新・恋のはじまり日記
お気に入りの女性タレントランキング(09/05/20付)1位:大江麻理子(→)、2位:安めぐみ(→)、3位:長尾麻由(初)、4位:安田美沙子(↑)、5位:大橋美歩(↓)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

一日中寒い所に居ると、寝る前になって変な所が痛くなる。

雪降りましたね。
超寒すぎて、家の中でもスキーの宿に居るような感じがします。
寒くなって耳が熱持つと、凄く気になります。あれ、治す方法ないんですかね。
ここ数日間の思考内容、及び近況報告です。




・その1
大相撲初場所。
14日目にして朝青龍優勝。
今場所の朝青龍は集中力と技のタイミングは勿論、後半の体が凄かったです。
筋肉の張りがパッツパツで、流石だなぁと思いました。
しかし、千秋楽の横綱対決では白鵬が圧倒。
結局、白鵬は気持ちの問題だったようですね。難しいですね。
優勝争いが千秋楽までもつれてたら、さらに凄い相撲だったろうにな。
把瑠斗はいよいよ大関に向けてですね。楽しみです。
魁皇もあんなボロボロなのに強い時は強い。信じられないくらい強い。
相撲、面白いですね。




・その2
その後の朝青龍の暴行問題ですが、
まあ決着するところまでいかないと何とも言えないです。
こんな話、事実なんて分からないですから。
決着をどこに持っていくかの話ですから。
不謹慎な考え方ですけど、本当に暴行事件があったとして、
場所中にそんな問題抱えておきながら勝ち続けて優勝した朝青龍って、
やっぱすげぇなぁって思っちゃいました。


理事選に関しては、これまた何ともかんとも。
とりあえず、貴乃花親方には頑張ってもらいたいです。
何がどうあろうと、土俵上の相撲が面白くなってくれればそれでいいんです。




・その3
「東京スカパラダイスオーケストラ/流星のバラード」買いました。聴きました。
民生の歌声とスカパラは最高に合いますね。
大人の男の色気が濃い曲だと思いました。聴けば聴くほど沁みてくる感じです。
ジャケットがまずカッコいいです。
こういうカッコいいジャケット見ると、やっぱりCDを買わないとなって思います。
3月に出るアルバムも楽しみです。
CD購入者特典の、ライブ先行予約も応募しました。
国技館のライブ、行きたいなぁ。




・その4
kamipro、ゴン格での、大晦日青木問題についての記事が面白いです。
選手や関係者、ファンがそれぞれの視点で、
「腕を折る必要はあったのか」「あの挑発はどうだったのか」
を論じているのが興味深いです。
一番面白いのは廣田のインタビューで、
負けた張本人は全くショックを受けてなくて、平然と語っているのが凄いです。
青木も凄かったけど、廣田も普通じゃない。
ケガを治して復活して欲しいです。
結局、試合の後の展開がごちゃごちゃしてて面倒な感じです。
戦極側の意見も何だかなって感じです。
抗議するのは当然だけど、互いのイベントを盛り上げる為にも、
更なる対抗戦に繋げていってくれればいいんですけどね。
やりようによっては面白くなるのに、面白くなくしてるのが勿体ないです。




以上です。
【2010/02/03 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

空手をやってる女子高生にすごく惹かれる。

ツイッター面白いです。
この面白さって要するに、「ハガキ投稿」とか「ポアロBBS」とか
「リューダイン」とか「さびチャット」とかの面白さに似ているな、と思いました。
僕は小浜さんのツイッターが大好きなので、皆さんも読まれるといいです。
ジェロさんのも超面白いです。こりゃサイコです。
ここ数日間の思考内容、及び近況報告です。




・その1
ポアロマンスリーがありました。
旅行の映像を見ながらの思い出話でした。
今年の旅行は地味だったと言っていましたが、吹雪のシーンは凄かったですね。
あんなド迫力、映画の特殊効果とか使ってもなかなか作れない映像だと思います。
無人カメラが捕らえた、管理人のオバちゃんたちの行動が面白過ぎました。
あと、「これって恋かな?-1グランプリ」を行いました。
盛り上がったっぽいのでよかったです。
全体的に旅行の延長戦みたいなライブでした。


実は、ライブ前に「大喜利修学旅行2007」の前枠・後枠の撮影を行ってきました。
面白いものが撮れたと思います。
DVD発売をお楽しみにー。




・その2
大喜利大会がありました。
詳しくは、POARO大喜利Blogをご覧下さい。
「架空の世界の日常」という、いかにも僕らしい解答でMVPを取りました。
それが評価されるってのは嬉しいですけど、
これに甘えてたら進歩しないだろうなぁとも思います。
新しい方向性なり、今の趣向の変化形なりを探っていきたいなぁと思っています。
ほぼ100%で自分の趣向が伝わる場というのは大切ですけど、
もっと広く、大勢の人にも伝わるやり方も見つけていきたいです。
例の『すごいこと』に向けての事も思うと、いろいろとやっていきたいです。




・その3
「板尾創路の脱獄王」を見てきました。
初日に見てきました。
とても面白い映画でした。是非、見た方がいいと思います。
「脱獄」という題材から漂う緊張感が常にあって、見ていて飽きなかったです。
タイトルアップがまず面白いです。
そして、中盤のとあるシーンが物凄いです。笑いました。
ラストもいい終わり方です。
板尾さん本人が雑誌のインタビューで、「粋な感じ」と述べていて、
落語のオチのような、含み笑いを残す味わい深いラストだと思います。
パンフレットを読んだら、企画から撮影まで物凄く短い期間で、
撮影は3週間で撮ったんだそうです。凄い。
緊張感、鬼気迫る雰囲気は、その辺も関係あるんだろうなと思いました。
興味ある方は、是非、見た方がいいと思います。
これは映画館で見るべき映画です。




・その4
「ブラタモリ」
品川、本郷と、「モヤさま」と同じ街を歩いていて、両者の対比が面白いです。
何らかの形でコラボしてくれないかな。
北品川の井戸オヤジがチラっと映ってたりしてました。
今週は浅草でした。モロ地元です。
伝法院の住職がいい味出してました。




・その5
最近借りて聴いたCD。
「NICO Touches the Walls/オーロラ」
「大橋トリオ/I Got Rhythm?」
「黒猫チェルシー/All de Fashion」
「toe./For Long Tomorrow」
「THE BAWDIES/YESTERDAY AND TODAY」
「THEE MICHELLE GUN ELEPHANT/SABRINA HEAVEN」
「THEE MICHELLE GUN ELEPHANT/SABLINA NO HEAVEN」
「くるり鶏びゅ~と」


黒猫チェルシー、よかったです。
大橋トリオ、いいです。
「くるり鶏びゅ~と」、andymori、MASS OF THE FERMENTING DREGS、
9mm Parabellum Bulletがよかったです。
民生の「ばらの花」が最高でした。




・その6
大相撲初場所。
白鵬がまさかの大崩れ。わかりませんねー。こういうもんなんですよねー。
ちょっと周りが誉め過ぎちゃったんじゃないですかね。
朝青龍は集中力が凄いです。さすがです。
千秋楽、横綱相星決戦見たかったのに、またも見れらず。
把瑠都がいいですね。
白鵬、日馬富士、琴欧洲と、パワーだけでなく、
いろいろ考えて技を繰り出してきてるところに進化を感じます。
稀勢の里もったいなかったなぁ。


元・千代大海、佐ノ山親方が早くも解説に来てました。
今後もバンバン出てきて欲しいです。
佐ノ山親方、音羽山親方、さらに長身の刈屋アナが居て、実況席がきゅうきゅうでした。




・その7
雑誌「ケロケロA」が26日に発売です!
「大喜利の達人」のコーナー、よろしくお願いします!!
投稿される方は、なるべく早くに投函して頂けると諸々ありがたいのです!!
お願いします!お願いします!!お願いします!!!




以上です。
【2010/01/22 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

AVの撮影中にやたらと外からサイレンの音が聞こえる。

日々、ささくれと戦っています。
彫刻刀の三角刀みたいな形の、甘皮カッターというやつを使って、
ささくれを見つけては削ってます。
但し、ささくれが気になるのは出先の時が多いので、
甘皮カッターを常備すべきか悩んでます。
ここ数日間の思考内容、及び近況報告です。




・その1
「大喜利夜会」がありました。
久々の夜会でした。お越し頂いた皆様、ありがとうございました。
「お題考えナイト!」という企画を行いました。
なかなか興味深い内容だったと思います。詳しくは「POARO大喜利Blog」をどうぞ。
恐らく、「大喜利のお題を考える」という部分を掘り下げたイベントは、
未だ存在しなかったと思うので、いずれまたやってみたいと思います。
僕は常々、大喜利の力量を上げるには、いいお題を考える事が必須だと思っています。
どういうお題が大喜利に向いているのか、自分のやりたい大喜利はどういうお題なのか。
お題の方から考える事で、大喜利の面白さが広がると思います。
今回だけでもいいお題がたくさん生まれたので、どこかで使っていこうと思います。
今後もいいお題を考えナイト!




・その2
大喜利に関して、物凄い情報が入ってきてるんですが、まだ何も言えません。
とにかく、すげー事です。すんげー事が起きようとしてます。
情報解禁になるまで、どうかお待ち下さい。
とんでもねー事になるように、頑張っていきます。




・その3
夜会終わりに居酒屋に行きまして、
そこで生まれた「調味料ベスト9」等の話が下らなさ過ぎました。
妹尾さんがmixiでupしてますが、本当に下らないです。
2010年、これより下らない話はないと思います。
「OSC東京」を思い出す度に力が抜けます。




・その4
「Dynamite!!」全部見ました。煽りVはYou Tubeで見ました。
青木の関節がエグかったです。関節技って言うか、羽交い絞めという感じ。
完全に腕折れて、「バチッ!」って音が響いて衝撃的でした。
折れてしまったのは、レフリーなりセコンドなりの責任だと思います。
試合後の挑発行為が問題になってるみたいですが、
個人的には試合内容で既に感覚がぶっ飛んでたので、あまり気にならなかったです。
大晦日に家族揃ってTV見てて、あんな事されたらそりゃドンビキかもしれませんけど。
折角の大舞台で格闘技のイメージを悪くしたのは勿体ないですけど、
青木自身の感情を察するに、ああなっちゃうのは仕方なかったのかなぁと思います。
試合内容、試合後の言動含めて、格闘技のエグさが際立った試合でした。


小見川が超強かったです。どんどん強い選手と闘って欲しいです。
郷野の入場、試合展開が完璧でした。ああいう試合をちゃんとフルで流して欲しいです。
金原vsKIDは、KIDが弱っているのか、金原が絶好調なのか。
三崎の試合は勿体無かったです。あれは止めるの早過ぎです。
アリスターのヒザがエグかったです。アリスターはもうヒョードルしかいないでしょう。
川尻vs横田もYou Tubeで見ました。地味だったけど川尻が完封でした。
DREAMvs戦極の対抗戦は、結局熱が上がり切れずに終わっちゃった感があります。
会見はピリピリしてて面白かったけど、そこを伝えきれてなかったのが勿体無いです。
TBSは対抗戦自体を盛り上げる気がなかったみたいだし、放送の枠も超短かったし、
潰し合うだけ潰し合っただけで、あまり新しいストーリーが生まれてない気がしました。
煽りVも、もっとドロドロした感じのを期待してました。
ライト級、フェザー級は、各団体でハッキリ勝敗が出ちゃったので、
負けた方が乗り込んでいったりしない限り、これ以上の盛り上がりは難しいと思います。


吉田vs石井は、まぁあんな感じになっちゃうでしょうね。
やってる種目は総合格闘技だけど、柔道見ているような感覚でした。
吉田vs石井の煽りVはちょっとヤバいので、是非見つけて見て下さい。
魔裟斗は最後まで強くて完璧だったけど、
「こんなに強いのに引退!?」みたいな印象は受けませんでした。
TBSの放送では、結局ずーっと魔裟斗ばっかりでしたね。
なんなんすかね。プッププー。




・その5
大相撲初場所。
魁皇 対 千代大海。
勝った魁皇が幕内最多勝利数歴代1位に。そして、負けた千代大海は引退。
何だか出来過ぎな感じもしましたが、おめでとうございます。お疲れ様でした。
千代大海、本当に体小っちゃくなってたもんなぁ。力全然感じなかったもんなぁ。
引き際は全く美しくないし、大関という地位にしがみつき続けた末の、
泥まみれの引退ですけど、これはこれでよかったんだと思います。
勝負の世界は美しいばかりじゃない。
5日目にして朝青龍が負けて、また今場所も白鵬が引っ張ってっちゃうっぽいですね。
稀勢の里頑張れ! 琴光喜どうした!




・その6
古い話ですが、年末のTVの感想です。
「IPPONグランプリ」
どういう内容なのか分からなかったので、
あまり期待せずに見ましたが、面白かったです。
「全員が満点を出した解答のみポイントとなる」というルールが凄く好きです。
僕が「大喜利茶会王決定戦」でやりたい事と同じで、
コンスタントな爆笑の数よりも、一発の大爆笑が評価されるという部分が良かったです。
いろんなところで言われているんでしょうけど、
「ダイナマイト関西」と比較してみると、若干TV向けな内容なんだと思います。
ヒリヒリした真剣勝負の雰囲気では「IPPONグランプリ」は劣りますね。
ケンコバさんがイマイチだったのも、その辺の空気感の違いじゃないかと思いました。
「1問15分」という長めの時間設定、
「出場者自身が判定する」というジャッジ方式を含め、
結構、POARO大喜利に近い部分があるなぁと思いました。


バカリズム優勝は文句無しでした。圧勝でした。
升野さん、今後ダイナマイト関西にも出て欲しいです。
松本さんは解説者という位置で進行には全く関与しないのも良かったです。
解説が為になる内容で、言い方とか、出す順番とか、
大喜利上手くなりたい人は絶対聞いた方がいいと思いました。
視聴者投稿は別に紹介しなくてもいいなぁと思いました。
年長者枠の紹介とか、お笑い共通一次っぽい雰囲気でした。
あとは、久々に見るMEGUMIがやっぱり鬱陶しかったのと、
茂木健一郎は胡散臭さが尋常じゃなくて、
もうバラエティに出るべきじゃないと思いました。
それはそうと、今後も楽しみです。
ダイナマイト関西も今年はイベント連発してくらしいので、ワクワクします。




・その7
「モヤモヤさまぁ~ず2SP」花小金井。
モヤさまのSPは毎回奇跡的に面白いですけど、今回は最高だったと思います。
1つ1つのパンチが強烈で、それでいていい感じに力が抜けているので、
見ていて温かい気分になりました。
まさかの泊まりからの伊藤Pの両親への行は、年末らしい団らん風景に見えました。
年賀状プレゼントは応募したけど当たりませんでした。ステ~ン!




・その8
「検索ちゃんネタ祭り」
友近さんのネタが狂ってるとしか言いようがなかったです。狂気です。
バナナマンが単独ライブでやったという、シャボン玉のネタをやってて、
何でよりによってこのネタをテレビでやるんだろうと思いました。
すげえネタでした。




・その9
「アメトーークSP」
有吉さんがノンスタ、フルーツポンチをエグるエグる。最高でした。
ゴールデンプロレスが凄く良かったです。
これだけ面白いんだから、プロレス業界も盛り上がるといいですね。
神無月さんの武藤は本当に面白いです。
ユリオカさんの藤波も面白いです。
バッファロー吾郎が生き生きしてて嬉しかったです。
レギュラー放送での、入場シーン完全版が良かったです。
町工場も面白かったです。これぞアメトーークでした。
今回のSPはハズレなかったです。



以上です。
【2010/01/15 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

爪を切っておけば痒くて掻いても痛くない。

旅行から帰ってきてからというもの、ホットカーペットに負けっぱなしです。
旅行の翌日は1日の大半をホットカーペットの上で過ごしていたし、
その後も3日連続でホットカーペットの上で眠ってしまいました。
今年に入ってから、まだ自分のベッドの上で寝てません。
ホットカーペット最強です。ぼっこぼこにやられてます。
あけましておめでとうございます。
ここ数日間の思考内容、及び近況報告です。




・その1
まずは遅くなりましたが、12月26日に大喜利茶会がありました。
今回も「大喜利茶会王決定戦」を行いました。
詳しい内容は「POARO大喜利Blog」をご覧下さい。
相変わらず自分で考えておきながら、いいシステムだなと思いました。
お客さんがどんどん勝ち進んでもらえれば、もっと盛り上がっていけると思います。
みんな!ファイト!
個人的には、1回茶会王になれたので良かったです。
『ゼクシィを階に行く』という解答は、
すげえいいとこを突けたなぁ、と自画自賛したいです。
防衛するにはどんなお題でも面白い解答を出し続けなければいけないので、
感覚を研ぎ澄ましていけるようになりたいです。
今回、ベルトに装飾を加えて豪華にしてみました。
それでも掛かった金額は合計1500円くらいです。
それでいいんです。それがいいんです。




・その2
12月28日。
「あと何分あるの?」鍋放送でした。
チョップソンが最終回でした。いつか本になるといいですね。
放送終了後、伊福部宅でずーっと過ごさせてもらいました。
計5回チャーハンを作りました。
伊福部宅のコンロとフライパンは、意外と使い勝手がいいのです。




・その3
明けて12月29日。
そのままコミケへ行きました。
きゅうりさん
の所で売り子をしました。
大喜利関連の物を売りました。
全く寝ていなかったので、ぼんやりぼんやりでした。
正直、何も印象に残ってないです。気付けば終わってました。
お越し頂いた皆様、ありがとうございました。
幾人かに握手を求められました。「ファンです」とか言われました。
これまでにも何度かそういうのあるけど、不思議な体験です。
DVDの中に出ている=タレント的な存在、という事なのでしょうね。ふしぎー。
「頑張って下さい!」と言われたので、頑張っていこうと思いまーす。
打ち上げで月島のもんじゃ食べました。美味しかったです。




・その4
12月31日。
BBStationにて、年越し放送がありました。
感慨深さゼロの年越しでした。
妹尾さんに掌底をかましてやりました。
妹尾さん、ごめんなさい。ごめんなさい。
拳と違って殴る方は痛くないので、掌底って優れた技だなと思いました。




・その5
1月1日~3日。
そして旅行へ。大喜利修学旅行2010。
那須塩原に行きました。大雪でした。寒かったです。
でもまぁ、今年の旅行は特に何も起こりませんでした。
面白いエピソードはいろいろありますけど、
そのほとんどが旅先である必要がないものばかり。
誰かが無茶したりだとか、無茶させたりだとか、揉めたり揉んだりとか、
そういう主立った出来事は特にありません。
さんざんメシ食って、温泉入って、雪すごいねーって言ってただけです。
至って普通の旅行でした。
年々、普通の旅行になりつつありましたが、今年はかなりの所まで行き着きました。
多分、全員が年を取って、
積極的に何かを動かそうとする体力がなくなってきてるんだと思います。
大雪だから誰かを外に出そう!みたいな勢いはありませんでした。
そうまでしなくても楽しめると思ってる。
楽して楽しめるなら、楽な方がいいと思ってるんです。
別に、それでいいんだと思います。


個人的には、ジェロさんが面白かったです。
要所要所で活躍してましたし、大喜利でもかなり面白かったです。
今年はジェロさんがくると思います。
初参加の薬局の三男坊さんも、いい感じで活躍してました。
長い時間過ごしてみて感じたのは、いい人だなぁという印象です。
ポアロ周りでは珍しい、根っからの好青年でした。


大喜利に関しては、何と僕は0ポイントでした。ステーン!
一応、MVPでは票をもらったのですが、それが評価されたところで、
自分の成長には一切繋がらないような解答だったので、
MVP獲らなくて良かったです。
解答自体は自分でも大好きですけど、
大喜利としては何も生み出せてないような解答です。
もっと頑張ります。




・その6
旅行中に作った料理一覧。
・鶏鍋(塩ベースに鶏肉、鶏団子)
・味噌豆乳鍋(ワンタン二種)
・カレーライス
・ハヤシライス
・チャーハン(チャーシュー)
・チャーハン(しらす)
・チャーハン(バターベーコン)
・富士宮焼きそば
・焼きうどん
・カルボナーラ風焼きうどん


カレーとハヤシは相当美味しかったと思います。
玉ネギを6コ炒めてやりました。コンニャロメ。
3日目の朝、カレーとうどんが残っていたので、
釜玉うどんカレー乗せを作れば良かったです。後悔です。
鷲崎さんのスジコン、からてさんのおしるこ、
薬局さんの喜多方ラーメンも美味しかったです。


何だか、今回は例年にも増して、みんなに「美味しい」って言われました。
みんなに言われて気付いたんですけど、
僕は料理を誉められるのが苦手と言うか、恥ずかしくなっちゃうんです。
「みんなから美味しいって言われるもの作ろう!」って
気合い入れて作ってるわけじゃなく、普通に自分が好きなもの作ってるだけなんで、
スゲー喜ばれると照れちゃうんです。そんなに言うなよー、もー。
モテようとしないでもモテる人って、こういう感じなんだろうなと思いました。
参っちゃうなぁ、エヘエヘ。なんてな感じでした。
めんどくせえヤツですね。




・その7
年末にいろいろとショキングなニュースがありました。
フジファブリックの志村さん急逝。
唐突過ぎて、未だに真実味がありません。
新しい楽曲が聴けないという意味では、悔しいです。
村田渚さんが亡くなった時に近い感覚がありました。
ご冥福をお祈りします。
まだ見てない、両国国技館のライブDVDがあるので、近い内に見ます。


さくらんぼブービー解散。
もっと評価されていいコンビだったのになぁ。残念です。
ハローバイバイ解散。
まぁ、仕方ないかなぁという感じです。金成さんに頑張ってもらいたいです。
メンセンジャー黒田さん逮捕に関しては、何とも言えないです。
ボッタクリの店の存在が怖いです。そういう店は消えてなくなればいい。




・その8
そんなこんなありまして、わたわたと過ごしていたので、
年末感も年始感も何も感じないまま今に至っています。
TVの特番もほとんど見てません。
Dynamite!!は見ました。ガキは録画もしてません。
そういや、M-1の感想もまだ書いてませんでした。
敗者復活戦のレポートはちゃんと残したいです。
ポイズン面白かったなー。
気が向いたら、諸々書いていこうかと思います。




・その9
告知です。


【第15回大喜利夜会】
出演:伊福部崇・八木たかお
ゲスト:お手てつないで・哲ひと・イギリス超特急 他
日時:1月8日(金)
場所:あさがやドラム
開場:18:30
開演:19:00
チケット:2000円+ワンドリンク


※客席からも大喜利参加者を募る予定です。
 参加を希望される方は、ホワイトボード一式
 (ホワイトボード、マーカー、クリーナー)をご持参下さい。
 よろしくお願い致します。


何をやるかはまだ決めてませーん。
ぼんやりとは考えているので、何かしら用意しまーす。
多分面白いと思うので、是非ともお越し下さーい。




以上です。
【2010/01/06 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

リップクリームを久々に塗ると、その潤い力に驚かされる。

風邪が完全に治りました。
完治する前に、えげつない痰が大量に出ました。
えげつない痰の正体は、体内で菌と戦ってくれた白血球の皆様です。
ありがとうありがとう。また風邪引いたらよろしくね!
ここ数日間の思考内容、及び近況報告です。




・その1
「M-1グランプリ2009」決勝直前!
勝手な予想を勝手に書きまーす。
決勝のネタ順と、期待値、優勝確率、個人的な見所を書いていきまーす。


1.ナイツ (結成9年目・決勝進出'08)
 期待値・・・・・★★★★☆
 優勝確率・・・★★★★☆
漫才のスタイルは完全に浸透しているので、
安定感はズバ抜けてるけど、その分ハードルが高くなっていると思います。
期待を超える完成度の高さを見たいですね。
トップだけど、あまり不利ではない気がします。
むしろ、初っ端からぶっ飛ばしてもらえると、
今年はとんでもないハイレベルになると思います。


2.南海キャンディーズ (結成6年目・決勝進出'04、'05)
 期待値・・・・・★★★☆☆
 優勝確率・・・★★★☆☆
準決勝で物凄いウケていたらしいです。
南キャンの漫才って、今は期待が薄いんで、逆に爆発するチャンスだと思います。
山里さんのツッコミが外さなければ、えらい事になると思います。
ナイツと南キャンの順位・点差によって、
この後の流れが決まるんじゃないでしょうか。
正統派とインパクト、基準として最適な2組だと思います。


3.東京ダイナマイト (結成9年目・決勝進出'04)
期待値・・・・・★★★★☆
優勝確率・・・★★☆☆☆
5年振りの決勝進出。ようやく戻ってきてくれました。
M-1で決勝に返り咲く難しさの象徴みたいな感じです。
今年吉本に移籍して、舞台に立ちまくっていたらしいので、
客前での熱量・圧力は一番高いと思います。
変にカラ回りしなければいいですけど。刀とか封印してるらしいですけど。
衣装に期待したいです。決勝用にド派手なヤツ着てきて欲しいです。


4.ハリセンボン (結成6年目・決勝進出'07)
期待値・・・・・★★☆☆☆
優勝確率・・・★★★☆☆
正直に言ってしまうと、あんまり期待していないです。
07年の時も、二人のキャラクターが立ちすぎていて、
ガチの漫才ってよりも、タレント同士の漫才みたいな印象でした。
そういった悪い印象を吹き飛ばしてくれるといいですけどね。
春菜さんのツッコミがウケるのは分かっているので、
はるかさんのボケの破壊力に期待したいです。


5.笑い飯 (結成10年目・決勝進出'02~'08)
期待値・・・・・★★★★★
優勝確率・・・★★★★★
8年連続決勝進出。無冠。ラストイヤー。
今まで何度も出順に泣かされてきた笑い飯ですが、今年は5番目。
これはもう言い訳のしようがないです。最高の舞台です。
今年一年、M-1用に仕上げてきてると思うので、期待するしかないです。
「今年こそは」って言い続けて、今年で終わっちゃうんですよね。
一つの時代の終わりを感じます。M-1の第1章が完結します。優勝して欲しい。


6.ハライチ (結成5年目・決勝進出初)
期待値・・・・・★★★★☆
優勝確率・・・★★★☆☆
今大会最年少。M-1新世代がいよいよ現れます。楽しみです。
今年の8組の中では一番の要注意コンビでしょう。
間違いなくウケると思います。笑い飯の後でも、引けを取らないと思います。
ただ、審査員泣かせでしょうね。
ハライチがどう評価されるかが、今年のM-1の最重要ポイントだと思います。
そして、今後のお笑い界の運命すら決まるんじゃないかと思ってます。


7.モンスターエンジン (結成3年目・決勝進出'08)
期待値・・・・・★★★☆☆
優勝確率・・・★★☆☆☆
2年連続の決勝進出。
キング・オブ・コントも含めれば、3大会連続の決勝進出。凄いですね。
ただ、笑い飯、ハライチの後となると、
若干インパクト負けする恐れを懸念してしまいます。
秘めてるものは物凄いものがあると思うので、今度に繋げていって欲しいです。
西森さんに暴れて欲しいです。


8.パンクブーブー (結成9年目・決勝進出初)
期待値・・・・・★★★☆☆
優勝確率・・・★★★★☆
「ようやくパンクブーブーが決勝に来たか」というような、
M-1ファンにとっての悲願みたいな感じですね。
スタイルは王道中の王道なので、ラストに出てくると強いと思います。
これまでの流れを根こそぎ持っていく可能性があります。
王道のパワーを見せつけて欲しいです。男臭さ出して欲しいです。
何よりトチんないで欲しいです。


9.敗者復活組
期待値・・・・・★★★★★
優勝確率・・・★★★★☆
今年の敗者復活戦は地上波でも放送されます。
注目度が増しているという事ですが、実際今年は特にアツいです。
前回チャンピオンのノンスタから、
磁石、ハマカーン、千鳥、ダイアン、U字工事、タイムマシーン3号、などなど、
実力者がひしめき合ってます。
恐らく、サンドウィッチマン、オードリーみたいな、
強烈なインパクトを与えるコンビは出てこないと思います。
純粋にその日のネタが一番面白かったコンビが上がってくると思うので、
普通に決勝8組に並べる強さはあると思います。脅威になるはずです。
まぁ、上がってくるのは磁石だと思うんですけどね。
磁石が上がってきたら、多分泣きます。
千鳥、ハマカーンも、準決勝では相当ウケてたらしいです。
ダイアンも上がってきて欲しいですし、ノンスタ上がってきたらドラマチックですけどね。




以上の考察があった上で、勝手に予想順位を付けちゃいまーす。
1位:笑い飯
2位:ナイツ
3位:敗者復活
4位:パンクブーブー
5位:ハライチ
6位:東京ダイナマイト
7位:南海キャンディーズ
8位:モンスターエンジン
9位:ハリセンボン



今年も敗者復活戦、見に行ってきます。
楽しみでーす。
ツイッター始めたんで、やる気があったら随時報告していきまーす。




・その2
ちょっと前ですけど、「ハガキ職人ナイト!8」を見てきました。
今回は出演者としてではなく、客席からボーっと見てただけです。
ボーッと見ながら思った事を書きます。


以前から、舞台に上がっている時には、
「東京カルチャーカルチャー」という会場に対して独特の雰囲気を感じていまして、
実際に客席に入る事で、その特性を体感しました。
あの横長の会場というのは、お客さんの熱が一つにまとまりにくいんです。
盛り上がるけれども、各所で盛り上がる感じで、一体化する“うねり”には繋がりにくい。
だから、「ハガキ職人ナイト」みたいな大喜利形式のライブだと、
ドカーン!てウケる事はなかなかないんです。
また、知り合い同士で近くの席にまとまるから、というのもあるのでしょうが、
今回は、客席の左半分と右半分で、リアクションの違いを感じました。
左半分はライトな反応というか、面白い単語やインパクトの強さに笑いが起きていた。
右半分はディープな反応というか、マニアックな単語や考えオチに笑いが起きていた。
ハッキリと客層が違う、とは言い切れませんが、面白い現象だなと思いました。
これは横長な会場特有の現象だろうなと思いました。


コーナーに関しては、今回は割と大喜利的要素が強かった気がします。
長文コーナーが無かったからかもしれません。
どれもテンポが良く進んでいて、やっぱハガキ職人すげーなーって思いました。
サブラの投稿コーナーは雑誌投稿の醍醐味である、「文字」の面白さが出ていました。
前回の田村Rさんプレゼンの「僕のお顔をお食べ」のコーナーは、まさに大喜利でした。
見ていて、やりたいなぁと思いました。
VTRコーナー見ていて、一般投稿すれば良かったなぁって思いました。


自由奔放な田村Rさんが真ん中に居て、
しっかりしたネタの岡田あずまさんと哲ひとくんが両脇で挟むっていう席順が、
いい並びだなぁと思いました。
web予選からの出場の、荒俣宏初単独さん、ナンセンスさんも良かったですね。
要所要所での鋭いネタというか、若さを感じました。
個人的には、今回のMVPはゆでこぼしさんだと思いました。
傍若無人というか、投げっぱなしなネタの破壊力が強かったです。


客席から見てみても、やっぱりいいイベントだなと思いました。
舞台上の客席の温度差がほとんど無いってのが素晴らしいですね。
舞台上の人間がいいネタを出して輝くほどに、客席も感嘆して盛り上がるという。
全員が、「投稿好き」っていうツールで繋がっているからでしょうね。
次回も楽しみです。次回は出演したいです。
大雨でしたが、終演の頃には止んでいました。
ハガキ職人ナイトは雨が多いけど、終わる頃にはたいてい止んでます。
不思議です。




・その3
「ふせん大喜利」というイベントを見てきました。
お客さん参加型の大喜利イベントで、
出されたお題に対して、ふせん(ポストイット)に答えを書いて提出し、
面白ければ舞台上で紹介される、という形式のものです。
前から興味はあったので、妹尾、小浜、薬局という、
大喜利でしか繋がりのないメンバーで行ってきました。
客席には他に、ハガキ職人ナイトの本多さん、田村Rさん、ナンセンスさん、
なんかもいて、その辺がいっぱい採用されてました。
後半のお題が楽しかったので、僕も幾つか採用されました。
各お題の最優秀解答者には賞品が送られて、妹尾さんが2つ貰ってました。
ヤッタネ!


「ふせん大喜利」というイベントの感想としては、
大喜利と投稿の中間みたいな感覚でした。
限りなくリアルタイムに近い、大喜利に近い投稿だけど、
審査を通過しなければならないので、ラジオのFAX投稿みたいな感覚でした。
参加してて、もっと量産できるかなと思っていたのですが、
ライブを見ながらなので、完全に考える事だけに集中できないので、
その辺もラジオのFAX投稿みたいでしたね。


1つだけ気になったのは、配られたペンがボールペンだった事です。
採用された解答はプロジェクターに映されるのですが、
ボールペンの文字だと細くて見づらかったです。
だから、僕は自分で持ってたサインペンを使ってました。
大喜利に置いて、「文字の太さ」は重要なので、
できればサインペンを配ってもらえると、見やすいし笑いの量も増える気がします。


最近、いろいろと他の大喜利イベントを見に行って思ったんですが、
「大喜利茶会・夜会」ってのは、本当に大喜利しかしないイベントですね。
大抵のイベントは、構成を考えていろんな企画を用意するもんですけど、
茶会・夜会は本当に大喜利しかしない。
自分たちが思ってる以上にストイックなんだな、と気付かされました。
自分が他のイベントに参加する事で、
「大喜利茶会」の中での交流に繋げていければいいな、と思っています。
なので、「大喜利茶会」にも新しいお客さんが来て頂けると嬉しいです。




・その4
告知です。


【第8回大喜利茶会】
日時:12月26日(土)
出演:伊福部崇・八木たかお
ゲスト:お手てつないで・哲ひと 他
会場:あさがやドラム
開場:12:00
開演:12:30
チケット:2000円+ワンドリンク


過去の内容は、
POARO大喜利blog」をご覧下さい。
今回も「大喜利茶会王争奪戦」を行います。
客席からも大喜利参加者を募ります。
参加希望される方は、
ホワイトボード一式(ホワイトボード、マーカー、クリーナー)を持参して下さい。
よろしくお願い致します!!




以上です。
【2009/12/18 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

それが優しさなのか知らねえけど、彼女のハンドバッグを持ってやってるカップルの男は気色が悪い。

ずっと前から思っているんですけど、
玉木宏って変な顔ですよね。気持ち悪いですよね。
ビタミンウォーターの「速水いまいち」みたいなもんで、
本来の正解の玉木宏が居る気がします。
ここ最近の思考内容、及び近況報告です。




・その1
風邪を引きました。
毎日鼻うがいしてるし、寝る時は暖かくしてるのに、風邪引く時は引きますね。
ちょっと咳が出たかと思ったら、寒気がしてすぐに高熱が出ました。
39℃超えました。薬飲んでいっぱい寝てたら、2日くらいで下がりました。
でも微熱が続いています。鼻とノドは今のところ無事です。
高熱が出て、咳が長引いて治らないってのが、今年の風邪の特徴らしいです。
何とか長引かせないように完治させたいです。
ニンニクとかショウガとかバナナとか鍋とかカレーとか、
栄養価の高いものや体温めるものをいっぱい食べてます。




・その2
M-1ファイナトストが発表されました。
自分の予想は3組しか当たりませんでした。どへー。
でも、なかなか面白い8組だと思います。
出番順を見ても、今年こそは笑い飯が取ってくれると思うんですけどね。
ハライチがまさか残ってくるとは。エライ事になってきました。
ノンスタ落ちたのはビックリしました。エグいです。
今年のノンスタは、今まで通りの正統派スタイルだったそうです。
去年はM-1で優勝する為に作り上げたスタイルで見事優勝して、
ならば今年は本来の自分たちのスタイルで勝負して落ちるって、酷過ぎます。
じゃあ去年の優勝って何だったんだろうって考えちゃいます。
今後のM-1は、完全実力主義に徹するっていう意味合いなのだとしたら、
ノンスタは良くも悪くもその象徴になっていくんでしょうね。
もしも敗者復活で上がってきたらそれはそれで劇的ですけど、
磁石が上がってきてくれる事を願っています。


ファイナリストの勝手な細かい分析や優勝予想とかは、また後日やります。
準決勝レポートとしては、コチラのブログが非常に丁寧にまとめてあるので、
ご覧になられるといいかと思います。
偏った気持ち悪い意見とか、センスの欠片もないゲロみたいな意見に関しては、
クソバカ以外の何物でもないんで、
「コイツ、クソバカだな~、ブヘー。」って思うだけですぐに見るのやめにしてます。
M-1、早くも来週ですね。楽しみです。
事前番組チェックしていきます。




・その3
風邪でぐだぐだしてる間に、録り溜めてた「内村さまぁ~ず」を見まくってました。
東MAXランド、カニ食べ尽くしツアー、出川トークが好きでした。
地味めな企画が結構好きです。
公園遊具でのブランコを使ってのパンチラ撮りが、くだらなさすぎです。




・その4
「やりすぎコージー」動物バカ3。
ムツゴロウさんのクレイジーぶりが最高でした。
動物ネタブームが来ている今、
ムツゴロウ王国を復活させてもいいんじゃないでしょうか。
「動物に噛まれてみたい」とか、「病気になってみたい」とか、
やっぱりホンモノの探求者は、その辺の好奇心が違いますね。
柴田さんが紹介するアドベンチャーワールドが楽しかったです。
赤ちゃんシロクマ&ペンギンが超可愛かったです。
アドベンチャーワールド、その内行ってみたいです。


今田さんと野性爆弾のロケの、オチがスゲかったです。
あれ、ここ最近のパターンなんですね。ヤバいですね。
「やりすぎ」での野性爆弾の使い方に関して、腹を決めた感がありますね。
ゲームコーナーもやりたい放題。
久々に「やりすぎ」をちゃんと見ましたが、いよいよですね。ようやくですね。
ずっと前からこういうのが見たかったんです。




・その5
「ガキの使い」
板尾さん、藤岡弘、久々のトークと、ここ3週のガキは凄いです。
藤岡弘、は是非ともシリーズ化していって欲しいです。
トークは1年9ヶ月ぶりだったとか。
ライセンス、ココリコ、山崎邦生の前説までOAされてました。
邦正さんの前説が上手いなぁと思いました。
トークは松本さんの結婚・子供の話のみ。ハガキにもいかずに終了。
今後もトーク再開させていって欲しいです。
トーク番組と言えばやっぱり「ガキ」っていうのを、再認識させて欲しいです。




・その6
最近見たお笑いのDVDです。


○ロッチ『ラスト・ベスト・ロッチ』
ロッチのコント集です。短いコントがいろいろ詰まってます。
キング・オブ・コントでやった「カツ丼」「巨乳かメガネか」も入ってます。
収録されてる「カツ丼」は結構長めのコントで、
キング・オブ・コントの制限時間4分にまとめ上げたのが凄いなぁと思いました。
基本、1つのコントでやりたい事は1つだけしかないけど、
そこまでに持っていく構成力や演技力の高さが、ロッチの魅力なんだと思います。
特典映像の「おはようございます根岸vs十文字アキラ」がくだらなくて楽しいです。


○小林賢太郎『DROP』
小林さんのソロライブ「ポツネン」シリーズの第3弾。
舞台セットや小道具が凄くカッコいいです。洗練されてます。
「コヤヤヤマ」から「サウンドノベル」への流れが見事で、スゲエなぁと思いました。
「干支」が凄く好きです。ああいうのだけでネタ1本に出来るんだなぁ。
「メロス」はフリップ芸でした。ああいうのもいいですね。
まぁ、全体的に面白いし、作り込まれてるし完璧なんですけど、
やっぱり、どこか引っ掛かっちゃうんですよねぇ。
物凄く悪い言い方をすると、“女子供感”を感じてしまいます。
女子供を相手にしてる感。それに対して鼻に付くって思っちゃったらお終いですけど、
“女子供感”抜きのもの作ってくれないかな、と期待してしまいます。


○『ゲームセンターCX7.0』(レンタル版)
「セプテントリオン」の乗客達の動きの悪さに対して、最初はイライラしてたんですけど、
繰り返し見ていくと、彼らに何とも言えない愛嬌のようなものを感じて、
不思議とハマってしまう作品でした。何度も見ちゃいました。
有野さんの悪戦苦闘っぷりに、イライラから応援へと気持ちが変わっていました。
初期ゲームソフトの融通の利かなさと、有野さんのひたむきさ。
やっぱりゲームセンターCXは、奇跡的な融合で成立している番組ですね。




以上です。
【2009/12/11 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) |

M-1グランプリ2009・ファイナリスト予想のコーナー!

明日明後日でM-1の準決勝が行われます。
月曜にファイナリスト発表となるでしょう。
というわけで、恒例!M-1予想です。
全て個人的見解です。信用しないで下さい。
ましてや、去年のM-1以来、お笑いライブも見に行ってないし、
TVのネタ番組もほとんど見ていません。
去年の決勝・敗者復活での印象を元に、勝手に予想します。
まずは、候補となるコンビを幾つかのグループに分けて紹介します。


①歴代チャンピオン
 NON STYLE
当然1組だけなんですけど、
正直、ノンスタが出る事で今年のM-1は難しくなると思います。
悪い言い方をしてしまえば、何があっても絶対にファイナルには残るわけで、
8つしかない枠を1つ潰して欲しくないんです。
もちろん、前年優勝してるのに今年も出るって、並大抵の事じゃないですけど、
なかなか感情移入がしづらいです。
文句無しに面白ければアッパレですけどね。


②前年ファイナリスト
 ナイツ、笑い飯、U字工事、モンスターエンジン、ダイアン、キングコング
去年の決勝を見た時には、
来年もファイナリストはほとんど変わらないんじゃないかなぁ、
という印象を持ちました。
実力はどの組も確たるものがあるので、どれだけ入れ替わるかが見物です。
どこも粘ってくると思うんだけどなぁ。進化が楽しみです。


③歴代ファイナリスト
 POISON GIRL BAND、千鳥、ハリセンボン、
 タイムマシーン3号、東京ダイナマイト、南海キャンディーズ
最近のM-1は、一度ファイナリストから外れると、
返り咲きが難しくなっていると思います。
だから、この中からごっそり上がってくる事はないと思います。
返り咲きはドラマ性があるので、頑張ってもらいたいんですけど。


④ファイナル未経験者
 磁石、パンクブーブー、ハマカーン、流れ星、三拍子、
 とろサーモン、チーモンチョーチュウ、天竺鼠
言わば、準決勝常連組ですね。ここがアツイ。
敗者復活で毎年見ていて、
ファイナル上がってもいいのになぁって思う組がいっぱいです。
個人的な思い入れもありますけど、磁石は今年こそ上がって欲しいです。
パンクブーブーも期待値は毎年高いんだけどなぁ。
ハマカーンが3回戦で超ウケてたという情報も聞いています。
ここからファイナルに上がった人達には、
溜まってたものを吐き出しまくって欲しいです。


⑤新星
 ハライチ、囲碁将棋
去年辺りから頭角を現してきている組。
他にもたくさんいると思うんですけど、とりあえず知ってる限りではこの2組です。
ハライチは去年の敗者復活以降そこそこ注目されているので、
ひょっとするとひょっとするかも。
囲碁将棋は面白いという評判はよく聞いています。
まだ、思いっ切りハネてるとこ見てないんで、楽しみです。


このような観点から考えた上で、
僕が予想する今年のファイナリスト8組はこれだ!
 NON STYLE
 笑い飯
 ナイツ
 モンスターエンジン
 ダイアン
 タイムマシーン3号
 磁石
 ハマカーン



以上です。
どうなりますかね。楽しみです。
マヂカルラブリーが3回戦で落ちたのが残念です。はだか電球も残念です。
今年も敗者復活見に行きます。
漫才大好きー!
【2009/12/04 23:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

PROFILE

お手てつないで
  • Author:お手てつないで
  • 日記です。
    どーでもいい日々のどーでもいい物事をどーでもよく綴ります。
    しかし、パンダは可愛いですよね。
  • RSS
  • 03 | 2017/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。