完全に客を置いてけぼりにしていたように感じた。
それがシビアに点数に出ていたと思う。
だから、審査結果は、非常に順当だったと思います。
思えば、全組漫才だった。M-1ファイナリストも、4組出場。
コントも見たかったなあ。ピン芸人も居なかったし。
バリエーションの豊富さが、チャンピオン大会の持ち味だと思うのに。
とりあえず、セミファイナルの様子をビデオで見るとします。




夜。
月が綺麗だった。
満月。しかもすぐ側には火星が輝いていた。
素敵な夜空。


何だか、凄く充実して、幸せな一日でした。
幸せなのがいいな。
幸せを感じると、多少面倒な物事とか、どーって事ない気がしました。シマウマ。
勝手にシマウマ。
勝手にしまうなよー。もー。
カツ食べちゃったけど、まだキャベツにソースかけるんだから。
どーでもいい補足をしちゃったよ。
スポンサーサイト
【2005/03/26 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

お手てつないで
  • Author:お手てつないで
  • 日記です。
    どーでもいい日々のどーでもいい物事をどーでもよく綴ります。
    しかし、パンダは可愛いですよね。
  • RSS
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。